- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ワウリンカ撃破の21歳が4位

スタン・ワウリンカ/ダニール・メドヴェデフ
(左から)ワウリンカとメドヴェデフ
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子プロテニス協会のATPは12日、公式サイトで2017年のグランドスラム番狂わせトップ5を発表した。

【第5位:全米オープン2回戦 ルブレフ vs ディミトロフ】

G・ディミトロフ(ブルガリア)は、2014年以来となるトップ10返り咲きを果たした直後の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で好成績が期待されていた。2週前のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)ではマスターズ初優勝を飾っていた。

将来を期待されている19歳のA・ルブレフ(ロシア)は今季、徐々に頭角を現した。

この試合、第1・第2セットで先にブレークを許したのはルブレフだった。しかし、武器である強烈なフォアハンドでディミトロフを攻め続けた。そして、いずれのセットも逆転で奪うと流れを掴み、ルブレフが7-5, 7-6(3), 6-3のストレートで勝利した。

これはルブレフにとってキャリア初となるトップ10選手からの勝利で、勢いそのままに準々決勝進出を果たした。これは2003年のA・ロディック(アメリカ)以来となる最年少での8強入りとなった。

その後、ルブレフは今季新設された21歳以下の最終戦であるネクスト・ジェネレーションATPファイナルズ(イタリア/ミラノ、室内ハード)への出場権を獲得し、準優勝を飾った。


【第4位:ウィンブルドン1回戦 メドヴェデフ vs ワウリンカ】

当時世界ランク3位のS・ワウリンカ(スイス)を6-4, 3-6, 6-4, 6-1で下した21歳のD・メドヴェデフ(ロシア)は、この勝利までグランドスラムで勝利したことがなく、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)本戦の舞台にも立ったことがなかったが、いきなりトップ5選手を倒す番狂わせを演じた。

これまでワウリンカは、2014年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、2015年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、2016年の全米オープンを制し、生涯グランドスラムの達成はウィンブルドンの優勝だけだった。

それに向けてワウリンカは芝シーズンの間、元世界ランク1位のP・サンプラス(アメリカ)のコーチを務めていたP・アナコーンをチームに招へいしてウィンブルドンへ臨んでいた。

しかし、準優勝を飾った今年の全仏オープンで膝に問題を抱えていたワウリンカは、この敗戦を最後にシーズンを切り上げ、年内全大会を欠場した。


【第3位:全仏オープン1回戦 ベルダスコ vs ズベレフ】

A・ズベレフ(ドイツ)は直前に出場したBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)を下してマスターズ初優勝を飾り、トップ10デビューを果たしていた。

臨んだ全仏オープンでは多くの期待を背負うズベレフだったが、1回戦で対戦したのは元世界ランク7位で当時33歳のF・ベルダスコ(スペイン)だった。

2016年の全豪オープン1回戦でR・ナダル(スペイン)を下すなど大物食いを演じてきたベルダスコは、この試合で若手期待のズベレフを6-3, 3-6, 6-4, 6-2で下した。

グランドスラムの連続出場を56大会としていたベルダスコは、全仏オープン1回戦での成績を13勝1敗へ伸ばした。






■関連ニュース■ 

・錦織vsモンフィスが3位に
・フェデラーとワウリンカの関係
・1位はフェデラー116位に敗戦
(2017年12月13日14時50分)

その他のニュース

10月20日

斎藤恵佑 第1シード破り決勝へ (23時44分)

錦織らウィーン組み合わせ発表 (20時15分)

大坂ら最終戦 賞金などの概要 (19時44分)

MPしのいだガスケ 辛勝で4強 (15時07分)

最終セットはタイブレークへ (13時11分)

最終戦争うイズナー4強へ (12時11分)

大坂、日本人初MVPならず (11時21分)

斎藤恵佑 スーパーJr4強へ (0時35分)

10月19日

大坂ら最終戦の組み合わせ (21時18分)

大坂なおみと伊達公子が共演 (19時27分)

伊藤竜馬 4強入りならず (18時58分)

18歳ヤストレンスカ 快進撃 (17時05分)

ゲルゲス 苦戦もベスト4進出 (16時21分)

快勝フォニーニ 次戦はチョン (15時17分)

前年準Vシュワルツマン 8強 (14時35分)

ブシャール4強「興奮」 (13時19分)

5選手が新人賞にノミネート (12時30分)

モンフィス、ツォンガ破り8強 (9時18分)

イズナー 大接戦制し8強 (8時39分)

10月18日

スーパーJr 東、斎藤が8強入り (22時51分)

大坂 WTAファイナルズ放送予定 (22時15分)

伊藤竜馬、快勝でCH8強 (22時04分)

西岡ら主催イベント 今年も開催 (21時08分)

ムグルサ 18歳に敗れ8強逃す (19時20分)

チェッキナート 完敗で姿消す (18時36分)

ハレプ 最終戦を欠場「残念」 (17時48分)

錦織 カムバック賞候補に (17時00分)

21歳以下 最終戦3選手確定 (16時00分)

八百長と勧誘で永久追放 (13時56分)

ソック 連敗ストップで8強へ (12時47分)

最終戦8選手出揃う 21日開幕 (11時24分)

ラオニッチ 2週連続初戦敗退 (10時34分)

10月17日

綿貫 チャレンジャー8強ならず (22時32分)

スティーブンス 完敗で姿消す (21時22分)

大ヒットDVDの続編 先行販売 (20時01分)

ジョコ 獲得数でナダル越え (19時06分)

ハレプ棄権「まだ痛みある」 (16時51分)

ムグルサ 次戦は18歳前週女王 (15時56分)

マクラクラン組、接戦落とす (15時15分)

チョン 快勝で初戦突破 (14時16分)

シモン キャリア通算450勝 (12時47分)

キリオス エース25本で勝利 (11時44分)

ツォンガ、8カ月ぶりの勝利 (9時31分)

伊藤竜馬、添田豪が初戦突破 (8時27分)

ダニエル太郎が初戦敗退 (7時44分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!