- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織は逆転勝利で2回戦に進出◇マレーシア・オープン

男子テニスツアーのマレーシア・オープン(マレーシア/クアラルンプール、賞金総額85万ドル、カーペット)は火曜日、シングルス1回戦7試合が行われ、第8シードの錦織圭(日本)が予選を勝ち上がったT・ガバシュビリ(ロシア)を3-6, 6-4, 6-1の逆転で下し、初戦突破を果たした。

第1セットの第3ゲームでガバシュビリに先にブレークを許した錦織は、続くゲームでブレークバックに成功し2−2とした。しかし両者サービスをキープした3−3から、錦織は2度のブレークをガバシュビリに奪われ、第1セットを奪われてしまう。

第2セットでも1度ブレークを奪われた錦織だったが、徐々に本来の調子を取り戻し、2度のブレークをガバシュビリから奪い返し、試合はファイナルセットへともつれ込んだ。

第2セットを奪った錦織は勢いに乗ると、第3セットでは4ゲームを連取するなど主導権を握った。第6ゲームでは3度のブレークポイントをガバシュビリに握られたが、そのピンチを切り抜け一気に5−1とリードすると、続くガバシュビリのサービスゲームでもガバシュビリを圧倒、2時間11分で勝利した。

準々決勝進出を懸けて錦織は、M・ズベレフ(ドイツ)との同胞対決を7-5, 6-3のストレートで制したP・ペッツシュナー(ドイツ)と2回戦で対戦する。

ペッツシュナーは第1セットは先に2度のブレークを奪い4−0とリードを広げたものの、ズベレフの反撃に合い追い付かれてしまう。しかし終盤で3度目のブレークをズベレフから奪うと、第1セットを接戦の末制して先取した。第2セットでペッツチュナーは、1度もブレークポイントを与えず、ズベレフから2度のブレークに成功し72分で勝利を決めた。

「スタートはとても良いプレーができた。5−0とリード出来るブレークポイント握ったもののそれを取り切れなかった。4−2からの第7ゲームでは酷いプレーをしてしまい、接戦に持ち込まれてしまった。しかし第1セットの終盤ではまたレベルを上げることができ、それを第2セットも維持することができた。初戦突破ができ、嬉しく思う。ヨーロッパ人選手は時差ボケに悩まされている選手も多いけど、今日の自分のプレーには満足している。」とペッツシュナーは試合を振り返っていた。

その他この日に登場したシード選手は第5シードのN・ダビデンコ(ロシア)で、アメリカ期待の若手であるR・ハリソン(アメリカ)を6-3, 6-2のストレートで退けて2回戦進出を決めた。

「序盤は長いラリーを制することが出来ました。4−0とリードしたところで疲れを感じ始め、それまでのレベルを維持することが出来ませんでした。足が重くなり、次の自分のサーブをあっさりブレークされてしまったのです。」と2009年の今大会チャンピオンのダビデンコは、試合中の気持ちを語った。

加えて「ありとあらゆることを行って、何とか勝利が出来ました。どんなプレーをしても構わないのです。ただ勝つことが必要でした。ここのコートやボールは遅いので、ウィナーを奪うのは難しく、スコア以上にタフな試合でした。」と、勝利へのこだわりを語っていた。

ダビデンコは2回戦でL・クボット(ポーランド)と対戦する。クボットはこの日、L・ロソル(チェコ共和国)を6-3, 6-3のストレートで下しての勝ち上がり。

その他の試合では、S・デウバーマン(インド)が予選を勝ち上がったM・レドフスキー(ロシア)を7-6 (7-5), 6-4で倒し、8月初旬に行われたワシントン大会以来となるATPツアーでの勝利を飾った。

世界ランク89位のデウバーマンは、同309位のレドフスキーに第1セットは5本のサービスエースを決められるなど、接戦を強いられた。このセットは両者1度ずつブレークを奪い合った後、タイブレークへともつれたが、地力に勝るデウバーマンがそのタイブレークを制して第1セットを奪った。

第2セットでは逆に4本のサービスエースを記録したデウバーマンは、レドフスキーに1度もブレークポイントさえ握らせないプレーを見せ、逆にレドフスキーから1度ブレークを奪い、そのまま勝利を手中に収めた。

