- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

18歳も脱帽、クルム伊達のチャレンジ

2日かかりで行われた1996年の準決勝では、当時世界ランク1位で第1シードのS・グラフ(ドイツ)を追い詰めながら日没により中断を余儀なくされ、惜しくも敗退したクルム伊達公子(日本)は、実に13年ぶりにテニスの聖地に足を踏み入れた。

1回戦の対戦相手は、伸び盛りの18歳で世界ランク9位のC・ウォズニアキ(デンマーク)。何と、クルム伊達が最初にこのコートに立ったのは、ウォズニアキが生まれる前の1989年で、それから20年後に両者が対戦しているなど、誰が想像できただろうか。

試合は、出だしこそ0-2とリードされるが、そこから13年前を彷彿させるプレーで18歳に引けを取らないテニスを見せ始めた。未だ衰えを知らないライジングショットで、早い展開から年齢の壁を感じさせないほどウォズニアキを振り回し、ストローク戦では優位に立ち第1セットを7-5で先取に成功した。

第2セットも勢いそのままにいきなりウォズニアキから2度のブレークを奪い3-1とリードしたが、そこからウォズニアキの力強いストロークに押され始め、5ゲームを連取され逆転で第2セットを落とす。第3セット1-2のところでトレーナーから治療を受けたクルム伊達だったが、下半身のあちこちに痙攣が始まると、動きに精彩を欠き一気にウォズニアキが試合を手中に収めた。

しかし、観客を魅了する早い展開のテニスを披露したクルム伊達に対して、ウォズニアキは印象を語った。

「どんなことをして来るかは分かっていたし、以前も芝では良いプレーをしていたのも知っていたわ。でも、彼女のテニスは自分が慣れ親しんだものとは違うものだったの。とてもフラットにボールを打つから、返球にはボールへしっかり入らないとならなかった。ボールが短いとすぐに先手を取られてしまったし、ネットへつめて上手いテニスを展開していた。」

12年以上のブランクを乗り越え、再びプロツアーへチャレンジしているクルム伊達が、なお対等に戦えるだけの質の高いテニスをしていることに対して、ウォズニアキも脱帽の様子だった。

「今になって復帰を決意して、未だにこのレベルでプレーできているなんて、本当に驚きとしか言えないわ。とても良いことだと思うし、彼女の体はとっても引き締まっていたの。本当に脱帽だわ。」

と語りながらも、2006年のウィンブルドン・ジュニアチャンピオンのウォズニアキは、上位進出を目指しすでに2回戦へ目を向けていた。

(2009年6月24日8時11分)
その他のニュース

10月14日

フェデラー、イズナーに勝利 (20時48分)

錦織とフェデラーが登場 (16時56分)

錦織 世界ランク9位へ後退 (15時00分)

スイトリナ 最終戦出場が確定 (14時50分)

マレー ヨーロピアンOP出場へ (14時26分)

杉田 ストックホルム本戦王手 (12時51分)

ズベレフ「彼は今、世界最高」 (10時54分)

大坂3位 10/14付の世界ランク (8時55分)

ガウフ初V「信じられない」 (7時23分)

10月13日

メドヴェデフ マスターズ2勝目 (23時17分)

メドヴェデフ 上海マスターズV (18時59分)

【1ポイント速報】メドヴェデフvsズベレフ (18時55分)

鉄人メドヴェデフ 次週も出場へ (15時31分)

ダルシスが引退計画を発表 (14時43分)

決勝へ「勢いを維持したい」 (13時30分)

快勝の15歳ガウフ 初Vに王手 (12時23分)

西岡良仁、初戦はアルボット (10時48分)

ズベレフ決勝へ「良い感じ」 (8時44分)

チチパス敗退「いい感触だった」 (7時04分)

10月12日

ズベレフ 上海マスターズ決勝へ (22時26分)

【1ポイント速報】準決勝2試合 (22時10分)

メドヴェデフ 6大会連続決勝へ (19時25分)

ケルバーとシャラポワが欠場 (16時00分)

15歳ガウフ、ベルテンス破り4強 (14時34分)

日比野/加藤組が決勝へ進出 (12時56分)

ティーム破りATP1000初4強 (11時29分)

4強へ「前だけを見ている」 (9時59分)

ジョコ撃破「難しかった」 (8時31分)

ジョコ「勝者にふさわしい」 (7時12分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!