- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

選手投票で2選手が受賞

女子プロテニス協会のWTAは5日、公式サイトで世界ランク29位のP・クヴィトバ(チェコ)と同30位のL・サファロバ(チェコ)がそれぞれ選手達からの投票で選ばれる賞を受賞したと発表した。

サファロバは『ピーチー・ケルメイヤー・プレイヤー・サービス・アワード』、そしてクヴィトバは『カレン・クランツケ・スポーツマンシップ・アワード』をそれぞれ受賞した。

いずれの賞も、共にツアーを回っているWTAプレイヤー達からの投票で選出される。

『ピーチー・ケルメイヤー・プレイヤー・サービス・アワード』は、1977年から始まり、選手会での貢献度や、他の選手達に代わって率先した行動などが評価される。

これまではK・クレイステルス(ベルギー)N・プラット(オーストラリア)F・スキアボーネ(イタリア)P・シュライバー(アメリカ)V・ウィリアムズ(アメリカ)などが受賞していた。

また、『カレン・クランツケ・スポーツマンシップ・アワード』はプロテニス選手として手本になる行動、他の選手への尊敬を表す態度をとる、フェアプレーで他の選手達へ親切な対応をするなど、それらがコートの中でも外でも行われている選手に与えられるもの。

1978年から始まったこの賞はこれまで、クレイステルス、E・デメンティエワ(ロシア)A・イバノビッチ(セルビア)L・ダベンポート(アメリカ)C・エバート(アメリカ)E・グーラゴン=コーリー(オーストラリア)らが受賞していた。

サファロバは『ピーチー・ケルメイヤー・プレイヤー・サービス・アワード』を4年連続、クヴィトバは『カレン・クランツケ・スポーツマンシップ・アワード』で今回が過去7年間で6度目の受賞となった。






■関連ニュース■

・1位はフェデラーvsキリオス
・土居 美咲「苦労した1年」
・自己最高位を記録 日本勢女子
(2017年12月6日15時02分)

その他のニュース

7月22日

四大大会複3勝マクナマラ死去 (19時32分)

錦織7位 22日付日本勢ランク (17時08分)

ジャリーが初V「うれしい」 (16時02分)

大坂2位 22日付のランク (14時25分)

20歳新鋭、圧勝で初V (13時01分)

錦織7位 22日付世界ランク (10時57分)

悲願の初V「記憶に残る」 (9時03分)

イズナー 2年ぶり4度目V達成 (7時49分)

7月21日

MP2本しのぎ激闘の末V (18時00分)

元世界2位 最終戦について語る (17時06分)

キャリア7度目Vへ王手 (14時35分)

けがと出産乗り越え決勝進出 (14時07分)

イズナー 4度目Vへ王手 (13時03分)

ハンブルグ ドロー発表 (12時04分)

元引退選手に敗れ決勝ならず (11時02分)

ジャリー 快勝で決勝進出 (10時15分)

7月20日

BIG3がトップでいる理由 (18時03分)

20歳新星に敗退で4強逃す (16時29分)

「今大会でベストな試合」 (14時26分)

元女王 コーチ関係解消を発表 (13時35分)

祖父の記録目指し4強入り (12時21分)

ジェレ 辛勝で初の4強入り (11時37分)

ガスケ 激闘の末に4強ならず (10時48分)

イズナー 逆転で5度目の4強 (10時08分)

7月19日

全米賞金GS史上最高額に (15時19分)

第1シードは2回戦で敗退 (12時31分)

世界121位に苦戦もガスケ8強 (11時15分)

ニューポートは雨で順延 (11時00分)

地元チョリッチは初戦敗退 (7時08分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!