大坂なおみ 世界60位に逆転負け

ゲッティイメージズ
3回戦で敗れた大坂なおみ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は21日、女子シングルス3回戦が行われ、第13シードの大坂なおみは世界ランク60位のA・アニシモワ(アメリカ)に6-4,3-6,6-7 (5-10)の逆転で敗れ、2年連続4度目のベスト16進出とはならなかった。

>>全豪OP組み合わせ<<

初の顔合わせとなったこの日の第1セット、大坂はダブルフォルトを犯すなどミスを重ねるアニシモワから第1ゲームでブレークに成功。サービスゲームではファーストサービスが入ったときに82パーセントの確率でポイントを獲得するなど、挽回を許さず先行した。

第2セットでも強烈なサービスとストロークを武器に主導権を握りたい大坂だったが、第2ゲームでは鋭いリターンエースを決められるなどで3度のブレークチャンスを与えるもこれをしのぐ。すると迎えた第4ゲームでは、ストロークの打ち合いから絶妙なバックハンドのスライスショットを決められこの試合初のブレークを許す。大坂はこのセットで得た2度のブレークチャンスを決め切ることができずにセットカウント1-1に追いつかれた。

ファイナルセット、互いにブレークチャンスを与えながらもサービスゲームのキープが続くなか終盤に突入。ゲームカウント5-4で迎えた第10ゲーム、大坂が2度のマッチポイントを握るも仕留めきれない。10ポイント制のタイブレークでは1ポイント目でミニブレークを許すと、そこから挽回できずに敗れた。

大坂は2連覇と3度目の全豪オープン制覇を狙っていたが、今年は3回戦で姿を消すこととなった。

アニシモワは4回戦で、第1シードのA・バーティ(オーストラリア)と対戦する。バーティは3回戦で第30シードのC・ジョルジ(イタリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第4シードのB・クレチコバ(チェコ)や第5シードのM・サッカリ(ギリシャ)、第8シードのP・バドサ(スペイン)、第21シードのJ・ペグラ(アメリカ)、第24シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)らが16強へ駒を進めた。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)~30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ジョコ 全豪OP欠場が決定
・大坂なおみ 失格ジョコに言及
・錦織 大坂の会見拒否に言及

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年1月21日19時37分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)