国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【会見全文】大坂なおみ「特別な感情」

大坂なおみ
大坂なおみ
画像提供: tennis365.net
女子テニスの国別対抗戦 ビリー・ジーン・キング・カップ by ゲインブリッジ(日本/東京、ハード)ファイナル予選「日本vsカザフスタン」は12日に第2試合のシングルスが行われ、世界ランク193位の大坂なおみが相手エースで同50位のY・プチンセワ(カザフスタン)を6-2, 7-6 (7-5)のストレートで下し、日本が2勝目を挙げ勝利に王手をかけた。また、大坂が日本でプレーするのはこれが約1年7ヵ月ぶりとなった。

>>【随時更新】BJK杯「日本vsカザフスタン」フォトギャラリー<<

>>【第3試合】日比野 菜緒 vs プチンセワ 1ポイント速報<<

有明コロシアムで行われる今回のファイナル予選。勝利したチームは今年11月のファイナルへの出場権を獲得できるが、負ければ同じタイミングで開催されるプレーオフに回ることとなる。

試合は12日にシングルス2試合、13日にシングルス2試合とダブルス1試合で決着がつけられる(※ルールにより第2日は、試合数ならびに試合形式が変更となる場合もある)。

第1試合には世界ランク79位の日比野菜緒が登場し同939位のA・ダニリナ(カザフスタン)に6-1, 6-0のストレートで完勝。日本に1勝をもたらした。

続く第2試合では、大坂と相手のエースであるプチンセワが顔を合わせた。第1セット、大坂は6本のサービスエースを決めるなどし相手にブレークを許さず、リターンゲームでは第6ゲームと第8ゲームで2度のブレークを奪い先行する。

第2セットは両者ともに相手にブレークを与えずキープを続けタイブレークに突入する。タイブレークでは2度のミニブレークに成功した大坂がストレートで勝利し、日本に2勝目をもたらした。

2022年9月の東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/東京、ハード、WTA500)以来 約1年7ヵ月ぶりに日本でプレーした大坂は、会見で日本でのプレーに対する思いなどを語った。

【大坂なおみ 会見全文】

●試合を振り返って

「とても嬉しいです。勝利に到達するためのステップをうまくこなすことができました」

「とても緊張していてタフな試合でした。久しぶりの日本でのプレーだったので良いプレーをしたいという気持ちが先走ってしまったところもありましたが、いつものルーティンをこなすよう心掛けました」

「そして杉山監督が冷静にベンチでサポートしてくださり、2人でどうやっていくかを相談しながらプレーをすることができ、良い結果を得られました。サーブの調子が良かったことも大きな助けになりました」

●日本代表として久しぶりに日本でプレーすることについて

「(久しぶりの日本での試合で)特別な感情で試合に臨みました。会場に入った時に日本の国旗がいろんなところにあって、そういった雰囲気も特別でした。日比野選手の試合の雰囲気も素晴らしかったですし、そういったものを感じながらプレーをすることができました」

●試合中の杉山監督とのコミュニケーションについて

「杉山監督とのコミュニケーションはとてもクールなものでした。私は自分で考えていくタイプなので、監督はそれを尊重してくれています。数ゲームプレーして、そこで監督と相談しながらゲームプランを考えました」

「今日の相手は調整をしてくるタイプなので、相手のサーブが良くなってきたときにそれに対してどう対応していくかという話を監督とはしました」

●好調だったサービスについて

「サーブの調子はとてもよかったです。マイアミでのC・ガルシア(フランス)選手との試合でも相手の方が良いサーブをしてきたと思っていたら、実はスタッツは自分の方が良かったということもあったりして、こういったことも自信になっていました。彼女(プチンセワ)が極端にワイドに構えたりすることもあって、彼女の必死さも感じました」

●普段の個人戦と団体戦との違いについて

「団体戦に関してはあまり経験がありませんが、この大会をとても楽しみにする気持ちがあるのと同時に、みんなをがっかりさせてはいけないという気持ちも凄く強いです。そういう性格なので、負けられなかったです。もし負けた場合は普段の個人戦で負けた時よりも大きなショックを受けるのではないかと自分では考えていて、こういう話をオープニングセレモニーの前に柴原選手とも話していました」

「ただみんながサポートしてくれるので、自分はそのサポートを感じて試合に臨みました」

●子供の泣き声で試合が一時的に止まった場面について

「娘のシャイのことを思い出していました。お母さんが凄く慌てていたのがこちらからも見えたので、ゆっくり時間をかけてくださいという気持ちでした」

●杉山監督と普段コーチングを受けているウィムコーチとの違いについて

「杉山監督とウィムコーチは異る部分があります。少し言葉を選んでしまいますね(笑)ウィムコーチはテニス選手として女子ツアーを周っていたわけではないので、杉山監督とは違います。杉山監督から感じるエネルギーもありますし、それぞれにいい所があり、それぞれから得られるものがあると考えています。」

