"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOPパートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻

SPECIAL COLUMNS

Vol.26 パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻

次はパートナーが小柄な場合について。小柄であることそのものは、じつはそれほどメリットではない。むしろデメリットが目立つ場合が多い。テニスに限らず、ほとんどのスポーツではそれが実状だ。ただ小柄な人の場合、動きが俊敏であることが多い。その特徴を生かせば、デメリットを補うばかりか、有利にゲームを展開することもできる。ではどのように特徴を生かせばいいのか。
まずひとつは、その俊敏さを前衛で生かすという方法だ。ネット前で足を動かし、スキあらばポーチを狙う。あるいはポーチフェイクする。この動きを試合中、続けてもらうのだ。またボレー・ボレーでその俊敏性、反応の早さを生かすこともできる。じつはボレー・ボレーが得意という小柄なプレイヤーは案外多いものだ。
またコートカバリングも広いので、陣形が多少崩れても持ち直すことができる。諦めないプレイで精神的に支えてもらうこともあるはずだ。
ただロブは当然警戒すべきだ。相手にロブを打たせないような工夫が必要なのだ。たとえば後衛は、深いボレーはあえて避けたほうがいい。短いボレーを意図的に打って、相手につねに突き球を打たせるようにしておきたい。そうやって前衛のポーチを促すわけだ。
パートナーの調子が悪くなるのは、おそらく足が動いていないとき。「足を動かしていこう」とアドバイスして、本来の動きを思い出してもらおう。
またサインプレイで動きやすい状況をつくってあげるのも有効かもしれない。

相手に突き球を打たせるには、短めのボレーが適している

相手に突き球を打たせるには、深いボレーは必要ない。むしろ禁物だ。逆に短いボレーを打っている限り、ロブの可能性は低い。パートナーが小柄だったら、短いボレーでポーチを促そう

パートナーの調子が悪いときの対応策
小柄な選手と組んだときのメリット・デメリット
・生命線である「足」を動かしていこうとアドバイス
 
 動きが速くポーチが上手なうえ、
  コートカバリングが広い
・サインプレイを織り交ぜて、展開に変化をつける
 
 ボレー・ボレー勝負では案外、有利
   
 つねにロブケアが必要
<< 前ページ

「ダブルスでの心構え パートナーがパワフルなタイプの場合」>>

(テニスジャーナル 2005年6月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!