- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クルム伊達は快勝で2回戦へ◇チャイナ・オープン

女子テニスツアーのチャイナ・オープン(中国/北京、賞金総額450万ドル、ハード)は大会初日の2日、シングルス1回戦8試合が行われ、クルム伊達公子(日本)A・メディーナ=ガリゲス(スペイン)に6-0, 6-4で快勝、2回戦に駒を進めた。

東京で行われていた東レPPOではM・シャラポワ(ロシア)D・ハンチュコバ(スロバキア)ら強豪を下し3回戦に進出していた40歳のクルム伊達は、世界ランク63位のメディーナ=ガリゲスから9ゲームを連取し一気に第1セットを先取すると、第2セットは3−3まで追いつかれながらも終盤で振り切った。

「私は挑戦が好きです。みんなが私のモチベーションについて質問してきますが、私はテニスを楽しみ、ツアーで旅することをエンジョイしているだけです。」とクルム伊達。「私は40歳でほとんどの選手が半分くらいの歳です。年齢のことは良く聞かれますが、今年は世界ランク50位か60位くらいまで上がり、グランドスラムの本戦に出場できます。とても楽しいですし、あと1年か2年くらいは頑張ろうと思います。」

韓国オープンでベスト8、東レPPOで3回戦進出と好調を維持しているクルム伊達は、2回戦で第7シードのE・デメンティエワ(ロシア)と対戦する。クルム伊達とデメンティエワはUSオープンの前哨戦でも対戦しており、その時はフルセットの接戦でクルム伊達が敗れていた。

その時の試合を振り返ったクルム伊達は「USオープンの数週間前に対戦して、私が第1セットを取りました。第2セットでも2−0とリードしていましたが、ミスをしてしまい、大事なポイントでダブルフォルトをしてしまいました。彼女と初めての対戦でしたし、最初は彼女も混乱していたと思います。今回は彼女も序盤から適応していくるでしょうし、戦術が大切になって来るでしょう。ベストを尽くします。」と、意気込みを語った。

2008年の今大会覇者である第3シードのJ・ヤンコビッチ(セルビア)は、K・ザコパロバ(チェコ共和国)を7-5, 7-5のストレートで下し、順当に2回戦進出を決めた。

1時間34分で勝利したヤンコビッチは「トーナメントの初戦はいつもタフですし、ベストのプレーで出来るかわかりません。だけど、何とか踏ん張って、出来るだけ多く返球するようにプレーしました。」と試合を振り返った。

この他の試合の結果は以下の通り。

A・ボンダレンコ(ウクライナ) ○-× Y・チョウ, 6-2, 6-0
O・ゴヴォルツォバ(ベラルーシ) ○-× MJ・マルチネス=サンチェス(スペイン), 6-3, 6-2
A・ペトコビッチ(ドイツ) ○-× L・サファロバ(チェコ共和国), 6-2, 6-3
E・ヴェスニナ(ロシア) ○-× A・サバイ(ハンガリー), 7-6 (7-4), 1-6, 6-3
T・バシンスキー(スイス) ○-× J・ジョルジュ(ドイツ), 3-6, 6-4, 7-6 (7-4)
P・シュニーダー(スイス) ○-× Y・シュウェドワ(カザフスタン), 6-1, 6-4

今大会の優勝賞金は77万5500ドル。

(2010年10月3日13時00分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!