- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

全てを手にしたセリーナ「次は何を目指そうかな」◇ロンドンオリンピック

ロンドンオリンピックのテニス競技(イギリス/ロンドン、芝)は大会8日目の4日、女子シングルス決勝が行われ、第4シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が第3シードのM・シャラポワ(ロシア)に6-0, 6-1で圧勝、シングルス初となる金メダル獲得と同時にゴールデンスラム達成を決めた。

30歳のセリーナは、姉のV・ウィリアムズ(アメリカ)とのダブルスで2000年シドニーオリンピック、2008年北京オリンピックで金メダルを獲得していたが、シングルスでは今回のメダル獲得が初であり、最初のシングルスのメダルで金メダルを獲得する事が出来た。

勝利が決まりシャラポワと握手を交わした後、何度も何度も飛び跳ねて喜びを爆発させたセリーナ。「取るべきもの(オリンピック、グランドスラム四大会、ツアーファイナル)を全て手にした。次は何を目指そうかな。」と笑顔でコメントした。

決勝で対戦したセリーナとシャラポワは、グランドスラム四大会を全て優勝しており、どちらが勝利してもゴールデンスラム達成となる試合だった。それをセリーナは手にした。

セリーナは今年の全仏オープンで初戦敗退してからはウィンブルドン、バンク・オブ・ウエスト・クラシック、更に現在のオリンピックの全17試合負けなしの状態が続いている。

決勝戦は第1セット、シャラポワが3本のダブルフォルトを犯すなど試合の波に乗れない中、セリーナは7本のサービスエースと12本のウィナー、更に3度のブレークを奪い、第1セットを6−0で先取する。

第2セット、第2ゲームで強烈なリターンが決まるなどでブレークに成功したセリーナは、ゲームカウント3−0とリード。

第4ゲームでシャラポワが反撃の糸口を見つけようと、この日初となるサービスキープをする。だが、この日のセリーナに何をしても通用せず、シャラポワはブレークするどころかサービスキープすら出来ない状態が続き、第6ゲームもブレークを許す。

ゲームカウント5−1、第7ゲームでサービング・フォー・ザ・マッチを迎えたセリーナは、最後2ポイントをサービスエースで決め、63分で金メダル獲得とゴールデンスラム達成を決めた。

セリーナは「金メダルでも銀メダルでも満足していたでしょう。メダルを獲得すること自体が素晴らしいこと。しかし、それでも金メダルが欲しかったのは確か。これでヴィーナス(姉)も私も金メダルを持っていることになる。」と、金メダルへの想いを語った。

大会を通して17ゲームしか落とさない圧倒的なパフォーマンスについては「とても集中していた。金メダルをとる最高のチャンスだと考えていた。ウィンブルドンで素晴らしいプレーが出来ていたし、自分は出来ると思っていた。」と、コメントしている。

一方で敗れたシャラポワは、ゴールデンスラム達成と同時に世界ランク1位返り咲きのチャンスを手にする事が出来なかった。

「彼女は信じられないくらい自信に溢れていた。ウィンブルドンで優勝後、この大会でも彼女のプレーのレベルはとても高かった。試合ごとに彼女のプレーは良くなり、より強くボールを叩いていた。今日は風があったけど、それでも彼女のボールはパワフルだった。」とシャラポワ。

また「何とかして展開を変えることが出来たかも知れないけど、今日の彼女は強すぎた。」と脱帽した。

一方この日、準決勝でセリーナに敗れた第1シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)、シャラポワに敗れた第14シードのM・キリレンコ(ロシア)の、銅メダル獲得をかけた3位決定戦も行われた。

試合開始早々アザレンカは2ゲーム連取に成功、ゲームカウント2−0と好調な滑り出しをする。両者メダルへの執念を込めたショットの応酬が続き、第5ゲームでアザレンカはキリレンコにブレークバックを許し、ゲームカウント3−2。

その後互いにサービスキープを続け、第8ゲームでアザレンカはこの日2度目となるブレークに成功、続くサービスゲームをキープし、第1セットを6−3で先取する。

第2セットも激しいラリー戦が続く中、アザレンカは2度のブレークに成功しゲームカウント3−0とメダル獲得へリードを広げる。しかし、この一方的な試合展開になりそうな流れを第4ゲーム、第6ゲームとキリレンコにブレークされ3ゲーム連取を許し、ゲームカウント3−3。

