- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

全日本 快進撃の綿貫兄弟がV

国内テニスツアーの橋本総業全日本テニス選手権(東京/有明コロシアム、ハード、賞金総額2,846万円)は8日、男子ダブルス決勝が行われ、ノーシードの綿貫裕介(日本)/ 綿貫陽介(日本)組が第8シードの佐野紘一(日本)/ 小ノ澤新(日本)組を6-2, 6-1のストレートで下し、優勝を飾った。

>>全日本テニス選手権 対戦表<<

決勝戦、第1セットの第3ゲームで兄の裕介が鮮やかなロブを決め、弟の陽介は強烈なリターンを決めるなどでブレークに成功して勢いに乗った。

その後も綿貫兄弟が主導権を握り、最後は陽介のリターンを佐野がネットにかけてゲームセットとなった。

今大会、綿貫兄弟は1回戦で第7シードの近藤大生(日本)/ 鈴木貴男(日本)組、2回戦で笹井正樹(日本)/ 野口政勝組、準々決勝で第3シードの内山靖崇(日本)/ 添田豪(日本)組、準決勝では第1シードで昨年優勝の仁木拓人(日本)/ 吉備雄也(日本)組を破る快進撃で決勝へ駒を進めていた。


優勝の綿貫兄弟

裕介は混合ダブルスで2連覇、シングルスでは準々決勝で昨年覇者の江原弘泰(日本)に敗れるもベスト8へ進出。

陽介は1回戦で予選から勝ち上がった大西賢(日本)に敗れた。また、今年8月の全日本ジュニアテニス選手権18歳以下のシングルス・ダブルスで準優勝。9月のスーパージュニアテニス選手権大会はベスト8へ進出した。


敗れた佐野/ 小ノ澤組








■関連ニュース■ 

・全日本 内山/ 添田が敗れる
・全日本 V内山「信じられない」
・全日本 準V添田「悔しいです」
(2015年11月8日18時57分)

その他のニュース

1月21日

ダニエル太郎 隔離現状を報告 (11時29分)

西岡、内山ら コートで練習再開 (9時30分)

ジョコ 全豪OPへ「感謝」 (9時04分)

1月20日

ナダル 12年ぶり出場「楽しみ」 (16時00分)

ヨネックス 新シューズ発売 (14時34分)

ティアフォー コロナ影響語る (13時22分)

大会への不満動画流出を釈明 (11時04分)

メド 昨季序盤の不調理由明かす (9時12分)

大坂 THのアンバサダー就任 (7時26分)

1月19日

アザレンカ 選手に向け声明 (18時17分)

故マラドーナ氏の教え明かす (16時36分)

躍進後の変化「慣れるしか」 (15時05分)

全豪欠場へ「5セットは危険」 (13時55分)

内山「72時間缶詰め」から外出 (11時48分)

父の母国へ支援「基本のこと」 (9時24分)

錦織、隔離措置の現状を報告 (7時52分)

1月18日

YouTube 内山70時間以上も缶詰め状態 (21時46分)

ナダル 歴代初の800週を更新 (16時30分)

錦織41位、西岡56位キープ (15時41分)

フェデラーの会社と契約解消へ (14時38分)

大坂3位 サバレンカ自己最高位へ (13時46分)

錦織41位 18日付世界ランク (12時00分)

ジョコ 全豪OP強さの秘訣とは (11時00分)

全豪OP 完全隔離選手が72名に (10時06分)

ダニエル太郎 搭乗者陽性で隔離 (8時12分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!