西岡良仁とマレーの試合が選出

ゲッティ イメージズ
(左から)マレーと西岡良仁
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子プロテニス協会のATPは2日に公式サイトで「Top Five Grand Slam Comebacks In 2020」を発表し、4位に西岡良仁A・マレー(イギリス)の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)1回戦がランクインした。

>>【中川 直樹】錦織 圭と西岡 良仁からの刺激が全日本優勝の要因、インタビュー前編<<

ATPは今シーズンで2セットダウンから逆転勝ちをした印象的な試合トップ5の内3試合を公表。昨年は錦織圭P・カレノ=ブスタ(スペイン)の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)4回戦が1位に輝いた。

ランクインした西岡とマレーは当時初対戦。西岡は約1年7カ月ぶりの四大大会復帰戦となったマレーに対して2セットアップする。さらに第4セットではマッチポイントを握るも取り切れず、6-4, 6-4, 6-7 (5-7), 6-7 (4-7), 4-6で逆転負けを喫した。

1位と2位の試合は明日発表予定。

「Top Five Grand Slam Comebacks In 2020」トップ5の内発表された3試合は以下の通り。

3位:A・ルブレフ(ロシア) 6-7 (5-7), 6-7 (4-7), 7-5, 6-4, 6-3 S・クエリー(アメリカ) 全仏オープン1回戦

4位:A・マレー 4-6, 4-6, 7-6 (7-5), 7-6 (7-4), 6-4 西岡良仁 全米オープン1回戦

5位:F・フォニーニ(イタリア) 3-6, 6-7 (3-7), 6-4, 6-3, 7-6 (10-5) R・オペルカ(アメリカ) 全豪オープン1回戦

[PR]開局30周年記念番組「WOWOWテニスフェスティバル2020」
錦織 圭ら日本のトッププレーヤーが集結するWOWOWならではの30周年記念特番
12月5日(土)午後1:00 無料放送&ライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・西岡良仁 元王者マレーに惜敗
・「西岡はトリッキー」とマレー
・大坂 なおみ 失格ジョコに言及

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年12月3日16時11分)
その他のニュース