- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

前田と石井が14歳以下制す

前田優,石井さやか
優勝した前田優(左)と石井さやか
画像提供: tennis365.net
2019 DUNLOP SRIXON CUP 全国選抜ジュニアテニス選手権大会 兼ワールドジュニアテニス世界大会代表選考会(千葉県・吉田記念テニス研修センター/ハードコート)は大会最終日の19日に、14歳以下の男女シングルス決勝が行われ、男子は第2シードの前田優(九州・ラフ)、女子は第1シードの石井さやか(関東・TEAM YONEZAWA)が優勝をおさめた。

ともにトップシード同士の対決となった男女決勝。
男子決勝は、第1シードの眞田将吾(東海・三重グリーンTC所属)がサウスポーから繰り出す切れ味の鋭いショットと速いコートカバーリングで要所でポイントを重ねて第1セットを6-4で先取。
第2セットも眞田がゲームカウント4-2とリードし、そのまま押し切るかと思われたが、粘る前田がタイブレークに持ち込みこのセットを奪うと試合の流れは前田に傾き、4-6, 7-6(7-4), 6-1で前田が逆転勝利を決めた。


14歳以下 男子優勝の前田優


14歳以下 男子準優勝の眞田将吾

女子決勝、第2シードの小林杏菜(九州・海の中道M&T)が第1セットを6-4で先取し第2セットも先行する展開になるが、石井が持ち前の安定感のある深いストロークで試合の主導権を奪い返し、7-5で1セットオールに。
ファイナルセット、石井が5-3でサービングフォーザマッチを迎え、これを小林が5-5と盛り返すも石井が7-5で振り切り、約2時間20分に及んだ熱戦に終止符を打った。


14歳以下 女子優勝の石井さやか


14歳以下 女子準優勝の小林杏菜

また同日には3位決定戦とコンソレーション決勝も行われた。
結果は以下の通り。

■14歳以下 男子シングルス
【決勝】
前田優[2] vs. 眞田将吾[1], 4-6, 7-6(7-4), 6-1

【3位決定戦】
本田尚也[8](関東・サトウGTC) vs. 高妻蘭丸(九州・日向学院中学校), 6-4 6-4

【コンソレーション決勝】
服部伶矢(関西・TAクレセント城陽) vs. 三城貴雅(関東・荏原SSC), 6-1, 6-2

■14歳以下 女子シングルス
【決勝】
石井さやか[1] vs. 小林杏菜[2], 4-6, 7-5, 7-5

【3位決定戦】
齋藤咲良(関東・MAT Tennis Academy)[8] vs. クロスリー真優, 1-6, 6-3, 6-4

【コンソレーション決勝】
松田鈴子(東海・チェリーTC) vs. 高絢果(中国・UP.Set), 6-2, 5-7, [10-6]

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 ローマ」

【配信予定】
5/12(日)〜5/19(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>

なお「全仏オープンテニス」は、5/26(日)開幕!
6/9(日)までWOWOWにて連日生中継!




■関連ニュース

・全小 若松泰地がV「感謝」
・全小 中里亜優菜V「うれしい」
・インハイ 白石光が3冠達成

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年5月19日21時42分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!