- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ブライアン兄弟 全米で引退

ブライアン
ボブとマイクのブライアン兄弟
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子プロテニス協会のATPは13日に公式サイトで、男子ダブルスで伝説的なペアとして活躍しているB・ブライアン(アメリカ)M・ブライアン(アメリカ)が、2020年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を最後に引退すると掲載した。

>>ATP最終戦の組み合わせ表<<

41歳の双子であり、男子ダブルスで最も成功をおさめたブライアン兄弟はテニス人生で、四大大会16勝を含む通算118大会で優勝。

ボブは「マイクと僕は、Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)の出場権獲得の可能性もあったのを知りつつ、2019年シーズンを全米オープンを最後に終える選択をした」と明かした。

「多くの話し合いのあと、ATPツアーで最後のシーズンとなる2020年へ向けて『気持ちと体を強くするために休養を取ることがベストなのでは』という決断に至った。これまでのプロテニス選手としてプレーする機会に恵まれたことへ感謝している。まさに神秘的な道のりだった。僕らはまだ健康であり、優勝へ向けて戦える状態でありながら、この素晴らしい道のりを終えたいと思っている」

マイクは「僕らは今、最後のシーズンへ向けて気持ちも高まりワクワクしている。たくさんの楽しみを与えてくれたファンへさよならを言い、感謝の気持ちを伝え、それぞれの瞬間を楽しむつもり」と自身の思いを述べた。

ブライアン兄弟は2003年9月8日に初めてダブルスの世界ランク1位へ上り詰めた。独自のエネルギーとカリスマをコートで発揮し、世界中から愛された。

ボブは2018年の8月に股関節の手術を受けたが、2019年から再びブライアン兄弟としてコンビを組み始めていた。今シーズン、ブライアン兄弟は2大会で優勝している。

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 決勝ラウンド」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”。新フォーマットで争われる世界最強国の称号を懸けた戦いを生中継でお届け!

【大会期間】
11月18日(月)〜25日(月)連日生中継

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・複はブライアン/ソック組が初V
・フェデラー「完璧に機能」
・ナダル 最年長の年間最終1位

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年11月15日18時49分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!