国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「両足が痙攣」激闘の末に準V

フェリックス・オジェ アリアシム、アンドレイ・ルブレフ
準優勝のオジェ アリアシム、優勝したルブレフ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は5日、シングルス決勝が行われ、世界ランク35位のF・オジェ アリアシム(カナダ)は第7シードのA・ルブレフに6-4, 5-7, 5-7の逆転で敗れ、「ATPマスターズ1000」初優勝を飾れず準優勝となった。

>>【動画】「ATPマスターズ1000」2度目のV、ルブレフがマドリッドOP制した瞬間<<

>>ルブレフが優勝 マドリッドOP組合せ・結果<<

23歳のオジェ アリアシムは今季、マッチ11勝10敗と苦戦。直近では前週のBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、レッドクレー、ATP250)に出場しベスト8に進出している。

それでも今大会、1回戦で世界ランク78位の西岡良仁、2回戦で第19シードのA・マナリノ(フランス)を下すと、3回戦では同74位のJ・メンシク(チェコ)が第2セット途中で棄権したため4回戦へ。

続く4回戦では第5シードのC・ルード(ノルウェー)を破り8強入り。その後、準々決勝では第1シードのJ・シナー(イタリア)と対戦予定であったが、シナーが試合前に棄権を表明し不戦勝で4強入りすると、準決勝では第30シードのJ・レヘチカ(チェコ)が第1セット途中で棄権し決勝に駒を進めた。

そして決勝戦、開始から鋭いショットを見せるオジェ アリアシムは先に2度のブレークに成功。第6ゲームでは1度ブレークバックを許すもその後はサービスキープを続け、第1セットを先取する。

続く第2セット、互いにブレークを許さずサービスキープを続け終盤へ。迎えた第12ゲーム、ルブレフにセットポイントとなるブレークチャンスを2度握られると最後はオジェ アリアシムの返球がアウトとなりブレークを許し1セットオールに追いつかれる。

ファイナルセット、オジェ アリアシムは安定したサービスゲームを展開するルブレフから1度もブレークポイントを掴めず。自身のサービスゲームでは開始からブレークチャンスを握られると第12ゲーム、最後はダブルフォルトを犯し、ルブレフに1本目のマッチポイントをものにされ、2時間48分に及ぶ激闘の末に力尽きた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはオジェ アリアシムのコメントが掲載され「このような状況であったが、良いレベルを示した瞬間がいくつかあった。不戦勝が多く変な感じがした週だったけど、同じ自信を持って来週に臨むつもりだ。実際、この大会期間中は良いプレーができていると感じた」と語った。

「ローマも同じだ。過去に良い思い出があった大会のような気がする。僕はただ進み続けること、自分がやっている事をうまくやり続けること、完璧でなければならないという期待やプレッシャーをかけすぎないこと、そして楽しむことを試みるつもり。日々を楽しみ、落ち込んだことから学び、冷静に、気楽にプレーするよ」

また、試合内容については「第1セットは素晴らしかったけど、第2セットはそうはいかなかった。でも最後は、自分の持っている力を出し切って戦った。サーブの調子が良かったから、何とかブレークに成功したかった。でも、そうはならなかったね」と言及。

続けて「ファイナルセットが始まってすぐ、両足に痙攣を感じた。それからサーブをキープするのが精一杯で何度も何度も考え込んでしまった。ちょっとがっかりしたよ。サーブがうまく打てると分かっていたから、なんとか踏ん張ろうとした。6-5まで保つことができたけど、最終ゲームで2つのダブルフォルトを犯すなど僕にいくつかミスがあった」と述べた。

最後にオジェ アリアシムは「今日、彼(ルブレフ)は勝利に値する選手だった」と優勝を飾ったルブレフに賞賛の言葉を贈った。

勝利したルブレフが「ATPマスターズ1000」で優勝するのは昨年4月のロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)以来 約1年ぶり2度目。今季は1月の中国銀行・香港・テニスオープン(香港/香港、ハード、ATP250)に次ぐ2度目のツアー制覇となった。


