西岡/ダニエル 複初戦敗退

ゲッティイメージズ
(左から)西岡良仁とダニエル太郎
画像提供:ゲッティイメージズ

東京オリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)は25日、テニスの男子ダブルス1回戦が行われ、西岡良仁/ ダニエル太郎組はM・チリッチ(クロアチア)/ I・ドディグ(クロアチア)組に2-6, 4-6のストレートで敗れ、初戦敗退となった。

この試合、西岡/ ダニエル太郎組はチリッチ/ ドディグ組からブレークを奪うことができず、1時間10分で力尽きた。

勝利したチリッチ/ ドディグ組は2回戦でR・ラム(アメリカ)/ F・ティアフォー(アメリカ)組と対戦する。ラム/ ティアフォー組は1回戦で、A・ルブレフ(ロシア)/ K・ハチャノフ(ロシア)組を逆転で下しての勝ち上がり。

西岡とダニエル太郎は今大会のシングルスにも出場。1回戦で西岡は第12シードのハチャノフに、ダニエル太郎は第13シードのL・ソネゴ(イタリア)に敗れて東京オリンピックで白星をあげることができなかった。

男子ダブルスでは、錦織圭/ マクラクラン組が2回戦へ駒を進めている。




■関連ニュース

・錦織 ジョコビッチと練習
・「西岡はトリッキー」とマレー
・錦織 元22位アラジが「始まり」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年7月25日19時54分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)