- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大坂、初V快挙の活躍で選出

大坂なおみ
ツアー初優勝を果たした大坂なおみ
画像提供: ゲッティ イメージズ
女子プロテニス協会のWTAは6日に公式サイトで、3月のプレーヤー・オブ・ザ・マンスに大坂なおみが選出されたと発表した。これは、今年3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)優勝と、その後の活躍によりファンから選ばれた。

プロ転向後、大坂はBNPパリバ・オープンで、ツアー下部大会のITFサーキット含め初めてのタイトル獲得をグランドスラムの次に格付けされている年間4回しか開催されないプレミア・マンダトリーという大舞台で成し遂げた。プレミア・マンダトリーで日本勢女子の優勝は史上初の快挙。

BNPパリバ・オープンで大坂の快進撃は1回戦のM・シャラポワ(ロシア)の勝利から始まった。2006・2013年のチャンピオンである元女王のシャラポワを下すと、A・ラドワンスカ(ポーランド)S・ヴィケリー(アメリカ)M・サッカリ(ギリシャ)Ka・プリスコバ(チェコ共和国)、そして世界ランク1位のS・ハレプ(ルーマニア)と、決勝までわずか1セットしか落とさず勝ち上がった。

決勝では同じ20歳のD・カサキナ(ロシア)をストレートで下し初優勝を飾ると、大会後に発表された世界ランキングでは自己最高の22位へジャンプアップさせた。

「どの試合も、何があっても諦めないと思いながらプレーをしていた。なぜなら、戦ってきた相手はとてつもなくタフな選手ばかりだったから」と大坂は試合後の会見で語っていた。

インディアンウェルズで初優勝したのは、2002年のD・ハンチュコバ(スロバキア)以来16年ぶり。そして1999年のS・ウィリアムズ(アメリカ)、2005年のK・クレイステルス(ベルギー)に次ぐ3人目のノーシードからのチャンピオンとなった。

20歳と153日で優勝を飾った大坂は、2010年に19歳と253日で準優勝を飾ったC・ウォズニアッキ(デンマーク)以来となる最年少の決勝進出、2008年に20歳と138日で優勝したA・イバノビッチ(セルビア)以来の最年少優勝者となった。

続くマイアミ・オープンでは1回戦で子どもの頃から憧れだったセリーナをストレートで下した。2回戦ではE・スイトリナ(ウクライナ)に惜しくも敗れ、連勝は8でストップした。

3月のプレーヤー・オブ・ザ・マンスのファン投票結果は以下の通り。

1.大坂なおみ(52パーセント)
2.D・カサキナ(20パーセント)
3.S・スティーブンス(アメリカ)(15パーセント)
4.J・オスタペンコ(ラトビア)(13パーセント)

上位の4選手はWTAから選出され、その後にファン投票によって選ばれた。


今季ここまでのプレーヤー・オブ・ザマンスは以下の通り。

1月 S・ハレプ
2月 P・クヴィトバ(チェコ共和国)

4月9日に開幕する米男子クレーコート選手権をWOWOWメンバーズオンデマンドにて全日程無料配信予定。

【放送予定】 2018年4月9日(月)〜4月15日(日)
■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・「考えてほしい」とナダル苦言
・錦織ら モンテカルロ出場一覧
・錦織らバルセロナ出場予定一覧

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年4月7日11時12分)

その他のニュース

1月24日

大坂 初Vと世界ランク1位王手 (20時46分)

ナダル 完勝で全豪OP決勝へ (19時33分)

大坂に脱帽「信じられない」 (18時11分)

テニスアンケート 放送編 (17時49分)

大坂なおみ 日本語で感謝の言葉 (17時45分)

【1ポイント速報】ナダルvsチチパス (17時35分)

大坂 日本人初の全豪OP決勝へ (16時07分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsプリスコバ (13時55分)

クヴィトバ 全豪OP初の決勝へ (13時47分)

セリーナ 足首負傷「関係ない」 (12時00分)

松岡氏 錦織に同情「苦しい」 (11時08分)

大坂 準決勝「タフな試合」 (11時02分)

錦織の棄権 ジョコ「気の毒」 (7時58分)

1月23日

錦織、死闘続きで満身創痍 (23時36分)

錦織「強い痛み」 右太もも負傷 (20時03分)

ジョコ 棄権の錦織へエール (19時37分)

錦織 途中棄権で初4強ならず (18時46分)

【1ポイント速報】錦織vsジョコビッチ (17時36分)

国枝慎吾 10度目Vへ好発進 (17時35分)

プイユ 接戦制し四大大会初4強 (16時46分)

錦織 王者ジョコ戦へ最終調整 (16時04分)

ジョコのインタビュー動画公開 (13時46分)

大坂なおみ 準決勝は世界8位 (13時25分)

大坂「イライラせずプレー」 (10時59分)

大坂 日本女子25年ぶり4強 (10時31分)

【ポイント速報】ラオニッチvsプイユ (9時09分)

錦織 デ杯メンバー入りせず (8時11分)

錦織vsジョコ 過去の対戦一覧 (7時36分)

1月22日

ジョコ 錦織戦「自信ある」 (21時31分)

錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪 (21時29分)

第4回ジュニアイベント開催 (21時13分)

ナダル 快勝で2年ぶり4強 (20時56分)

【ポイント速報】ナダルvsティアフォー (18時29分)

快進撃 世界35位がGS初4強 (16時57分)

20歳チチパス 四大大会初4強 (14時13分)

錦織 ジョコ戦「長いラリー」 (12時18分)

ラケット破壊「腹立ってた」 (10時57分)

大坂 3年前の全豪「忘れた」 (10時11分)

錦織、全豪OP4回戦の詳細 (8時05分)

1月21日

錦織 5時間の死闘「びっくり」 (23時44分)

錦織 次戦は14連敗中ジョコ (22時51分)

錦織 死闘制し全豪OP8強へ (21時21分)

【1ポイント速報】ジョコvsメドヴェデフ (21時20分)

【1ポイント速報】錦織vsカレノ=ブスタ (17時33分)

プリスコバ 全豪3年連続の8強 (17時17分)

大坂、準々決勝は世界7位 (14時41分)

ラオニッチ ズベレフ破り8強 (14時29分)

大坂なおみ 全豪OP初8強へ (12時00分)

「いい気分」GS初8強入り (10時22分)

フェデラー撃破「純粋に幸せ」 (8時54分)

フェデラー敗退「ひどく後悔」 (7時22分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!