- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

選手投票で2選手が受賞

クヴィトバ、サファロバ
(左から)クヴィトバ、サファロバ
画像提供: ゲッティイメージズ
女子プロテニス協会のWTAは5日、公式サイトで世界ランク29位のP・クヴィトバ(チェコ共和国)と同30位のL・サファロバ(チェコ共和国)がそれぞれ選手達からの投票で選ばれる賞を受賞したと発表した。

サファロバは『ピーチー・ケルメイヤー・プレイヤー・サービス・アワード』、そしてクヴィトバは『カレン・クランツケ・スポーツマンシップ・アワード』をそれぞれ受賞した。

いずれの賞も、共にツアーを回っているWTAプレイヤー達からの投票で選出される。

『ピーチー・ケルメイヤー・プレイヤー・サービス・アワード』は、1977年から始まり、選手会での貢献度や、他の選手達に代わって率先した行動などが評価される。

これまではK・クレイステルス(ベルギー)N・プラット(オーストラリア)F・スキアボーネ(イタリア)P・シュライバー(アメリカ)V・ウィリアムズ(アメリカ)などが受賞していた。

また、『カレン・クランツケ・スポーツマンシップ・アワード』はプロテニス選手として手本になる行動、他の選手への尊敬を表す態度をとる、フェアプレーで他の選手達へ親切な対応をするなど、それらがコートの中でも外でも行われている選手に与えられるもの。

1978年から始まったこの賞はこれまで、クレイステルス、E・デメンティエワ(ロシア)A・イバノビッチ(セルビア)L・ダベンポート(アメリカ)C・エバート(アメリカ)E・グーラゴン=コーリー(オーストラリア)らが受賞していた。

サファロバは『ピーチー・ケルメイヤー・プレイヤー・サービス・アワード』を4年連続、クヴィトバは『カレン・クランツケ・スポーツマンシップ・アワード』で今回が過去7年間で6度目の受賞となった。






■関連ニュース■

・1位はフェデラーvsキリオス
・土居 美咲「苦労した1年」
・自己最高位を記録 日本勢女子
(2017年12月6日15時02分)

その他のニュース

12月18日

猿とテニス 会場大盛り上がり (21時09分)

セリーナ 全豪中は米イベント? (19時40分)

3度の手術乗り越え復帰宣言 (18時33分)

ATP 杉田ら初Vを特集 (16時58分)

セリーナ 愛娘の歯ぐずり相談 (11時34分)

錦織ら18日付 日本勢世界ランク (10時45分)

元複1位 膝の故障で全豪欠場 (8時58分)

12月17日

高橋悠介に独占インタビュー (22時19分)

マクラクラン勉 国籍変更の理由 (19時15分)

全豪OPワイルドカード獲得 (17時28分)

錦織 新ストリングをテスト (11時27分)

ムグルサ 来季前半の予定発表 (10時32分)

徳田廉大 2週連続Vならず (8時58分)

フェデラー 老舗と契約更新 (7時45分)

12月16日

1位ハレプ 史上4人目の受賞 (23時40分)

フェデラー 最多「ググり名」 (20時40分)

全豪WCかけて複ペアで決勝 (19時40分)

フェデラー 10年ぶり4度目受賞 (16時58分)

ペール 来季はインドで始動 (15時20分)

世界91位 ジョコと練習に満足 (13時25分)

錦織 15歳のジュニア1位を祝福 (11時23分)

デ杯と五輪見据え国籍を変更 (10時29分)

ティームら3選手が出場表明 (9時07分)

プリスコバ「誇りに思う」 (7時10分)

12月15日

元1位ヒューイット 全豪複出場 (21時21分)

ディミトロフが5年ぶりに出場 (20時10分)

キリオスら使用の新デザイン (19時13分)

錦織に大逆転勝利が2位に (16時50分)

<訂正>Jr世界チャンピオンに選出 (14時20分)

ジョコ 大逆転5位、MP5本しのぐ (12時15分)

全米女王 大学卒業で学位取得 (10時37分)

1月 WTAツアーと全豪の日程 (8時21分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!