国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

右手負傷のメド「裂けちゃった」

ダニール・メドベージェフ
4強入りを決めたメドベージェフ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は15日、シングルス準々決勝が行われ、第5シードのD・メドベージェフが第23シードのA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)を6-3, 7-5のストレートで破り、公式戦マッチ18連勝を果たしてベスト4進出を決めた。試合後には「本当に満足している」と充足感を語った。

>>アルカラス、メドベージェフらBNPパリバOP組合せ<<

>>シフィオンテクらBNPパリバOP組合せ<<

両者は3度目の顔合わせでメドベージェフの2勝。直近では先月のABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)の1回戦で対戦しており、メドベージェフが4-6, 6-2, 6-2の逆転勝ちを収めている。世界ランク6位で27歳のメドベージェフは先月のABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)、カタール・エクソンモービル・オープン(カタール/ドーハ、 ハード、ATP250)、ドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)と3週連続でツアーを制覇。

今大会は初戦の2回戦で世界ランク48位のB・ナカシマ(アメリカ)、3回戦で同85位のI・イヴァシカ、4回戦で第12シードのA・ズベレフ(ドイツ)を下し大会初の8強入り。ズベレフ戦では右足首を負傷し痛めたが、問題なく準々決勝に出場できた。

この試合、第2ゲームで先にブレークしたメドベージェフはファーストサービスが入ったときに100パーセントの確率でポイントを獲得。セカンドサービスでも4ポイントしか失わずブレークチャンスを作らせずに第1セットを先取する。

第2セットは互いにチャンスを握るもサービスゲームのキープが続くなか、第7ゲームのダビドビッチ フォキナのサービス時では、メドベージェフが転倒し右手の親指を負傷し出血。メディカルタイムアウトを取得する。第8ゲームでも出血が止まらず再びメディカルタイムアウトを取ると、0-40とピンチを迎えるが、ここからポイントを連取して凌ぎキープ。メドベージェフは粘りのプレーが続く展開となる。第11ゲーム、リターンゲームでメドベージェフは0-40と絶好のチャンスを握ると、最後はフォアハンドのパッシングショットがネット前に詰めてきたダビドビッチ フォキナのミスを誘い均衡を破るブレークに成功。サービング・フォー・ザ・マッチとなった第12ゲームをキープし1時間46分で勝利した。

メドベージェフは第2セットで6度のブレークチャンスを握られるも驚異的な粘りでセーブ。最後はチャンスをものにしてマッチ18連勝を飾った。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはメドベージェフのコメントが掲載されている。

「(ズベレフ戦で負傷した右足首は)ウォーミングアップの時は、かなり痛かった。そこから足首があまり痛くならなくてよかったよ。プレーするつもりだったし、トライするつもりだったんだ。でも、ウォーミングアップでうまく動けなかった。できるだけ長く温めるようにして、痛み止めを1錠飲んだからそれが効いたのかもしれない。実際、試合中はどんどん調子が良くなっていったよ」

「右手の傷は切り裂けちゃったね。全開のような状態だった(笑)。あまり料理をしないからこんな風に包丁で切ることはないけど、驚いたよ」

準決勝では第14シードのF・ティアフォー(アメリカ)と対戦する。ティアフォーは準々決勝で第9シードのC・ノリー(イギリス)をストレートで下しての勝ち上がり。

ティアフォー戦についてメドベージェフは「彼は素晴らしいプレーをしている。フランシス(ティアフォー)はとても気合いが入っていて、熱血漢だから、調子のいい日は誰にでも勝てる。彼はノヴァーク(ジョコビッチ)やラファ(ナダル)も倒すことができるだろうね。実際、彼は全米オープンでラファを破っているしね。この対決を制するために、僕はベストを尽くさなければならない。それは決して簡単なことではなく、自分の最高のテニスを披露して、このような素晴らしい相手に勝てるように努力しなければならないんだ」と語った。




■関連ニュース

・錦織、復帰は「もうちょっと」
・錦織「足首に痛み」原因も分からず
・ナダル 18年ぶりトップ10陥落へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年3月16日10時31分)

その他のニュース

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

6月14日

【1ポイント速報】大坂なおみvsアンドレースク (22時00分)

ナダル 7月クレーに19年ぶり出場 (17時31分)

ウィンブルドン賞金 10年で2倍に (16時24分)

フェデラー 特別上映会に出席 (14時09分)

世界400位が第1シード撃破の金星 (13時03分)

ベレッティーニ8強 シャポ撃破 (12時14分)

ラオニッチ 25本エースで8強 (11時26分)

ナダル ウィンブルドンを欠場 (10時17分)

【画像】本田尚也とナダルの2ショット写真 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!