- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

植田監督「日本男子は力がある」◇デビスカップ

2月1日(金)から有明コロシアム(東京/有明テニスの森)で3日間行われるテニスの国別対抗戦デビスカップのアジア・オセアニア・ゾーン1回戦 日本対インドネシア戦のドロー抽選式と両国チームの会見が行われ、監督の植田実氏が語った。

植田氏は「ホームを生かし、自分たちのテニスをやり抜く事が何より重要。」と、コメント。

また「私の役目は、皆をマネージメントする事だと考えている。私の中での経験とコーチなどがタッグを組んで、強い日本を作り上げていくかが、ワールドグループにつながると思う。それ(ワールドグループ復帰)には時間を要するが、今の日本男子のテニスはそれだけの力がある。」と、語った。

植田氏は、2005年から2009年の女子テニス国別対抗戦フェドカップで日本代表監督を務め、ワールドグループ1へ昇格させた実績を持つ。また、2004年のアテネオリンピックで日本代表監督を務めた経験もある。

日本は2011年にワールドグループ・プレーオフでインドに勝利し、ワールドグループ復帰を決めていた。しかし、昨年2月に行われたワールドグループ1回戦のクロアチア戦は2−3で敗れ、同年9月にワールドグループ残留をかけたイスラエルには2−3で敗れたため、アジア・オセアニアゾーンに降格となっていた。

デビスカップは他の大会とは異なる形式となっており、初日に各国1位の選手と2位の選手によるシングルスをそれぞれ行い、2日目にダブルス1試合、最終日の3日目は両国1位と2位同士のシングルス2試合の合計5試合が行われ、3勝した国が勝利することとなる。

日本対インドネシア戦の組み合わせは、以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:伊藤竜馬(日本) vs C・ルンカット(インドネシア)
・シングルス第2試合:添田豪(日本) vs W・ヌグロホ(インドネシア)

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:伊藤竜馬/ 内山靖崇(日本) vs E・シー(インドネシア)/ K・エルタ(インドネシア)

【大会3日目】
・シングルス第1試合:添田豪 vs C・ルンカット
・シングルス第2試合:伊藤竜馬 vs W・ヌグロホ


■関連記事■

《添田豪は18歳の若手と対決◇デビスカップ》

《単複出場の伊藤竜馬「最初から最後まで全力」◇デビスカップ》

《デ杯初選出の内山靖崇「より緊張感が増してきた」◇デビスカップ》

(2013年1月31日18時46分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月9日

フェデラーら 勝利の瞬間特集 (16時49分)

優勝は「自信なかった」と告白 (15時01分)

ズベレフ 独イベント欠場へ (13時47分)

3度目の検査も陰性と報告 (12時10分)

ナダル叔父 ジョコ最初の印象は (11時18分)

フェレールを招へい「興奮」 (8時33分)

ティームら勝利「雰囲気最高」 (7時39分)

7月8日

ディミトロフのプレーを特集 (18時50分)

「テニス刑事、修造」を無料公開 (16時23分)

大坂姉妹製作のマスクが完売 (12時59分)

キリオス、ティーム発言に怒り (11時54分)

ナダル 9月マドリッド出場へ (10時40分)

7月7日

フェデラー 復帰への自信語る (15時02分)

高校3年生を土居らが激励 (14時17分)

WBでマレーのレッスン 企画発表 (11時50分)

今季のランキング制度が発表 (10時59分)

選手会主催 学生参加大会を開催 (8時58分)

ティームら陰性、大会開催へ (7時32分)

7月6日

YouTube 加藤未唯と爆笑トーク (18時49分)

ポールの活躍で逆転勝ち (18時28分)

フェデラー 新シューズ販売開始 (17時21分)

「適当に選んでいませんか?オーバーグリップテープでプレーが変わるかも」 (16時13分)

ティームら8選手出場「楽しみ」 (12時34分)

UTS チチパスら4強出揃う (11時44分)

ルブレフ陰性を報告 大会出場へ (10時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!