【12日(金)】
第1試合
日比野菜緒 6-1, 6-0 A・ダニリナ

第2試合
大坂なおみ 6-2, 7-6 (7-5) Y・プチンセワ

【13日(土)】
第1試合(13時開始予定)
日比野菜緒 vs Y・プチンセワ

第2試合 第1試合終了後に開始予定
大坂なおみ vs A・ダニリナ

第3試合 第2試合終了後に開始予定
柴原瑛菜/ 青山修子 vs A・ダニリナ/ Z・クランバエワ(カザフスタン)

【日本代表メンバー】

日比野菜緒(単79位)
本玉真唯(単119位)
大坂なおみ(単193位)
柴原瑛菜(複21位)
青山修子(複20位)

監督:杉山愛

【カザフスタン代表メンバー】

Y・プチンセワ(単50位)
Z・クランバエワ(単483位、複142位)
A・サガンジコワ(カザフスタン)(単804位)
A・ダニリナ(複54位)
Z・ディアス(カザフスタン)(ランク無し)

監督:ユリー・シュキン

[PR]4/12(金)、13(土)「女子テニス国別対抗戦ビリー・ジーン・キング・カップ ファイナル予選 日本vsカザフスタン」
4/15(月)開幕「男子テニスATPツアー500 バルセロナ」
WOWOWオンデマンドでライブ配信!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>


■関連ニュース

・公式戦で珍行動、ボールガールがプレー
・疑惑の判定に痛烈批判「審判は解雇」
・錦織 圭 チャレンジャー大会にエントリー

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年4月12日21時13分)

その他のニュース

5月20日

ズベレフ「いいプレーできれば、誰にでも勝てる」 (7時32分)

ダニエル太郎、初戦は世界54位に (6時26分)

ズベレフ完勝Vでマスターズ6勝目 (5時36分)

5月19日

ティーム&シュワルツマン 全仏OP予選へ (22時48分)

日本勢7名出場!全仏OP予選組合せ決定 (21時45分)

ダニエル太郎 予選勝ち抜き本戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 予選決勝 (19時10分)

17歳の西村佳世が大東建託OP優勝 (18時07分)

2度目Vかマスターズ初制覇か (16時31分)

失セット0で決勝へ 6度目V王手 (15時28分)

初級~女子ダブルス大会開催、焼き芋貰える! (13時59分)

試合が多くできる!混合ダブルス大会  (13時48分)

全仏OP3連覇へ レジェンドお墨付き (11時48分)

綿貫陽介が全仏OP欠場 (10時10分)

まさかのミスに審判も爆笑 (8時42分)

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

5月18日

世界2位シナー 全仏OPへ練習再開 (22時49分)

阿部宏美/永田杏里ペアが優勝 (22時05分)

ナダル&フェデラーを広告に起用 (20時04分)

ダニエル太郎 完勝で予選決勝へ (19時11分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 リヨン予選1回戦 (17時30分)

松井/上杉ペア 2大会連続の準優勝 (17時10分)

ジョコvsマレー 実現の可能性 (16時32分)

ベッカーに並ぶ歴代7番目の記録 (15時32分)

チチパス兄弟、全仏ダブルスに出場 (15時02分)

ティーム&シュワルツマン 全仏会場で練習 (12時06分)

ジョコ 全仏OP前週の大会参戦 (11時05分)

西岡 リヨン初戦はモンフィスに (9時20分)

“ダークホース”ジャリーが決勝へ (8時02分)

逆転勝ちズベレフが決勝へ (6時57分)

錦織圭 全仏OP前週の大会を欠場 (6時05分)

【動画】強い!女王シフィオンテク 3度目の優勝に大はしゃぎ! (0時00分)

5月17日

ナブラチロワとエバートの記録に並ぶ (22時58分)

17歳の西村佳世が4強入り (21時00分)

松井/上杉ペア 2大会連続決勝へ (18時09分)

シュワルツマン不満、活躍に見合わず (16時57分)

収入ランク、テニス選手はトップ50入らず (15時54分)

西岡良仁ら 能登半島地震の支援に参加 (15時25分)

26歳の躍進 カギは「ウナギ」にあり (14時58分)

ワウリンカとマレーは2回戦で敗退 (14時01分)

「WTA1000」 2大会連続同カードの決勝に (12時01分)

ローマ4強 ズベレフがV候補筆頭に (11時12分)

マレー、ラケット変更理由明かす (10時08分)

ガウフに快勝、女王が今季4勝目に王手 (8時40分)

マスターズ1000で2名のチリ人が4強の快挙 (7時32分)

ダニエル太郎 元世界9位に屈し8強逃す (3時14分)

西岡良仁 1回戦で途中棄権 (2時55分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsナカシマ (1時08分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsバウティスタ=アグ (0時40分)

トップ10に連勝!激闘制し4強入り (0時09分)

【動画】まさかのミスに審判も味方も爆笑 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!