ルード、チチパス撃破で8強

ゲッティイメージズ
ベスト8進出を果たしたルード
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は6日、シングルス3回戦が行われ、世界ランク22位のC・ルード(ノルウェー)が第4シードのS・チチパス(ギリシャ)を7-6 (7-4),6-4のストレートで破って大会初のベスト8進出を果たすとともに、初めて世界ランク上位トップ5から白星をあげた。

>>ナダルらマドリッドOP対戦表<<

>>バーティらマドリッドOP対戦表<<

この日の第1セット、ルードはファーストサービスが入ったときに90パーセント、そしてチチパスも80パーセントと高い確率でポイントを獲得。ともに安定感のあるサービスゲームを破ることができずにタイブレークに突入するも、ストローク戦で振り切ったルードが先行する。

第2セットでは第7ゲームで訪れたこの試合唯一となるブレークチャンスを決め切ったルードがリードを奪うと、そのままブレークを許すことなく世界ランク5位のチチパスを振り切った。試合時間は1時間33分。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには、22歳の同年代対決を制した対決を制したルードのコメントが掲載されている。

「彼(チチパス)は今年のツアーで最高の選手の1人で、最も多くの試合に勝った選手の1人だ。モンテカルロでは初めてマスターズ1000を制覇した。バルセロナでも彼はもう少しでタイトルを取れるところだった」

「でも、ここは他のクレーコートとは少し違ってショットが速く、標高が高いからボールが空中を速く移動するという条件がある。サーブで多くのフリーポイントを取れるけど、これは通常のクレーコートでは無理なこと。今日はそれが少し有利に働いたと思う」

準々決勝では世界ランク44位のA・ブブリク(カザフスタン)と対戦する。ブブリクは3回戦で同27位のA・カラツェフ(ロシア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第1シードのR・ナダル(スペイン)、第3シードのD・ティーム(オーストリア)、第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)らが8強へ駒を進めた。

一方、敗れたチチパスは今季シングルスで27勝をあげるなどツアー参加選手最多の勝利数を誇り、4月のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)では準優勝を果たすなど好調だったが今大会は3回戦で姿を消すこととなった。

[PR] 男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード
5/2(日)~5/9(日)
男子テニスATPツアーマスターズ1000 ローマ
5/9(日)~5/16(日)
WOWOWオンデマンドで配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・大坂 なおみ、失格ジョコに言及
・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織に「きつい状況」と理解

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2021年5月7日7時37分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)