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>


■関連ニュース

・4連敗不調からのマスターズ制覇
・前代未聞 3試合で相手棄権し決勝へ
・西岡は「僕を苦しめる」オジェが逆転で初戦突破

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年5月6日12時07分)

その他のニュース

5月24日

【告知】ジョコビッチvsマハーチ (15時29分)

14ペアで唯一 マレーとエヴァンスにWC (13時28分)

世界5位 回復間に合わず全仏OP欠場 (12時04分)

ルード4強 全仏OP前に弾み (10時34分)

マレーvsワウリンカ 全仏OP1回戦で実現 (8時44分)

ジョコ「素晴らしい勝利」全仏に向け復調? (7時21分)

齋藤咲良 全仏OP予選決勝で敗退 (0時09分)

5月23日

ナダル 全仏OP初戦はズベレフに (23時42分)

【1ポイント速報中】全仏オープン予選決勝 (23時08分)

内島萌夏 全仏OP初の本戦入り (23時02分)

錦織圭 全仏OP初戦は予選勝者 (21時41分)

大坂なおみ 全仏OP初戦は世界48位 (21時15分)

第3シードの秋田史帆らが8強 (20時27分)

元世界6位 3年連続で全仏OP欠場 (19時48分)

望月慎太郎 全仏OP初の本戦へ (19時15分)

1100勝ジョコ 歴代3番目の記録 (17時02分)

シュワルツマン「特別な場所。一生忘れない」 (15時35分)

“本当に今季で引退?”勢い止まらず8強へ (14時17分)

17歳の齋藤咲良、全仏OP本戦に王手 (12時06分)

ティーム「とても素晴らしい別れ」 (10時45分)

前週Vの17歳 西村佳世ら初戦突破 (9時54分)

ジョコビッチ 37歳を1100勝で祝う (7時59分)

大坂なおみ ウィンブルドンは予選からか (6時48分)

最後の全仏OP 死闘の末敗退 (2時34分)

内山靖崇 全仏OP予選敗退 (1時23分)

5月22日

【1ポイント速報】全仏OP予選2回戦 (23時59分)

内島萌夏 17連勝で全仏OP本戦王手 (23時58分)

錦織圭らウィンブルドン出場選手一覧 (23時21分)

ティーム 最後の全仏OP 予選敗退 (21時25分)

錦織圭 全仏OP会場で世界2位と練習 (20時15分)

望月慎太郎 快勝で全仏OP本戦王手 (18時42分)

西岡良仁が棄権「体調がおかしい」 (17時55分)

【中止】西岡良仁 リヨン2回戦 (15時44分)

【YouTube】賛否!ズベレフ・チチパスが反対派?!/マレー自らスポーツショップでラケット10本購入!第2回「テニス Weekly News」 (15時30分)

連敗脱出、全仏前にクレーで勝利 (13時08分)

ジョコビッチ 37歳に、生涯獲得賞金は280億円超え (11時33分)

マレー敗北 ジョコ戦ならず (10時25分)

ジョコ全仏制覇へ「試合が必要」 (8時38分)

本玉真唯 マッチポイント7本凌ぎ初戦突破 (7時32分)

5月21日

ダニエル太郎 接戦の末に初戦敗退 (22時56分)

西岡良仁 圧勝で初戦突破 (22時41分)

【1ポイント速報】西岡良仁、ダニエル太郎1回戦 (21時00分)

第1シード虫賀心央ら初戦突破 (20時54分)

内山靖崇 激闘制し全仏予選2回戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】内山靖崇 全仏オープン予選1回戦 (18時50分)

シュワルツマン 全仏OP予選2回戦へ (18時38分)

内島萌夏 快勝で全仏予選2回戦へ (18時05分)

足でボール扱うトリックショット (15時02分)

ズベレフ2位ジョコは14位 最終戦ランク (10時41分)

19歳でトップ100へ 中国史上最年少記録樹立 (9時00分)

ナダル 大歓声の中全仏センターコートで練習 (7時33分)

ティーム「もうあのレベルには戻れない」 (6時25分)

坂詰姫野 全仏OP予選敗退 (5時18分)

島袋将 全仏OP予選1回戦で敗退 (0時22分)

【1ポイント速報】全仏オープン予選1回戦 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!