勢いを失いかけたアザレンカだが、第7ゲームでこのセット3度目のブレークに成功、続く自らのサービスゲームをキープしゲームカウント5−3、銅メダル獲得に王手をかける。

そして第10ゲーム、アザレンカのサービング・フォー・ザ・マッチのゲームで、最後キリレンコはミスを犯し、1時間28分の試合が終わった。

銅メダルを獲得した女王アザレンカは「昨日の辛い敗戦の後で今日の試合があり、信じられない気分だった。全力を尽くした。体力的に難しいこともあったけど、自分が成し遂げたことを誇りに思います。とても嬉しい。」とコメント。

2008年北京オリンピックはロシア勢がメダルを独占した。その時、金メダルがE・デメンティエワ(ロシア)、銀メダルがD・サフィーナ(ロシア)、銅メダルがV・ズヴォナレーワ(ロシア)だった。

(2012年8月5日4時16分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月23日

全日本選手権 23日男女結果 (20時01分)

ダニエル太郎 世界104位へ浮上 (18時16分)

【告知】杉田vsシャポバロフ (17時39分)

シャポバロフ タグホイヤーと契約 (17時30分)

上杉海斗 全日本初の初戦突破 (15時32分)

WTA最終戦開幕 プリスコバ快勝 (12時54分)

錦織16位へ後退 世界ランキング (10時55分)

全日本選手権 男子予選結果 (8時46分)

喜び爆発 接戦制し今季2勝目 (8時15分)

ツォンガ 初Vで今季4勝目 (7時11分)

デルポV2で通算20勝目 (0時05分)

【1ポイント速報】デルポ決勝 (0時04分)

10月22日

清水悠太、重圧乗り越えV (20時52分)

全日本選手権 23日の日程一覧 (20時03分)

ズベレフらウィーン組み合わせ (18時15分)

ツアー初V 表彰式で母涙 (16時06分)

ダニエル太郎 今季2勝目ならず (15時38分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 決勝 (15時35分)

清水悠太 スーパーJrの頂点に (14時07分)

デルポ 激闘制し連覇へ王手 (12時18分)

フェデラーらスイス組み合わせ (10時48分)

金星の19歳 初の決勝ならず (9時58分)

逆転勝利で5年ぶりツアー決勝 (9時03分)

杉田 スイス初戦はシャポバロフ (7時08分)

10月21日

ダニエル太郎、決勝は元8位 (23時05分)

全日本選手権 21日予選結果 (21時55分)

全日本 女子組み合わせ発表 (21時14分)

清水悠太 スーパーJr決勝へ (20時35分)

ATP 綿貫陽介の特集動画公開 (18時26分)

佐藤久真莉 スーパーJr複V (17時59分)

全日本 男子組み合わせ発表 (17時04分)

田島尚輝 無念の途中棄権 (15時57分)

ダニエル太郎 CH決勝進出 (14時49分)

【1ポイント速報】ダニエル 準決勝 (14時36分)

錦織 初打ち、軽めの練習を公開 (13時33分)

金星 予選勝者が第1シード撃破 (9時05分)

ファイナルズ組み合わせ発表 (7時03分)

杉田 デルポに善戦も4強ならず (3時21分)

【1ポイント速報】杉田vsデルポ (3時19分)

10月20日

全日本選手権 20日予選結果 (22時32分)

佐藤久真莉、複で決勝進出 (21時08分)

清水/田島組 決勝進出ならず (20時37分)

ダニエル太郎、綿貫陽介破る (18時42分)

【1ポイント速報】ダニエルvs綿貫 (18時41分)

キリオス けがで今季終了へ (14時37分)

荒れ模様 第1シードも初戦敗退 (13時31分)

NB決勝大会進出者決まる (12時01分)

今季終了を報告「申し訳ない」 (11時00分)

惜敗マクラクラン組 4強ならず (10時34分)

杉田祐一、準々決勝はデルポ (7時25分)

鈴木貴男のTENNIS TALK第4弾 (7時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!