- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナ、キャリア70勝飾る

女子テニスツアーのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、WTAプレミア5)は15日、シングルス決勝が行われ、第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)M・キーズ(アメリカ)との同胞対決を7-6 (7-5), 6-3のストレートで制し、約9カ月ぶりの優勝を飾った。

昨年8月のシンシナティ以来の優勝となったセリーナは、その優勝からわずか4大会にしか出場していなかった。

「最高の気分。毎週毎週、大会に出場していたわけではなかった。だから、とても久しぶりになってしまったけど、特にクレーコートで優勝出来たのは更に嬉しく感じる。」と喜びのコメント。

これが大会4度目の優勝となったセリーナは、全仏オープン連覇へ向けて最高の準備となった。

「今はとても体がフィットしている。だから全仏オープンが楽しみ。」と語るセリーナは、昨年の今頃は年間グランドスラムのことばかり聞かれていた。

「今年はよりリラックスして大会へ臨めるし、優勝へのプレッシャーも感じずにいられる。」と素直な想いを述べた。

試合後に行われた優勝セレモニーでは、観客へイタリア語でコメントしてファンを沸かせると、トロフィーを抱えた姿を自撮りして喜びを味わっていた。

クレーコート大会の決勝戦でアメリカ人対決となったのは、2002年の全仏オープンでセリーナが姉のV・ウィリアムズ(アメリカ)と対戦して以来のことだった。

BNLイタリア国際での4度目の優勝でセリーナは、C・マルティネス(スペイン)G・サバティーニ(アルゼンチン)に並ぶ優勝回数。女子の最多優勝はC・エバート(アメリカ)の5度となっている。

またこの日の優勝は、セリーナにとってキャリア70勝目となった。

試合後にキーズと握手を交わしたセリーナは、現在世界ランク17位のキーズにいつか世界1位になれると伝えていた。

「彼女(セリーナ)が言ったことが現実にならなかったら申し訳ない気持ち。でも、そんなことを彼女の口から聞けるのは最高のこと。そう言ってくれるのは、これからも一生懸命練習をしようという気になれる。」と21歳のキーズは想いを語っていた。

今回が自身最大の決勝進出となったキーズは昨年、グランドスラムである全豪オープンでベスト4、ウィンブルドンではベスト8とキャリア・ベストのシーズンを記録している。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・ドッグフード食べて体調崩す
・奈良がセリーナ破る金星
・会見拒否したセリーナ
(2016年5月16日12時23分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!