- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー 大逆転勝利で4強

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は6日、男子シングルス準々決勝が行われ、4年ぶりの優勝を狙う第3シードのR・フェデラー(スイス)が第9シードのM・チリッチ(クロアチア)に6-7 (4-7), 4-6, 6-3, 7-6 (11-9), 6-3の大逆転で勝利して3年連続のベスト4進出を果たすと同時に、四大大会のシングルスでは男女を通じてM・ナブラチロワ(アメリカ)を抜いて最多307勝目をあげた。

>>フェデラーvsチリッチ1ゲーム速報<<

>>ウィンブルドン対戦表<<

また、今回の勝利でJ・コナーズ(アメリカ)に並ぶウィンブルドン最多11度目のベスト4進出となった。

34歳にして新たな歴史を刻むウィンブルドン最多8度目の優勝を狙うフェデラーは、準決勝で第6シードのM・ラオニチと対戦する。ラオニチは準々決勝で第28シードのS・クエリー(アメリカ)を破っての勝ち上がり。

ウィンブルドンでは元男子世界ランク1位のP・サンプラス(アメリカ)と、1880年代に活躍したW・レンショーも7度優勝している。これまで誰も8度の優勝はしておらず、男子テニスの歴史上グランドスラムでそれ以上の優勝を飾っているのは、全仏オープンを9度制したR・ナダル(スペイン)のみ。

今年、フェデラーは怪我に悩まされ、全仏オープンを欠場。前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)では4連覇を狙うも準決勝でA・ズベレフ(ドイツ)に敗れた。






■関連ニュース■ 

・フェデラー 世界772位を絶賛
・錦織「なんで俺をセンターに」
・錦織「情けない」 2年連続棄権
(2016年7月7日0時37分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!