西岡良仁 全豪OP初戦敗退

ゲッティイメージズ
初戦敗退となった西岡
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は17日、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク99位の西岡良仁は予選から出場している同123位のR・アルボット(モルドバ)に3-6,4-6,6-4,2-6で敗れ、2020年以来2年ぶり5度目の初戦突破とはならなかった。

>>ナダルら全豪OP組み合わせ<<

>>ナダル 1回戦 1ポイント速報<<

7年連続の全豪オープン本戦となった西岡は大会初日の第1試合に登場。この日は第1ゲームでブレークする立ち上がりとなったものの、直後の第2ゲームではバックハンドのミスが重なりブレークバックを許す。その後もボレーミスなどでフラストレーションが溜まった西岡は第8ゲームでブレークされ第1セットを落とした。

第2セットでも流れが掴めなかった西岡は、再びバックハンドショットをネットにかけて第3ゲームで先にブレークを許す。第4ゲームでブレークバックした西岡だったが、第7ゲームではアルボットにボレーを決められ先行されると、最後はブレークを奪われラケットを投げ捨てフラストレーションをあらわにした。

第2セット終了後にトイレットブレークを挟み切り替えを図った西岡は、互いにサービスゲームをキープして迎えた第10ゲームでブレーク。セットカウント1-2とした。

第4セットも序盤はサービスゲームのキープを続けるが、第5ゲームでブレークを許し万事休す。その後も挽回できずに2時間34分で敗れ、昨年に続き全豪オープン2年連続の初戦敗退を喫した。

予選からマッチ4連勝で初戦突破を決めたアルボットは、2回戦で第30シードのL・ハリス(南アフリカ)とワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク160位のA・ブキッチ(オーストラリア)のどちらかと対戦する。

全豪オープンの第2シードはD・メドベージェフ(ロシア)、第3シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第4シードはS・チチパス(ギリシャ)、第5シードはA・ルブレフ(ロシア)、第6シードはR・ナダル(スペイン)、第7シードはM・ベレッティーニ(イタリア)、第8シードはC・ルード(ノルウェー)。第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)はオーストラリアのビザ(査証)失効のため欠場となった。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)~30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ジョコ 全豪OP欠場が決定
・大坂 なおみ 失格ジョコに言及
・錦織 大坂の会見拒否に言及

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年1月17日11時47分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)