- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

伊藤竜馬と杉田祐一が勝利、錦織圭に続けるか<ブリスベン国際男子>

男子テニスツアーのブリスベン国際男子(オーストラリア/ブリスベ、ハード)は28日、シングルス予選1回戦が行われ、伊藤竜馬(日本)杉田祐一(日本)が勝利を収め、共に予選2回戦進出を決めた。

この日、伊藤竜馬はJ・トンプソン(オーストラリア)を6-2, 6-3のストレートで下した。伊藤竜馬はファーストサーブが入った時に84パーセントの高い確率でポイントを獲得し、トンプソンに1度もブレークを許さなかった。さらに10度のブレークチャンスから4度のブレークに成功、1時間で勝利した。

一方、杉田祐一はA・ボルト(オーストラリア)を6-4, 6-4のストレートで破り、予選2回戦進出を果たした。杉田祐一はボルトに1度もブレークチャンスを与えないサービスゲームを展開、加えてボルトのサービスゲームを2度ブレークし、1時間2分で勝利を収めた。

予選2回戦で伊藤竜馬は予選第6シードのR・ベランキス(リトアニア)、杉田祐一は予選第2シードのB・クラーン(アメリカ)と対戦する。

今大会の予選は3試合で勝利した場合、本戦出場となる。

また、本戦には錦織圭(日本)が第2シードで出場しており、2回戦からの登場となっている。


■関連記事■

《錦織は第2シード、フェデラーは第1シード<ブリスベン国際男子>》

《伊藤竜馬が悲願の初優勝<ニッケ全日本テニス選手権>》

《杉田祐一は初優勝逃す、第1シードに完敗<ダンロップ・ワールド・チャレンジ・テニス・トーナメント>》

《フェデラー「子供の頃からのヒーロー」をコーチに迎え入れる》


■関連動画■

《今季最後の1戦は39度目のライバル対決!ATP男子ツアーマガジン Vol.197》

《2013年で最も飛躍した若手を発表!ATP男子ツアーマガジン Vol.197》

《11年連続で"最も人気のある選手"に選ばれたのは!?ATP男子ツアーマガジン Vol.197》

(2013年12月28日18時34分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!