- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大坂、初V快挙の活躍で選出

女子プロテニス協会のWTAは6日に公式サイトで、3月のプレーヤー・オブ・ザ・マンスに大坂なおみが選出されたと発表した。これは、今年3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)優勝と、その後の活躍によりファンから選ばれた。

プロ転向後、大坂はBNPパリバ・オープンで、ツアー下部大会のITFサーキット含め初めてのタイトル獲得をグランドスラムの次に格付けされている年間4回しか開催されないプレミア・マンダトリーという大舞台で成し遂げた。プレミア・マンダトリーで日本勢女子の優勝は史上初の快挙。

BNPパリバ・オープンで大坂の快進撃は1回戦のM・シャラポワ(ロシア)の勝利から始まった。2006・2013年のチャンピオンである元女王のシャラポワを下すと、A・ラドワンスカ(ポーランド)S・ヴィケリー(アメリカ)M・サッカリ(ギリシャ)Ka・プリスコバ(チェコ)、そして世界ランク1位のS・ハレプ(ルーマニア)と、決勝までわずか1セットしか落とさず勝ち上がった。

決勝では同じ20歳のD・カサキナをストレートで下し初優勝を飾ると、大会後に発表された世界ランキングでは自己最高の22位へジャンプアップさせた。

「どの試合も、何があっても諦めないと思いながらプレーをしていた。なぜなら、戦ってきた相手はとてつもなくタフな選手ばかりだったから」と大坂は試合後の会見で語っていた。

インディアンウェルズで初優勝したのは、2002年のD・ハンチュコバ(スロバキア)以来16年ぶり。そして1999年のS・ウィリアムズ(アメリカ)、2005年のK・クレイステルス(ベルギー)に次ぐ3人目のノーシードからのチャンピオンとなった。

20歳と153日で優勝を飾った大坂は、2010年に19歳と253日で準優勝を飾ったC・ウォズニアッキ(デンマーク)以来となる最年少の決勝進出、2008年に20歳と138日で優勝したA・イバノビッチ(セルビア)以来の最年少優勝者となった。

続くマイアミ・オープンでは1回戦で子どもの頃から憧れだったセリーナをストレートで下した。2回戦ではE・スイトリナ(ウクライナ)に惜しくも敗れ、連勝は8でストップした。

3月のプレーヤー・オブ・ザ・マンスのファン投票結果は以下の通り。

1.大坂なおみ(52パーセント)
2.D・カサキナ(20パーセント)
3.S・スティーブンス(アメリカ)(15パーセント)
4.J・オスタペンコ(ラトビア)(13パーセント)

上位の4選手はWTAから選出され、その後にファン投票によって選ばれた。


今季ここまでのプレーヤー・オブ・ザマンスは以下の通り。

1月 S・ハレプ
2月 P・クヴィトバ(チェコ)

4月9日に開幕する米男子クレーコート選手権をWOWOWメンバーズオンデマンドにて全日程無料配信予定。

【放送予定】 2018年4月9日(月)〜4月15日(日)
■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・「考えてほしい」とナダル苦言
・錦織ら モンテカルロ出場一覧
・錦織らバルセロナ出場予定一覧

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年4月7日11時12分)

オススメ記事
その他のニュース

10月26日

【告知】錦織vsティーム (22時54分)

YouTube 田島のラケバ公開 (16時46分)

ティーム全米Vで「楽になった」 (16時28分)

大坂3位 26日付の世界ランク (15時51分)

トップ10から6名出場に「タフ」 (14時15分)

錦織37位へ後退 26日付世界ランク (12時18分)

22歳サバレンカ単複2冠「興奮」 (11時11分)

マクラクラン組V「楽しかった」 (10時23分)

今季2勝目で「超ハッピー」 (9時07分)

ズベレフ 地元で2週連続V達成 (8時25分)

10月25日

望月慎太郎 逆転で決勝ならず (15時46分)

単複ストレート勝ちで決勝へ (15時05分)

激闘制しキャリア4勝目に王手 (14時13分)

4度のMPしのぎ死闘制す (12時39分)

ナダル、ゴルフ大会で10位タイ (11時49分)

プイユ 新型コロナに感染 (11時17分)

2時間半超えの激闘制し決勝へ (11時16分)

10月24日

錦織 初戦は世界3位ティーム (19時33分)

ピンチ切り抜け大逆転勝ち (16時28分)

誤審に激怒 主審の謝罪を報告 (15時56分)

好調アザレンカ が4強入り (15時51分)

西岡良仁撃破「適応できた」 (14時11分)

望月慎太郎 激闘制し4強へ (14時07分)

マクラクラン組 優勝へ王手 (11時58分)

誤審に両選手激怒で大荒れに (9時18分)

西岡良仁 4強入りならず (8時39分)

10月23日

波乱 第1・2シードが初戦敗退 (16時50分)

望月慎太郎、野口莉央破り8強へ (15時54分)

528位ベルグス 敗退も「自信」 (15時05分)

35歳シモン8強「大変だった」 (13時47分)

土居美咲 3時間超え死闘制し8強 (12時26分)

サバレンカ、ガウフ下し8強 (11時45分)

トップ10入り後初戦は快勝 (10時05分)

コロナ感染後の復帰戦は黒星 (8時55分)

西岡良仁 逆転勝ちで8強へ (5時55分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!