- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダルの全豪OP準決勝が3位

ラファエル・ナダル
全豪オープン準決勝後のナダル
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATPは6日、公式サイトで2017年シーズンのグランドスラムでのベストマッチ トップ5のうち5位から3位を発表。全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)準決勝のR・ナダル(スペイン)G・ディミトロフ(ブルガリア)が3位にランクインした。

【3位:全豪オープン準決勝 ラファエル・ナダル vs グリゴール・ディミトロフ】

3位は、全豪オープン準決勝でナダルがディミトロフを6-3, 5-7, 7-6 (7-5), 6-7 (4-7), 6-4の4時間56分で下した試合。

この試合はどちらに勝敗が転んでもおかしくない展開だった。試合の途中では、両者を通して実に26ゲーム連続でブレークがないサービスゲームを繰り広げ、第3・第4セットはいずれもタイブレークにもつれたが、そのセットも両者で分け合っていた。

その後、勝利したナダルは迎えた決勝戦で惜しくもR・フェデラー(スイス)の前に敗れて準優勝だったが、その後のクレーコート・シーズンではかつての強さを取り戻し、世界ランク1位への返り咲きに成功。世界の頂点でシーズン終了を迎えた。

一方、ディミトロフは試合に負けたものの明らかにこの試合を自信に繋げていた。8月に行われたW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)で自身初となるマスターズ優勝を飾ると、初出場したNitto ATPファイナルズでは全勝優勝を飾り、世界ランクも自己最高位を更新する3位でシーズンを終えた。

【4位:ウィンブルドン4回戦 ジル・ミュラー vs ラファエル・ナダル】

シーズン2つ目のグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で史上最多となる10度目の優勝を1セットも落とさず達成したナダルは、迎えたウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でまさかの4回戦敗退を喫した。

その番狂わせを演出したのはG・ミュラー(ルクセンブルグ)。グランドスラムの大舞台でナダルを破ること自体簡単なものではないが、ミュラーはそれを2度も成し遂げた。ミュラーは6-3, 6-4, 3-6, 4-6, 15-13の死闘の末、2005年のウィンブルドン以来2度目の勝利を飾った。

34歳のミュラーは、第1・第2セットで完璧なサービスゲームを展開してナダルに付け入る隙を与えなかった。しかし、これまで2セットダウンから何度も逆転勝利を手にしていたナダルは、続く第3・第4セットを奪い返した。

その後、第5セットだけで2時間以上を要したマラソン・マッチは、予想に反してミュラーに軍配が上がり、四大大会で2度目のベスト8進出を果たした。

準々決勝でM・チリッチ(クロアチア)に敗れたミュラーだったが、トップ5の選手から4度目の勝利をあげた。そして、その4度全てをグランドスラムという大舞台で成し遂げていた。

ミュラーは今季、全豪オープン前哨戦のアピア国際(オーストラリア/シドニー、ハード、ATP250)でツアー初優勝を飾り、芝シーズンに入るとリコー・オープン(オランダ/スヘルトヘンボシュ、芝、ATP250)でもタイトルを獲得するなど、好調なシーズンを送った。

【5位:全仏オープン準決勝 スタン・ワウリンカ vs アンディ・マレー】

第5位は、全仏オープン準決勝で第3シードのS・ワウリンカ(スイス)が第1シードのA・マレー(英国)を6-7 (6-8), 6-3, 5-7, 7-6 (7-3), 6-1で下し、2015年の優勝以来となる決勝進出を決めた試合。

マレーは、肘のけがから回復して臨んだクレーコート・シーズンもこの大会まで5勝4敗と精彩を欠いていた。一方のワウリンカも、直前のバンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーヴ・オープン(スイス/ジュネーブ、レッドクレー、ATP250)で優勝したものの、それまでは2勝3敗と不調。両者のここまでの勝ち上がりは共に満足するものだった。

試合の序盤では鉄壁の守備を見せたマレーが大切なポイントで攻撃に転ずるなど試合を有利に運び、セットカウント2−1と勝利に王手をかけた。しかし、試合が進むにつれてワウリンカのパワーが炸裂し始めると、試合はファイナルセットへもつれ込む。

その後、終盤で流れを掴んだワウリンカは、4時間34分の接戦を制し決勝へ駒を進めた。決勝戦ではクレーキングの異名を持つナダルの前に敗れるも準優勝を飾った。






■関連ニュース■

・2017年勝利数一覧 1位はナダル
・ナダル勝訴 薬物疑惑に終止符
・ナダル戦で疑惑の大誤審
(2017年12月6日21時01分)

その他のニュース

12月10日

錦織直筆サインをプレゼント (21時12分)

全豪OPプレーオフが開幕 (20時13分)

西岡良仁、来年に向けて始動 (18時45分)

錦織 カリフォルニアで練習 (16時45分)

1st終了 三菱とイカイが全勝 (13時05分)

ティーム、フェレールらが出場決定 (11時47分)

連覇狙う橋本総業が全勝 (11時19分)

野口莉央、今季3度目Vならず (9時35分)

12月9日

完全復活目指しオーストラリアへ (19時31分)

全豪前哨戦にイズナーら出場 (17時26分)

ナダルら4選手が年明けに激突 (14時44分)

錦織 ハワイのユニクロに登場 (11時50分)

日本リーグ 前回4強が勝利 (10時21分)

日本リーグ 橋本総業が2連勝 (9時34分)

野口莉央、複で今季2勝目 (9時06分)

12月8日

ジョコ称賛「僕らの誇り」 (18時58分)

ハレプ WTAの人気投票連覇 (17時02分)

チブルコワ 試合離れた理由報告 (15時36分)

元7位バルトリがコーチに (12時02分)

錦織 2018年10月を振り返る (11時01分)

野口莉央が単複で決勝進出 (9時06分)

日本リーグ 三菱電機が2連勝 (8時05分)

日本リーグ 女子初日一覧 (7時59分)

12月7日

錦織使用 ウルトラが7日発売 (20時57分)

井上雅が快勝、複で今季初V (20時25分)

ウィリアムズ姉妹の対戦が実現 (17時06分)

錦織が炎の体育会TVに登場 (16時05分)

元女王モレスモがコーチ就任 (14時19分)

野口莉央 単複でベスト4進出 (11時52分)

第33回日本リーグが開幕 (9時34分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!