- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

伊藤竜馬 複は準々決勝敗退

伊藤竜馬
準々決勝敗退となった伊藤竜馬(左)
画像提供: tennis365.net
男子テニスの下部大会である兵庫ノア・チャレンジャー(日本/兵庫、室内ハード)は10日、ダブルス準々決勝が行われ、伊藤 竜馬(北日本物産)/ P・ペッツシュナー(ドイツ)組はS・ベトフ(ベラルーシ)/ Y・シャイラ(ベラルーシ)組に1-6, 6-2, [6-10]のフルセットで敗れ、ベスト4進出とはならなかった。

この試合、伊藤/ ペッツシュナー組は第1セットで1度もブレークチャンスを握れずに落とすも、続く第2セットではベトフ/ シャイラ組に与えた3度のブレークチャンスを全てしのぎ、10ポイントマッチ・タイブレークへ持ち込む。

しかし、先にベトフ/ シャイラ組にポイント連取を許すと流れを引き戻せず、55分で敗れた。

伊藤/ ペッツシュナー組は今大会1回戦で井藤 祐一(ライフ・エヌ・ピー)/ 大西 賢(ノア・インドアステージ)組を下しての勝ち上がりだった。

同日の準々決勝には、綿貫 陽介(グローバルプロテニスアカデミー)/ 綿貫 裕介(橋本総業ホールディングス)組、ダニエル 太郎(エイブル)/ L・サビル(オーストラリア)組が登場したが、いずれも敗れダブルスは日本勢全滅となった。






■関連ニュース■ 

・伊藤 竜馬 2年連続初戦敗退
・ダニエル 太郎 複4強ならず
・綿貫 陽介 同世代対決に敗れる
(2016年11月10日19時53分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!