国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大坂なおみ 世界15位退け3回戦へ

大坂なおみ
3回戦進出を果たした大坂
画像提供: ゲッティイメージズ
女子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)は9日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク287位の大坂なおみが第14シードのL・サムソノヴァを7-5,6-3のストレートで破り、2019年以来5年ぶり4度目の3回戦進出を果たした。

>>ジョコビッチらBNPパリバOP組合せ<<

>>大坂 なおみ、シフィオンテクらBNPパリバOP組合せ<<

元世界ランク1位の大坂が同大会の本戦に出場するのは2022年以来2年ぶり5度目。最高成績は2018年の優勝で、当時はM・シャラポワM・サッカリ(ギリシャ)Ka・プリスコバ(チェコ)S・ハレプ(ルーマニア)D・カサトキナらを下しタイトルを獲得した。最後の出場となった2022年は2回戦でV・クデルメトバにストレート負けを喫している。

26歳の大坂は昨年7月に出産し、今シーズンの開幕とともにツアーに復帰。復帰後4大会目となった先月のカタール・トータルエナジー・オープン(カタール/ドーハ、ハード、WTA1000)では復帰後初のツアー8強入りを果たしている。

今大会にはスペシャルランキング(出産や負傷などによる長期離脱選手の救済制度)を利用してエントリー。1回戦では予選勝者で世界ランク100位のS・エラーニ(イタリア)をストレートで下し2回戦に駒を進めた。

初の顔合わせとなったこの試合、大坂は2022年の東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/東京、ハード、WTA500)などで優勝を飾っている25歳で世界ランク15位のサムソノヴァに対し、序盤は強烈なサービスを中心にポイントを重ねていくと、第2ゲームではラリー戦を制し先にブレークに成功する。

その後はサムソノヴァのラケットに触れさせないほどのフォアハンドウィナーを決めていた大坂だが、第7ゲームでこの日初めてブレークポイントを握られると、最後はバックハンドがアウトになりブレークバックを許した。

ここから流れはサムソノヴァに傾くと、大坂はストロークのミスが増え簡単にサービスゲームをキープされる展開が続く。逆に自身のサービスゲームでは押し込まれることが増え、ファーストサービスが入る確率も徐々に低下。第9ゲームでもブレークを奪われ、中盤から4ゲームを連取され第10ゲームにはサムソノヴァにサービング・フォー・ザ・セットを迎えられる。しかしここで大坂は土壇場でブレークバックに成功しイーブンに追いついた。

タイブレークに突入するかと思われた第12ゲーム、大坂はサムソノヴァのサービスゲーム40-30から2ポイントを連取しセットポイントを握ると、最後はラリー戦からバックハンドのダウンザラインを決め切りブレーク。ポイントを決め切った瞬間に大きな声をあげ接戦をものにし第1セットを先取した。

第2セット、主導権を完全に握りたい大坂は第1ゲームをラブゲームでキープし勢いに乗ると第4ゲームでこのゲーム3度目のブレークポイントを決め切りブレークに成功する。その後はサービスの安定感が徐々に出てきた大坂がリードを守り切り、1時間37分で勝利した。

3回戦では第24シードのE・メルテンス(ベルギー)と対戦する。メルテンスは2回戦で世界ランク42位のワン・シンユ(中国)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第3シードのC・ガウフ(アメリカ)や第11シードのカサトキナらが3回戦進出を決めている。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 発売>




■関連ニュース

・大坂、出産時は「人生最悪の痛み」
・処分取り消しも「19カ月は苦痛」
・ジョコが応戦「黙っていろ」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年3月10日10時20分)

その他のニュース

5月19日

【告知】ダニエル太郎 予選決勝 (12時25分)

全仏OP3連覇へ レジェンドお墨付き (11時48分)

綿貫陽介が全仏OP欠場 (10時10分)

まさかのミスに審判も爆笑 (8時42分)

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

5月18日

世界2位シナー 全仏OPへ練習再開 (22時49分)

阿部宏美/永田杏里ペアが優勝 (22時05分)

ナダル&フェデラーを広告に起用 (20時04分)

ダニエル太郎 完勝で予選決勝へ (19時11分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 リヨン予選1回戦 (17時30分)

松井/上杉ペア 2大会連続の準優勝 (17時10分)

ジョコvsマレー 実現の可能性 (16時32分)

ベッカーに並ぶ歴代7番目の記録 (15時32分)

チチパス兄弟、全仏ダブルスに出場 (15時02分)

ティーム&シュワルツマン 全仏会場で練習 (12時06分)

ジョコ 全仏OP前週の大会参戦 (11時05分)

西岡 リヨン初戦はモンフィスに (9時20分)

“ダークホース”ジャリーが決勝へ (8時02分)

逆転勝ちズベレフが決勝へ (6時57分)

錦織圭 全仏OP前週の大会を欠場 (6時05分)

【動画】強い!女王シフィオンテク 3度目の優勝に大はしゃぎ! (0時00分)

5月17日

ナブラチロワとエバートの記録に並ぶ (22時58分)

17歳の西村佳世が4強入り (21時00分)

松井/上杉ペア 2大会連続決勝へ (18時09分)

シュワルツマン不満、活躍に見合わず (16時57分)

収入ランク、テニス選手はトップ50入らず (15時54分)

西岡良仁ら 能登半島地震の支援に参加 (15時25分)

26歳の躍進 カギは「ウナギ」にあり (14時58分)

ワウリンカとマレーは2回戦で敗退 (14時01分)

「WTA1000」 2大会連続同カードの決勝に (12時01分)

ローマ4強 ズベレフがV候補筆頭に (11時12分)

マレー、ラケット変更理由明かす (10時08分)

ガウフに快勝、女王が今季4勝目に王手 (8時40分)

マスターズ1000で2名のチリ人が4強の快挙 (7時32分)

ダニエル太郎 元世界9位に屈し8強逃す (3時14分)

西岡良仁 1回戦で途中棄権 (2時55分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsナカシマ (1時08分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsバウティスタ=アグ (0時40分)

トップ10に連勝!激闘制し4強入り (0時09分)

【動画】まさかのミスに審判も味方も爆笑 (0時00分)

5月16日

第1シード秋田史帆 8強入り (20時39分)

険悪ムードも20戦19勝1敗で4強 (18時45分)

西岡良仁 2日遅れで1回戦へ (16時26分)

ローマ4強 トップ3シードが健在 (15時48分)

3試合以上できる!平日シングルス大会 (15時24分)

快勝で2年ぶり4強 盤石のプレー披露 (14時28分)

【YouTube】マレー、ラケットをHEADからYONEXに変更?! 第1回「テニス Weekly News」 (14時02分)

WOWOW 特別企画の配信がスタート (12時00分)

「今が人生最高のテニス」快進撃で4強 (10時58分)

ズベレフ Big3に次ぐクレー記録に到達 (10時15分)

マレー 相手途中棄権で復帰戦白星 (8時31分)

ダニエル太郎 エルベール下し初戦突破 (7時18分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!