- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

キリレンコ、昨年の雪辱を果たし6度目の栄冠◇パタヤ女子オープン

女子テニスツアーのパタヤ女子オープン(タイ/パタヤ、賞金総額23万5000ドル、ハード)は日曜日に決勝戦を行い、第2シードのM・キリレンコ(ロシア)が第5シードのS・リシキ(ドイツ)を5-7, 6-1, 7-6 (7-1)の大逆転で退け、見事優勝を飾った。試合時間は2時間37分で、キリレンコは優勝賞金4万ドルを獲得した。

キリレンコは昨年の今大会決勝でD・ハンチュコバ(スロバキア)に3時間14分の激戦の末に敗れており、今回はそのリベンジを果たした。

シーソーゲームとなった決勝戦、第1セットはゲームカウント5−5から2ゲームを連取したリシキがこのセットを先取する。

しかし、第2セットの第2ゲームから、キリレンコが11ゲームを奪う猛攻で、このセットをゲームカウント6−1で奪い返すと、第3セットもゲームカウント5−2と大きくリードを重ねる。

その後の第8ゲームでキリレンコは40−15とし、2本のマッチポイントを握る。しかし、そこからリシキに反撃されたキリレンコは、ゲームカウント5−6と逆にリードを許してしまう。

昨年の雪辱を果たしたいキリレンコは、そこから最後の意地をみせ第12ゲームをラブゲームで奪うと、タイブレークもリシキに1ポイントしか許さずに制し、大逆転優勝を決めた。

試合後、キリレンコは「気分は最高ね。優勝はいつでも特別なものだけど、特に決勝戦がタフだった時はなおさらね。本当にタフな試合だった。彼女(リシキ)は、とてもいいプレーをしていたわ。優勝出来てとても嬉しい。」と、語った。

「昨年の決勝で負けた後は、本当にがっかりしたの。でも、今年はハッピーな形で大会を終える事が出来た。皆さん、見ての通り私は優勝出来てとても幸せ。」と、キリレンコ。

リシキは強力なサービスで知られるが、それについて聞かれたキリレンコは「フォアハンドが好調だったし、リターンが思い通りに出来た。いいテニスが出来ていたと思うわ。」と、述べている。

今回の優勝でキリレンコはWTAツアー6度目の優勝を飾った。6度のうち4度はアジアでの優勝で、同地域とは相性がいい。今回の優勝の他に、2005年には北京、2007年にはコルカタ、2008年にはソウルでタイトルを獲得している。

一方のリシキは2011年以来久しぶりの決勝進出だったが、今回準優勝に終わったため、ツアー決勝戦での戦績は3勝3敗となった。

リシキは、試合後「しばらくぶりの決勝戦だった。タフな試合で負けてしまったけれど、今週1週間のプレーには満足している。いいテニスが出来たし、オフシーズンには一生懸命トレーニングをしたから、その結果が特に年初のこの時期に現れてきていて嬉しい。」と、話している。

また「決勝に勝ち残る選手は好調なはずだから、決勝戦が簡単に終わる事はない。拮抗した試合だったし、勝つチャンスもあった。学ぶものは多かったけれどね。」と、リシキ。

一方、同日にはダブルス決勝も行われ、クルム伊達公子(日本)/ C・デラクア(オーストラリア)組がA・アマンムラドワ(ウズベキスタン)/ A・パノワ(ロシア)組を6-3, 6-2で圧倒し、嬉しい優勝を飾った。クルム伊達組は優勝賞金1万1500ドルを獲得した。クルム伊達/ デラクア組がペアとしてタイトルを手にしたのは初めての事で、今回の優勝でクルム伊達はツアーダブルス4勝目、デラクアは初優勝を決めた。


■関連記事■

《絶好調クルム伊達ペアが優勝◇パタヤ女子オープン》

《クルム伊達ペア、優勝まであと1勝◇パタヤ女子オープン》

《リシキとキリレンコが頂上決戦◇パタヤ女子オープン》

(2013年2月4日13時26分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!