- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元世界5位のゴンサレスがプロ人生に幕◇ソニー・エリクソンOP男子

男子テニスツアーのマスターズ大会であるソニー・エリクソン・オープン男子(アメリカ/マイアミ、賞金総額397万3050ドル、ハード)は21日、シングルス1回戦16試合が行われ、今大会での引退を表明している元世界ランク5位のF・ゴンサレス(チリ)が、N・マウー(フランス)に5-7, 6-4, 6-7 (3-7)の接戦の末敗れ、13年のプロテニス人生に幕を閉じた。

31歳のゴンサレスは、今大会を最後に現役を引退することを表明しており、本戦には主催者推薦を受けてエントリーしていた。最初の2セットを分け合った両者は、第3セットではお互い譲らない展開となる。4−5からのゴンサレスのサーブでは3本のマッチポイントをマウーに握られるもそれを跳ね除けたゴンサレスが、そのセットをタイブレークへ持ち込んだ。

タイブレークでは序盤でミニブレークに成功したマウーが終始リードを奪い、6−3とリードした4度目のマッチポイントで、ゴンサレスが痛恨のダブルフォルトを犯してしまいゲームセット。同時にゴンサレスは自身のプロテニス人生に幕を閉じる結果となった。

「何度かマッチポイントをしのぎました。もう終わりかとも感じていましたが、試合を続ける事が出来ました。それでも大事なポイントでのニコラ(マウー)のプレーが上回っていたので、チャンスを生かす事が出来ませんでした。最後は少し疲れてしまいました。」

と語るゴンサレスは、男子プロテニス協会会長のブラッド・ドゥルウェット氏と、今大会主催者であるアダム・バレット氏から記念の額を受け取ると、場内にはビデオレターが放映された。それにはN・ダビデンコ(ロシア)R・ナダル(スペイン)R・フェデラー(スイス)A・マレー(英国)B・ブライアン(アメリカ)M・ブライアン(アメリカ)のブライアン兄弟、D・ナルバンディアン(アルゼンチン)らから、お別れのメッセージが贈られていた。

ゴンサレスは2007年の全豪オープン決勝戦でフェデラーに敗れたものの準優勝を飾り、直後に自己最高位の世界5位へと上り詰めた。加えてオリンピックでは2004年のアテネ大会でN・マス(チリ)と組んだダブルスで金メダルを、シングルスで銅メダルを獲得、2008年の北京大会ではシングルスで銀メダル獲得と、全ての色のメダルを獲得していた。

「最後のビデオは、友人からの素晴らしい贈り物でした。何度も対戦した選手達ですが、試合が終わると良き友人でした。本当に良い関係を築いていたのです。会場の雰囲気も最高です。祖国のチリからは遠いけれど、国旗も見えますし、家族も観戦してくれました。たくさんの友達もいますし、この瞬間を本当に楽しむ事が出来ました。」と、感慨深げに語りコートを去った。

マウーは2回戦で第7シードのT・ベルディフ(チェコ共和国)と対戦する。今大会、シード選手32名は1回戦が免除されているため、2回戦からの登場。

その他の試合では、N・ダビデンコがJ・ブレークを4-6, 6-4, 6-4の逆転で下し元トップ5対決を制したほか、L・ラコ(スロバキア)R・スウィーティング(アメリカ)を6-4, 6-4のストレートで下した。ラコは2回戦で第16シードの錦織圭(日本)との対戦となる。

現在世界ランク40位で30歳のダビデンコは、同69位で32歳のブレークに第1セットでは3度のブレークを許しそのセットを失ってしまう。しかしその後、第2セットでは1度、第3セットでも2度のブレークに成功したダビデンコが1時間59分の逆転で初戦突破を果たした。

2008年の今大会のチャンピオンで元世界ランク3位のダビデンコは2010年に怪我から数ヶ月のツアー離脱を余儀なくされ、ランキングを落としていた。元世界ランク4位のブレークも2010年には右膝の怪我から思うようにツアーを回れなかったが、昨年は173位から59位へと一気にランキングを戻していた。ダビデンコは、先週のインディアンウェルズ大会で準優勝を飾った、第10シードのJ・アイズナー(アメリカ)と2回戦で対戦する。

