- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クルム伊達が快勝で2回戦へ◇BNPパリバ・オープン女子

女子テニスツアーのBNPパリバ・オープン女子(アメリカ/インディアンウェルズ、賞金総額450万ドル、ハード)は10日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク62位のクルム伊達公子(日本)が同46位のM・シンク(ハンガリー)を6-2, 6-2と、わずか64分の快勝で初戦突破を決めた。

この日、試合を通して自身のサービスゲームでは高い確率でポイントを獲得したクルム伊達は、得意のリターンでシンクを苦しめた。

第1セットは1度もブレークを許さず、逆にシンクから2度のブレークを奪い終始試合をコントロールしたクルム伊達。第2セットに入り、第2ゲームでブレークを奪ったが、続く第3ゲームでこの日唯一のブレークを許すも、その後も2度のブレークに成功しシンクを圧倒した。

先月行われたフェドカップに1996年以来となる日本代表として出場したクルム伊達は、アジア・オセアニア・ゾーン、グループ1のリーグ戦のシングルス全てで勝ち星をあげ日本の勝利に貢献したが、最後の試合で左足首を捻挫。その後出場したパタヤ・オープン1回戦を途中棄権し、それ以降は治療とリハビリに専念して今大会へ臨み、この日の勝利を獲得した。

2回戦でクルム伊達は第15シードのF・スキアボーネ(イタリア)と対戦する。今大会はシード選手32名全員が1回戦を免除されているため、2回戦からの登場となる。

その他の試合では、元世界ランク1位のJ・エナン(ベルギー)がセンターコートに登場。M・リバリコワ(スロバキア)を6-2, 6-2と実力の差を見せ付けて2回戦へ駒を進めた。2008年5月に、世界1位のまま突然の引退を表明したエナンは、今シーズン開幕からツアー復帰。復帰戦のブリスベン国際で準優勝、その後の全豪オープンでも準優勝と、かつてのプレーは健在だった。

2004年のチャンピオンであるエナンは「とても気分が良いわ。この大会はとても好きな大会なの。約1ヶ月試合から離れていたから、今日のプレーには満足している。もちろん完璧ではなかったけど、良いリズムだったし、ネットにも積極的に出られたから、気持ち良くプレーができた。」と試合を振り返った。

「もっと試合が必要ね。オーストラリアでは自分がやっていけると証明できたわ。ある程度のレベルにはそれほどの試合はいらないとも感じたの。でも、まだ足りない。全仏オープンやウィンブルドンの頃までには、ベストの状態にして行きたい。試合に慣れることはそんなに簡単なことじゃないし、もっと試合に勝って自信を付ける必要があるの。精神的にも肉体的にもね。」と、今後の試合にも高いモチベーションを持っていた。

大会出場数が足りないため、未だにランキングを持たないエナンは、主催者推薦で出場権を獲得しており、世界ランク53位のリバリコワを68分で一蹴して初戦突破を決めた。2回戦では第31シードのG・ドゥルコ(アルゼンチン)と対戦する。

その他の試合結果は以下の通り。

T・タナスガーン(タイ) ○-× E・ガロビッツ(ルーマニア), 6-2, 6-3
E・バルタチャ(英国) ○-× A・グラッチ(アメリカ), 6-3, 6-7 (3-7), 6-4
A・モリック(オーストラリア) ○-× T・マレック(ドイツ), 6-1, 6-3
V・キング(アメリカ) ○-× C・マクヘイル, 7-5, 6-3
J・クレイバス(アメリカ) ○-× E・ダニリドー(ギリシア), 6-0, 7-5
P・シュニーダー(スイス) ○-× T・ガルビン(イタリア), 6-1, 6-2
S・ポン(中国) ○-× E・マカロバ(ロシア), 6-1, 2-6, 6-4
V・ドゥシェヴィナ(ロシア) ○-× J・ドキッチ(オーストラリア), 6-0, 6-3
S・シルステア(ルーマニア) ○-× K・カネピ(エストニア), 6-7 (1-7), 6-3, 6-4
O・ゴヴォルツォバ(ベラルーシ) ○-× I・ベネソバ(チェコ共和国), 6-0, 4-6, 7-6 (10-8)
V・ラッツァーノ(フランス) ○-× K・バロア(ドイツ), 6-3, 6-4
K・フリッペンス(ベルギー) ○-× T・バシンスキー(スイス), 7-6 (7-4), 6-7 (5-7), 6-1
P・エルコグ(スロベニア) ○-× I・オラル(ルーマニア), 7-5, 6-4
A・チャクエタゼ(ロシア) ○-× A・ケタボング(英国), 2-6, 6-3, 6-1

今大会の優勝賞金は70万ドル。

(2010年3月11日14時32分)
その他のニュース

1月21日

ダニエル太郎 隔離現状を報告 (11時29分)

西岡、内山ら コートで練習再開 (9時30分)

ジョコ 全豪OPへ「感謝」 (9時04分)

1月20日

ナダル 12年ぶり出場「楽しみ」 (16時00分)

ヨネックス 新シューズ発売 (14時34分)

ティアフォー コロナ影響語る (13時22分)

大会への不満動画流出を釈明 (11時04分)

メド 昨季序盤の不調理由明かす (9時12分)

大坂 THのアンバサダー就任 (7時26分)

1月19日

アザレンカ 選手に向け声明 (18時17分)

故マラドーナ氏の教え明かす (16時36分)

躍進後の変化「慣れるしか」 (15時05分)

全豪欠場へ「5セットは危険」 (13時55分)

内山「72時間缶詰め」から外出 (11時48分)

父の母国へ支援「基本のこと」 (9時24分)

錦織、隔離措置の現状を報告 (7時52分)

1月18日

YouTube 内山70時間以上も缶詰め状態 (21時46分)

ナダル 歴代初の800週を更新 (16時30分)

錦織41位、西岡56位キープ (15時41分)

フェデラーの会社と契約解消へ (14時38分)

大坂3位 サバレンカ自己最高位へ (13時46分)

錦織41位 18日付世界ランク (12時00分)

ジョコ 全豪OP強さの秘訣とは (11時00分)

全豪OP 完全隔離選手が72名に (10時06分)

ダニエル太郎 搭乗者陽性で隔離 (8時12分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!