アルゼンチンが圧勝スタート

ゲッティイメージズ
ディエゴ・シュワルツマン
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ・ファイナルズ(スペイン/マドリッド、ハード)は19日、グループCの第1戦が行われ、アルゼンチンがチリを3勝0敗で下し、勝利した。

シングルス2試合とダブルス1試合で争われ、先に2勝したチームが勝利となる同大会。

世界ランク14位のD・シュワルツマン(アルゼンチン)を擁するアルゼンチンはこの日、3試合を通してチリに1セットも許すことなく勝利した。

シュワルツマンは試合後に「もちろんクレーコートの方が得意だけれど、ここのコートは好きだ。最初の試合だったから少し緊張もした。でも明日はもっといい準備ができるだろう。この大会は気に入っているし、アルゼンチンの観衆に応援されるのも大好きだ」と語った。

アルゼンチンとチリの結果は以下の通り。

シングルス1:G・ペラ(アルゼンチン) 6-4, 6-3 N・ジャリー(チリ)
シングルス2:D・シュワルツマン 6-2, 6-2 C・ガリン(チリ)
ダブルス:M・ゴンザレス(アルゼンチン)/ L・メイヤー(アルゼンチン) 6-3, 7-5 N・ジャリー/ H・パドリプニク

グループCの代表メンバーは以下の通り。

【アルゼンチン】
D・シュワルツマン
G・ペラ
L・メイヤー
H・ゼバロス
Ⅿ・ゴンザレス

【ドイツ】
J・シュトルフ(ドイツ)
P・コールシュライバー(ドイツ)
D・ケプファー(ドイツ)
A・マイエス(ドイツ)
K・クライエズ(ドイツ)

【チリ】
C・ガリン
N・ジャリー
A・タビロ(チリ)
M・バリオス(チリ)
H・パドリプニク(チリ)

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 決勝ラウンド」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”。新フォーマットで争われる世界最強国の称号を懸けた戦いを生中継でお届け!

【大会期間】
11月18日(月)~25日(月)連日生中継
■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織「賛成」デ杯改革語る
・フェデラー「今シーズン満足」
・デ杯 決勝ラウンド進出国一覧

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年11月20日14時57分)
その他のニュース