「彼は、予選では質の高いプレーをして勝ち上がって来ていたので、そんな彼から勝利を奪えて嬉しく思う。まだ肩の調子が100%ではないが、ここへ来てチャンスを掴めたらと思っている。とても腕の良いATPからのトレーナーがいるお陰で、試合中は痛みもなく戦い抜くことが出来たことには、嬉しい気持ちで一杯です。」

そう語るデウバーマンは、2回戦ではM・バグダティス(キプロス)と顔を合わせる。バグダティスとは8月のワシントン大会の2回戦でも対戦しており、その時はバグダティスが勝利していた。デウバーマンは今回はそのリベンジに燃える。

その他の試合では、予選勝者のR・デフェスト(南アフリカ)R・スウィーティング(アメリカ)を4-6, 6-3, 6-3の逆転で下し、A・ラモス(スペイン)M・ククシュキン(カザフスタン)と対戦中、4-6, 6-3, 4-2とリードしたところで、ククシュキンが腹痛を訴え途中棄権を申し入れて勝利が転がり込んだ。

デフェストは第4シードのJ・メルツァー(オーストリア)と、ラモスは第1シードのN・アルマグロ(スペイン)と2回戦で戦う。

今大会は上位シード4選手が1回戦を免除されており2回戦から登場。第1シードがアルマグロ、第2シードがV・トロイキ(セルビア)、第3シードがJ・ティプサレビッチ(セルビア)、第4シードがメルツァーと続く。

今大会の優勝賞金は15万5000ドル。

(2011年9月28日10時16分)

その他のニュース

8月20日

フェデラーら全米会場で練習 (14時55分)

錦織 最終戦ランクは8位 (11時19分)

清水綾乃 全米OP予選2回戦へ (11時15分)

杉田ら全米OP予選2回戦へ (8時51分)

8月19日

インカレ 今村と山尾が決勝へ (21時56分)

インカレ 佐藤南帆が単複決勝へ (21時34分)

メドヴェデフ 初のトップ5へ (19時16分)

錦織7位 西岡は59位へ浮上 (16時45分)

西岡59位へ 自己最高目前 (15時21分)

テニス365とウインザーが提携 (15時13分)

キーズV トップ10返り咲き (14時46分)

大坂1位 全米は第1シード (13時29分)

メドヴェデフ「最高の1週間」 (12時01分)

錦織 世界ランク7位へ後退 (11時13分)

メドヴェデフ マスターズ初V (7時29分)

8月18日

インカレ男子 単複4強が出揃う (21時04分)

インカレ女子 単複4強が出揃う (20時48分)

ジョコ脱帽「世界のトップ」 (17時35分)

メドヴェデフ 3週連続決勝へ (16時05分)

全日本Jr 男子は藤原智也がV (16時00分)

全日本Jr女子、山口瑞希がV (15時17分)

ゴファン マスターズ初の決勝へ (14時22分)

インカレ 準決勝からライブ配信 (14時21分)

マレー 2週連続で単に臨む (13時48分)

錦織 練習再開、全米へ向け調整 (11時40分)

ジョコ逆転負けで2連覇ならず (9時01分)

大坂なおみ 世界1位キープ確定 (1時17分)

8月17日

羽澤慎治や小林雅哉が敗退 (23時11分)

佐藤南帆ら単8強出揃う (23時10分)

全日本Jr 17日女子結果一覧 (21時08分)

全日本Jr男子 17日結果一覧 (20時42分)

メドヴェデフ 7位以上が確定 (18時02分)

大坂から世界1位奪取王手 (15時16分)

西岡棄権「点滴2リットル」 (11時56分)

ジョコビッチ 7度目4強入り (11時41分)

大坂なおみ「全米OP心配」 (8時52分)

けがから復活 ガスケ4強へ (8時26分)

大坂なおみ途中棄権 4強逃す (6時27分)

【1ポイント速報】大坂vsケニン (6時25分)

西岡良仁、体調不良で棄権 (4時30分)

【中止】西岡vsゴファン (4時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!