- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【1ゲーム速報】錦織vsフェレール

アビエルト・メキシコ・テルセル男子 決勝
●錦織 圭(1)vs. ○D・フェレール(2)
【第1セット】3-6
【第2セット】5-7
【第3セット】0-0


男子テニスツアーのアビエルト・メキシコ・テルセル男子(メキシコ/アカプルコ、ハード、賞金総額1,548,755ドル、優勝賞金343,000ドル)は28日、シングルス決勝が行われ、第1シードの錦織圭(日本)は第2シードのD・フェレール(スペイン)に3-6, 5-7のストレートで敗れ、2大会連続優勝を逃した。

▼ 第2セット ▼

第1ゲーム
錦織はダウンザラインをアウトし、最後はバックスライスがネットにかかりフェレールにブレークされる。

第2ゲーム
ラリー戦となるも錦織がミスし、フェレールがサービスキープ。

第3ゲーム
ネットに出た錦織だが、フェレールに横を抜くショットを決められ、バックハンドをネットにかけた錦織がフェレールにこのセットだけで2度目のブレークを許してしまい、ゲームカウント0-3とされる。

第4ゲーム
錦織はフェレールのドロップショットをドロップショットで返し、1つブレークを返す。

第5ゲーム
40-0とリードした錦織だが、フェレールにボレーを決められる。しかし、セカンドサービスをワイドに決めて、このセット初めて自身のサービスゲームをキープする。

第6ゲーム
ネットに出て攻める姿勢を見せた錦織だが、フェレールに横を抜くショットを決められ、最後はドロップショットをネットにかけてラブゲームでフェレールがサービスキープする。

第7ゲーム
フェレールにまたもブレークチャンスを与えてしまった錦織だが、フェレールのリターンがアウトしてデュースに。ここでもフェレールにチャンスを与えたが、ダウンザラインを決めて2度目のデュース。ボレーをなんとか返し、最後はフェレールがバックハンドのリターンをアウトしてなんとかキープに成功する。

第8ゲーム
フェレールがダブルフォルトを犯し、フェレールがストロークアウトして錦織にブレークバックのチャンが訪れ、最後はダウンザラインを決めて2度目のブレークに成功してゲームカウント4-4に戻す。

第9ゲーム
錦織がスマッシュを決めて40-30とした錦織だが、バックハンドをネットにかけてデュースに。その後もバックハンドをアウトしてフェレールにブレークチャンスを与えるもしのぐ。ここで錦織がサービスで圧倒するが、バックスライスをネットにかける。しかし錦織は、チャンスボールをアウトする痛恨のミスを犯し、このセット3度目のブレークを許してしまう。

第10ゲーム
フェレールのサービング・フォー・ザ・ チャンピオンシップとなったこのゲーム、フェレールがダブルフォルトを犯し、錦織にブレークバックのチャンスが訪れ、最後は左右に揺さぶる展開でフェレールを攻め、ブレークバックに成功してピンチをしのぐ。

第11ゲーム
錦織がバックストロークにミスを2本連続で犯し、フェレールにブレークチャンスを与え、最後はフェレールが放ったロブをスマッシュしようとした錦織だが、ポイントに出来ずブレークされる。

第12ゲーム
ストロークをミスした錦織はフェレールに0-30とリードを許す。しかし、ボレーを決めて1ポイント返した錦織だが、フェレールのファーストサービスに圧倒されてフェレールのマッチポイントとなり、最後はフェレールの強烈なストロークをなんとか返した錦織だがアウトし、フェレールが優勝、錦織は準優勝となった。

▼ 第1セット ▼

第1ゲーム
フェレールのサービスゲームから始まったこの試合、ラリーを制して30-0とリードした錦織は、フェレールのフォアハンドがネットにかかり、いきなりブレークチャンスが訪れる。しかしここのピンチを2本しのいだフェレールがサービスキープ。

