- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【現地レポート】シャラポワ、マイアミで4回目の決勝進出へ

 ソニーエリクソンオープン(アメリカ・マイアミ)女子準決勝で、第2シードのマリア・シャラポワ(WTAランキング2位)と第4シードのキャロライン・ウォズニアッキ(同6位)が、共に初タイトルを目指す決勝をかけて戦った。過去の対戦成績は、シャラポワの3勝2敗だ。

シャラポワが第1セット立ち上がりから攻勢に出て、ツーブレークで一気に4−1とするものの、第6ゲームで40−30からシャラポワがブレークを許すと流れが一気に変わった。

「数ゲームを落として、集中に欠けてしまった。」こうシャラポワが振り返ったように、第6ゲームから、ウォズニアッキが5ゲーム連取をして、6−4でセットを先取した。

「でも、再びステップアップできた。アグレッシブになれた」と言うシャラポワは、攻撃的なストロークを放って、第2セット序盤にツーブレークして4−0とし、試合の流れを引き戻した。このリードを保ったシャラポワは、第2セットを6−2で取り、セットオールとした。

「マリアは、背が高いし、リーチもある。それに重いボールを打って、ボールが短くなるとアタックしてくる」とウォズニアッキがこう嘆いたように、ファイナルセットに入っても、シャラポワの勢いが勝り、セット中盤でツーブレークして5−2とした。第8ゲームをウォズニアッキがブレークバックして意地を見せるものの、結局シャラポワが6−4で取って、2時間34分の激闘に終止符を打った。

「決勝に進めて、また初優勝を狙うチャンスが巡って来て嬉しい。少女時代に、このコートでプレーし、決勝の舞台に立つことをいつも夢見ていた」

 IMGアカデミー出身のシャラポワは、12歳頃に唯一観戦したのが、マイアミ大会だった。フロリダ・ブラデントンから、家族と一緒に車で4時間かけてマイアミを訪れ、マルセロ・リオスやエフゲニー・カフェルニコフやモニカ・セレスを観戦したという。

 シャラポワは、マイアミ大会で3回決勝進出(05、06、11年)を果たしているが、いずれも準優勝に終わっている。果たして、4度目の挑戦で、マリアの少女時代からの夢は叶うだろうか。

(文・写真/神 仁司)

(2012年3月30日19時33分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!