メド 母国大会欠場へ「残念」

ゲッティイメージズ
BNPパリバOPでのメドベージェフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで世界ランク2位のD・メドベージェフ(ロシア)は15日にツイッターを更新し、18日に開幕するVTBクレムリン・カップ(ロシア/モスクワ、室内ハード、ATP250)を欠場すると発表した。

>>BNPパリバOP男女シングルス組み合わせ<<

母国ロシアで開催される同大会。メドベージェフは声明で「本当に残念な発表になるが、今年のクレムリン・カップには出場しないことになった。ロシアのファンの前でプレーする機会が持てることは、常に特別なこと」

「プレーできる最高のチャンスを自分自身に与えるためにサインしたけど、今年のスケジュールが非常に厳しく(インディアンウェルズが10月に追加されるなど)、自分の体がもう100パーセントの状態ではなくなってしまった。今回の決断は自分にとってとても辛いものではあるものの、2021年のシーズンを力強く終わらせるためにはやらなければならないことだった。応援ありがとう、そしてまたすぐに会おう」

メドベージェフは9月に行われた全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)決勝で世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)を下し四大大会初のタイトルを獲得。しかし、優勝候補として臨んだ現在開催中のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)では4回戦でG・ディミトロフ(ブルガリア)に逆転負けを喫し、姿を消していた。

今後は11月1日に開幕するロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)に昨年王者として出場を予定しているほか、同月14日から開催される最終戦のNitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)に参加することが決まっている。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)~10/17(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・「大坂の考え同意できない」
・錦織との不平等にジョコ不満
・大坂 なおみ、失格ジョコに言及
■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年10月16日12時30分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)