女王バーティ 初戦54分完勝

ゲッティイメージズ
女王アシュレイ・バーティが完勝
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は17日、女子シングルス1回戦が行われ、第1シードのA・バーティ(オーストラリア)が世界ランク119位のL・ツレンコ(ウクライナ)を6-0, 6-1で下し、2回戦へ進出した。

>>大坂 2回戦1ポイント速報<<

>>大坂ら全豪OP女子ドロー<<

バーティは予選勝ち上がりのツレンコに対して試合開始から11ゲーム連取に成功し、第12ゲームで2度のマッチポイントを掴む。ツレンコはここを凌いでダブルベーグルを回避するも、第13ゲームをバーティがキープして試合時間54分で初戦を突破した。

試合後の会見でバーティは、「今夜はしっかりと良いゲームができた。風下でのタフなサービスゲームでも風を効果的に使うことができ、今夜は全体的にとてもよかったと思う」とコメント。

またインタビュアーに「6-0, 5-0でマッチポイントを迎える時に”申し訳ない”と思うか」と問われると、「その時は、次のポイントの繰り返しだと思っている。マッチポイントだからとかスコアがどうであれ、あるポイントに特別な価値を与えてスコアを気にすることはないわ。 私はできる限り、プロセスを重視するように心がけている」と答えた。

勝利したバーティは2回戦で、世界ランク145位のL・ブロンツェッティ(イタリア)と対戦する。

同日に行われ1回戦では、第4シードのB・クレチコバ(チェコ)、第5シードのM・サッカリ(ギリシャ)、第13シードの大坂なおみ、第15シードのE・スイトリナ(ウクライナ)、第21シードのJ・ペグラ(アメリカ)、第22シードのB・ベンチッチ(スイス)、第24位シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)、第26シードのJ・オスタペンコ(ラトビア)、第28シードのV・クデルメトバ(ロシア)、第30シードのC・ジョルジ(イタリア)、第32シードのS・ソリベス=トルモ(スペイン)らが2回戦へ駒を進めている。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)~30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・バーティ 地元で「最高のテニス」
・大坂は「ハードで圧倒的」
・大坂 ジョコの質問「パスする」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年1月17日19時44分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)