- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「B・ベッカーって誰?」 アガシの相手は「ベンジャミン・ベッカー」

(アメリカ、ニューヨーク州フラッシング)

B・ベッカー(ドイツ)って誰?」もちろん往年の名テニスプレーヤー、ボリス・ベッカーのことではなく、3回戦でA・アガシ(アメリカ)が対戦する「B・ベッカー(ドイツ)」のことである。UAオープン大会公式ガイドにも殆ど情報は記載されていない。

謎の多い「B・ベッカー」の正体だが、名前はベンジャミン・ベッカー。ドイツ出身の25歳で、現在世界ランキングは112位。世界的には殆ど無名に近く今大会も予選から勝ち上がってきた。しかし侮ること無かれ、このベッカーという選手はアガシにとってもっとも危険な相手となる可能性がある。ベッカーはATPに登録されている選手の中でこの一年もっとも急速にランキングを上昇させたプレーヤーの一人で、1年前の世界ランキングは1400位。わずか12ヶ月足らずで実に1100位近くランキングを上昇させたことになる。そんなベッカーが今日まで無名だったのには理由がある。

R・ナダル(スペイン)G・モンフィス(フランス)がそうだったように有望なジュニア選手であれば、そのままプロに転向するのが常識だが、ベッカーはジュニア時代これといった実績を残すことが出来ず、プロではなく大学進学を選択した(専攻はファイナンス)。しかしその選択がベッカーにとっては正しかった。学業とテニスを両立させながら、ベッカーは徐々に隠れていたテニスの才能を開花させていったのだ。そして2004年、ベッカーは全米大学チャンピオンに輝いた。

世界中が注目する中、当のベッカーは、「夢がかなったって感じさ。僕は彼(アガシ)を見て育ったんだ。彼は僕のアイドルで、今回対戦できることは、僕にとって凄いチャンスなんだ。ただ大学時代に200人くらいの前でプレーしたことはあるけれど、さすがに20000人の前でプレーするのは初めてだから、どんな感じになるのか想像もつかないよ。」と屈託がない。

ベッカーのコーチを務めるベナビレス氏は、「これはシンデレラ・ストーリーなんだよ。彼(ベッカー)は誰からも注目されること無く、ついこの前まではフューチャー・レベルの試合に出れるかどうかってところにいたのに、今は100位内に入れるところまで来た。彼のような選手はテニス界にはなかなかいないと思うよ。彼はしっかりとテニスと学業を両立させ、社会の現実というのを実際に経験してきたんだ。精神的にも成熟していて大人なんだ。」とベッカーについて話す。

25歳の新人が、英雄アガシにどんな戦いを挑むのか注目が集まる。

(2006年9月2日22時37分)
その他のニュース

7月16日

日比野菜緒 ホノルルでV (19時35分)

錦織20位 日本勢世界ランク (17時02分)

ジョコ TOP10返り咲き (15時32分)

Vジョコ「長い道のりだった」 (14時03分)

錦織 世界ランク20位へ浮上 (12時01分)

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

7月15日

ナダル ジョコ称賛「史上最高」 (16時49分)

産後10カ月で準Vに手応え (16時02分)

添田豪 CH決勝進出ならず (15時46分)

ペア2大会目でグランドスラムV (13時59分)

錦織「充電」後はワシントンへ (11時04分)

涙ケルバー、セリーナを称賛 (10時27分)

ジョコ ナダルは「ファイター」 (7時27分)

田島組「悔しい」 決勝ならず (4時36分)

ケルバー、セリーナ破り初V (1時21分)

【1ポイント速報】セリーナvsケルバー (1時19分)

7月14日

ジョコ 死闘制し決勝進出 (23時34分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (23時28分)

97年ぶり快挙「意味がある」 (17時00分)

ワウリンカ WCで出場へ (16時41分)

上地 シングルス決勝進出ならず (13時59分)

6時間半制すも長時間に苦言 (11時02分)

史上2番目 6時間36分の死闘 (10時16分)

歴代最多タイ王手のセリーナ (10時01分)

ジョコ ナダルにリードで順延 (7時28分)

田島組4強「緊張しました」 (6時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (6時47分)

97年ぶり快挙 死闘制し決勝へ (3時51分)

7月13日

フェデラーのユニクロ予約販売 (20時31分)

錦織「リベンジしたい」と綴る (17時00分)

「悔しい」と内藤/ 佐藤組 (15時00分)

劇的勝利 3時間激闘制し決勝へ (14時00分)

HEAD 新SPEED世界先行発売 (12時49分)

錦織8強当たり前と満足せず (11時00分)

王者 国枝まさかの初戦敗退 (10時00分)

ナダル、フェデラー気遣う (6時19分)

田島尚輝、複第1シード破る (2時35分)

セリーナ 決勝進出でV王手 (0時09分)

【1ポイント速報】女子準決勝 (0時07分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!