- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クルム伊達「悪くないドロー」で好発進<ブリスベン国際女子>

女子テニスツアーのブリスベン国際女子(オーストラリア/ブリスベン、ハード)は29日、シングルス1回戦が行われ、クルム伊達公子(日本)O・ロゴウスカ(オーストラリア)を6-3, 7-5のストレートで下し、初戦突破を果たした。

この試合、クルム伊達は5本のダブルフォルトを犯すも、ファーストサーブが入った時に63パーセントの確率でポイントを獲得。さらにロゴウスカのサービスゲームを8度のブレークチャンスから4度のブレークに成功し、1時間34分で勝利した。

試合前、クルム伊達は自身の公式ブログで対戦相手のロゴウスカについて「タフな大会の中では悪くないドローなのは確か。でも今年のITFの大会で対戦しましたが、ボールはスピードこそないけど、フラット系でしつこくてけっこういやらしい。」と、綴っていた。

「ここまで腰と肩の痛みを感じずに調整できてきました。体も動いているので全豪オープンに向けて、少しずつ上げていくことを心掛けたプレーをしたいと思います。」

2回戦でクルム伊達は、第9シードのD・チブルコワ(スロバキア)と予選勝者のどちらかと対戦する。

今大会の第1シードはS・ウィリアムズ(アメリカ)、第2シードはV・アザレンカ(ベラルーシ)、第3シードはM・シャラポワ(ロシア)、第4シードはJ・ヤンコビッチ(セルビア)、第5シードはA・ケルバー(ドイツ)、第7シードはS・リシキ(ドイツ)、第8シードはC・スアレス・ナバロ(スペイン)となっている。

また、クルム伊達の他にも日本勢から土居美咲(日本)が予選出場したが、予選1回戦でストレートで敗れた。


■関連記事■

《クルム伊達、「他のシューズを履くことが怖い」》

《波乱、第1シードのクルム伊達が世界181位に完敗<南京女子オープン>》

《クルム伊達がショートヘア「中学生以来??くらいに短くしました」》


■関連動画■

《クルム伊達特集!今でも世界のトップとして戦える秘訣を明かす!WTA女子ツアーマガジン Vol.10》
(2013年12月29日13時20分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!