第2ゲーム
ラリー戦が繰り広げられるも、錦織がサービスキープ。

第3ゲーム
どのポイントでも激しいラリー戦となるが、最後はファーストサービスで圧倒したフェレールがサービスキープする。

第4ゲーム
錦織は、前に出てきたフェレールの横を抜くショットを打つもわずかにアウト。フェレールにポイントリードを許し、さらにダブルフォルトを犯して3度のブレークチャンスを与える。最後は錦織がバックハンドをアウトしてブレークされる。

第5ゲーム
錦織がボレーを決めてデュースとなり、フェレールはダブルフォルトを犯して錦織にブレークバックのチャンスが来る。しかし、それをフェレールは錦織のボディにサービスを決めしのぐ。最後は長いラリー戦で錦織がネットにかけてフェレールが苦しむもキープする。

第6ゲーム
ポイントを先行したのはフェレールだったが、フェレールを左右に揺さぶる展開で攻めてサービスキープする。

第7ゲーム
15-40から錦織が2ポイント連取してデュースとなり、ここでフェレールがダブルフォルト。錦織にチャンスが訪れるが、ここをスマッシュでしのがれる。錦織はバックのダウンザラインを決め、フェレールがストロークをネットにかけ、再び錦織にブレークのチャンスがくるもしのがれる。最後はフェレールがバックハンドストロークをネットにかけてブレークバックに成功する。

第8ゲーム
0-30とフェレールにリードされた錦織は、1ポイント返すもフェレールに深いショットを決められ、最後はボレーをアウトして2度目のブレークを許す。

第9ゲーム
このゲームは錦織らしからぬミスが連発し、フェレールがラブゲームであっさりキープし、第1セットをフェレールが先取する。


入荷しました!



■関連ニュース■ 
・錦織 決勝は世界9位フェレール
・錦織出場 アカプルコ大会ドロー
・錦織4位確定 2大会連続V王手


■最新ニュース■ 
・伊藤が決勝逃す 複は準優勝
・ナダルが完勝 大会初4強入り
・ジョコビッチ フェデラーと対戦


■最新動画■ 
・錦織 圭vsジョコビッチ【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年3月1日14時00分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月22日

崖っぷちから第5シード撃破 (16時59分)

第1シード 準々決勝で敗退 (15時31分)

フェレール 激闘制し4強へ (14時09分)

八百長疑惑 全仏など四大大会も (11時22分)

ベルダスコ 昨年覇者にリベンジ (10時51分)

20本エース決め快勝で4強 (9時07分)

ゴファン 世界412位に敗れる (8時04分)

7月21日

錦織、米に戻り練習開始 (21時06分)

元世界1位 ズベレフのコーチに (17時01分)

逆転勝ちでツアー初4強 (15時38分)

第1シード 世界140位に敗れる (13時38分)

30本のエース放つも4強ならず (11時46分)

錦織ら 全米本戦出場者発表 (11時00分)

番狂わせ モンフィス初戦敗退 (8時10分)

2本のMPしのぎ逆転勝利 (7時12分)

7月20日

錦織 NBAスターと対面 (21時43分)

快進撃 二宮真琴の素顔に迫る (20時51分)

二宮真琴 快進撃の裏側明かす (17時32分)

錦織出場の大会にトップ2選手 (15時40分)

錦織 イベントにサプライズ登場 (10時59分)

全仏悲劇から復帰し8強 (10時02分)

世界4位コンタが東レ初参戦 (9時01分)

途中棄権 全仏OPの怪我響く (8時02分)

7月19日

伊達公子 逆転許し初戦敗退 (21時31分)

錦織 東京五輪へ意気込み (20時59分)

錦織「恥ずかしいの一言。笑」 (16時55分)

全米OP 賞金が過去最高額へ (15時59分)

プロ転向12年で通算200勝達成 (13時32分)

錦織 全米へ「しっかり準備」 (12時20分)

世界1位マレー 2年連続出場 (9時20分)

LLのチャンス活かし初戦突破 (8時26分)

今井慎太郎 初戦突破ならず (7時15分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る





テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!