- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ヒンギス優勝 ダブルスは杉山組が優勝◇イタリア国際

(イタリア、ローマ)

全仏オープンの前哨戦であるイタリア国際(賞金総額134万ドル、ティア1、クレー)は日曜日決勝が行われ、元女王のM・ヒンギス(スイス)が第16シードのD・サフィーナ(ロシア)を6-2, 7-5で下し見事優勝した。ヒンギスの優勝は実に4年ぶり。この優勝によりヒンギスは、28日から開幕する全仏オープンに弾みをつけた形だ。

ヒンギスは、足の故障などにより3年間のブランクを経て、昨年の12月にツアー復帰を果たした。ヒンギスのツアー優勝は2002年2月の東レ パン・パシフィック・オープン(対セレス)以来となった。

優勝インタビューでヒンギスは、「(現役引退を決意したとき)もし現役を続けるという選択肢が、あのときの私にあったならもちろん引退などしなかったでしょう。しかしあの時は怪我で引退せざる得ない状況でした。ただ、いま過去を振り返ってみると、引退後の様々な経験があったからこそ、この瞬間があるとも思うのです。私の人生はあまりに『普通』とはかけ離れたものでした。今こうして健康な状態で、再びツアーに戻り、優勝できて嬉しい気持ちで一杯です。」と話していた。また「この勝利は本当に素晴らしい。でもこれで終わるつもりはありません。これから始まるビッグな大会(全仏オープンとウィンブルドン)に向けて進んでいくつもりです。」と語り、グランドスラム制覇を強く決意しているようだった。

一方敗れたサフィーナは、第2シードのK・クレイステルス(ベルギー)、第5シードのE・デメンティエワ(ロシア)、第7シードのS・クズネツォワ(ロシア)を撃破しての決勝進出だったが、「彼女(ヒンギス)は全くミスをしなかった」というヒンギスの完璧なプレーの前に惜しくも優勝を逃すこととなった。ヒンギスはこれでサフィーナとの対戦成績を2勝0敗とした。

また、この日行われたダブルス決勝では、第4シードの杉山 愛/D・ハンチュコバ(スロバキア)組が3-6,6-3,6-1で第8シードのK・ペシュキ(チェコ共和国)/F・スキアボーネ(イタリア)組を破り優勝した。杉山はダブルスでツアー通算33勝目。

(2006年5月22日10時07分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!