ラコは第1セットでは1度もブレークをスウィーティングに許さず、スウィーティングのサーブを1度ブレークし、そのセットを先取する。第2セットでは、1度スウィーティングにブレークを許すも、2度のブレークを奪い返し1時間23分のストレートで勝利を飾り、2回戦で日本のエースである錦織と対戦する。

その他の試合結果は以下の通り。

A・クレマン(フランス) ○-× D・セラ(イスラエル), 6-3, 6-3
A・ベイチ(クロアチア) ○-× D・クドラ(アメリカ), 2-6, 6-2, 6-1
T・ハース(ドイツ) ○-× G・ルファン(フランス), 6-4, 6-4
X・マリス(ベルギー) ○-× E・ロジェ=ヴァセラン(フランス), 7-6 (7-3), 6-3
R・バウティスタ-アグ ○-× A・セッピ(イタリア), 6-3, 1-6, 6-3
R・ハース(オランダ) ○-× M・マトセビッチ(オーストラリア), 6-3, 6-4
I・ドディグ(クロアチア) ○-× T・カンケ, 6-0, 2-6, 7-6 (7-5)
F・ジル(ポルトガル) ○-× T・ベルッチ(ブラジル), 6-3, 6-4
G・ディミトロフ(ブルガリア) ○-× M・ククシュキン(カザフスタン), 6-2, 6-2
A・ファリャ(コロンビア) ○-× D・イストミン(ウズベキスタン), 6-1, 2-1, 途中棄権
S・ヒラルド(コロンビア) ○-× P・アンジャー, 6-3, 6-2
L・ロソル(チェコ共和国) ○-× M・ロドラ(フランス), 6-4, 7-6 (8-6)
D・ナルバンディアン ○-× S・ダルシス(ベルギー), 6-4, 7-6 (7-0)

今大会の優勝賞金は65万9775ドル。

(2012年3月22日15時09分)

その他のニュース

10月23日

チチパス初戦突破「楽しめた」 (14時29分)

WTAもう1つの最終戦が開幕 (12時21分)

23歳チョン ラオニッチ破る (11時38分)

ティーム ツォンガ破り2回戦へ (9時15分)

ズベレフ撃破「気分良い」 (8時25分)

10月22日

錦織8位 日本勢の世界ランク (16時36分)

最終戦ランク 錦織は今季終了 (15時12分)

ディミトロフ 勝利数300達成 (13時56分)

デ杯 日本代表メンバー発表 (11時17分)

フェデラー わずか52分で勝利 (10時50分)

錦織 右ひじ手術で今季終了へ (10時27分)

10月21日

今季初V 昨年覇者に快勝 (21時25分)

今季2勝目「重圧なかった」 (20時50分)

青山/ 柴原組 2週連続V (18時58分)

西岡 バーゼル本戦入りならず (17時49分)

ナダル 故郷マヨルカで結婚式 (17時00分)

ルブレフ 誕生日に地元でV (15時39分)

ティーム 初戦ツォンガと激突 (14時32分)

バイン氏 今季で関係解消へ (13時10分)

大坂3位 21日付の世界ランク (11時22分)

錦織 世界ランク8位へ浮上 (9時31分)

マレー復活「最大の勝利」 (8時40分)

20歳シャポバロフ 悲願の初V (7時30分)

元王者マレー復帰後ツアー初V (1時49分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (1時41分)

10月20日

内山靖崇 寧波チャレンジャーV (17時56分)

杉田祐一 敗退も4強に手応え (17時39分)

10代ペアが今季2勝目 (14時52分)

ワウリンカ「自信ついた」 (14時52分)

杉田を撃破「大変だった」 (11時47分)

マレー ワウリンカとの決勝へ (11時42分)

WTA最終戦 最後の1人確定 (11時39分)

ルブレフ「とてつもなく幸せ」 (11時34分)

マレー決勝へ 復帰後初V王手 (2時37分)

杉田祐一 決勝進出ならず (2時01分)

【1ポイント速報】杉田vsシャポバロフ (1時58分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!