- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織がツォンガに勝利 日本男子初のベスト8◇全豪オープン

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会8日目の23日、男子シングルス4回戦が行われ、第24シードの錦織圭(日本)が第6シードのJW・ツォンガ(フランス)に2-6, 6-2, 6-1, 3-6, 6-3のフルセットで勝利、自身初となるグランドスラム8強入りを果たした。

錦織のサーブで始まったこの試合、オープニングゲームで40−0とゲームポイントを握った錦織であったが、ここから5ポイントを連続で落としてしまい、いきなりツォンガがブレークに成功する。その後は両者ともにサービスキープが続く展開となるが、第7ゲームで再びツォンガがブレークに成功すると、第8ゲームを4度のデュースの末にキープ、ツォンガが第1セットを先取する。

第2セットのオープニングゲームをキープした錦織は、続く第2ゲームで30−40とブレークチャンスを掴む。ここはツォンガがサービスエースで切り抜けるが、サーブのバウンドがおかしいことに気付いた錦織は、主審にコートのチェックを要求する。コートの状態の確認するために試合は10分ほど中断する。再開後、再び錦織がブレークポイントを握ると、最後はツォンガが痛恨のダブルフォルトを犯す。

第4ゲームもブレークに成功して4−0とリードを奪った錦織は、第5ゲームでツォンガにブレークバックを許したものの、第8ゲームでこのセット3度目のブレークに成功、1セットオールに追いつく。

第3セットに入っても勢いの衰えない錦織は、1−1となった第3ゲームから一気に5ゲームを連取。日本語の声援を味方につけセットカウント2−1と、世界ランク6位のツォンガからリードを奪う。

そして第4セット、気温30度を超える暑さの中で2時間近く試合をしてきた両者、コート上は気温以上に暑くなっており、体力的にも厳しい時間帯ながらも、ツォンガが果敢なネットプレーで試合の流れを変え第4ゲームでブレークに成功する。何とかブレークバックを試みる錦織であったが、ツォンガの積極的なプレーの前に4本あったブレークチャンスを生かすことができず、試合はファイナルセットに突入する。

お互いに2セットずつを分け合い突入したファイナルセット、第4ゲームでブレークに成功した錦織は第7ゲームであった2本のブレークピンチを切り抜ける。サービング・フォー・ザ・マッチとなった第9ゲーム、この日初めてのサービスエースで40−0と3本のマッチポイントを引き寄せた錦織は、2本目でバックハンドのウィナーを決め、3時間30分の熱戦に終止符を打った。

今大会で日本男子選手がベスト8に進出するのはオープン化以降初の快挙。グランドスラムでは、1995年のウィンブルドンでの松岡修造(日本)以来となる。

この日の試合には、錦織とのペアでミックスダブルスに出場しているクルム伊達公子(日本)も観客席におり、錦織の試合を見守っていた。

試合後のオンコートインタビューで錦織は「信じられません。簡単なコンディションではありませんでした。彼も良いプレーをしていましたし、1ポイントずつ集中していました。」と、笑顔で答えていた。

日本男子として史上初となる全豪ベスト8進出となった錦織は、第4シードのA・マレー(英国)と準決勝で対戦する。マレーはこの日、M・ククシュキン(カザフスタン)に6-1, 6-1, 1-0とリードしたところでククシュキンが棄権、ベスト8入りを決めている。

(2012年1月23日15時42分)

その他のニュース

9月23日

フェデラーら 勝利の喜び語る (14時46分)

ツォンガ 激闘制し4度目V (12時44分)

好調メドヴェデフ 今季3勝目 (12時14分)

大坂4位 23日付世界ランク (9時04分)

錦織 世界ランク8位、23日付 (8時37分)

フェデラーら欧州チームV3 (4時30分)

9月22日

ナダル 炎症でレーバー杯棄権 (19時26分)

大坂V「何か運命のよう」 (16時37分)

大坂 大阪の思い出は「肉まん」 (15時57分)

メドヴェデフ 熱戦制し決勝へ (15時27分)

大坂に完敗「素晴らしい」 (15時05分)

大坂なおみ「大阪Vは格別」 (14時04分)

大坂なおみ 東レPPO初優勝 (13時21分)

【1ポイント速報】大坂vsパブリュチェンコワ (12時02分)

フェデラーとナダルが勝利 (8時48分)

9月21日

フェデラー/ズベレフが勝利 (20時56分)

大坂「錦織が日本テニス牽引」 (19時02分)

土居/ 日比野組 決勝進出逃す (19時01分)

大坂「落ち着いて試合できた」 (17時19分)

大坂なおみ 3度目の決勝進出 (16時57分)

土居美咲 完敗で4強ならず (15時32分)

プイユ ツォンガとの同胞対決へ (15時08分)

【1ポイント速報】大坂vsメルテンス (14時20分)

【1ポイント速報】土居vsパブリュチェンコワ (14時09分)

大坂なおみ4強 天敵に初勝利 (13時58分)

【1ポイント速報】大坂vsプチンセワ (12時03分)

錦織 楽天OPなど欠場を発表 (7時45分)

9月20日

大坂 準々決勝は翌日へ順延 (20時12分)

イズナーらレーバー杯意気込み (17時42分)

快勝ツォンガ 4年ぶりの8強へ (16時57分)

ハチャノフ破り8強「幸せ」 (14時13分)

メドヴェデフ 快勝で8強入り (12時18分)

第1シードのゴファン 初戦敗退 (11時19分)

錦織 MLBカブス戦で始球式 (11時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!