国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

シャポ 男女の賞金差「不公平」

デニス・シャポバロフ
世界ランク30位のシャポバロフ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスで世界ランク30位のD・シャポバロフ(カナダ)が7日、各界のスポーツ選手の生の声を届けるスポーツメディア「ザ・プレーヤーズ・トリビューン(The Players' Tribune)」に記事を公開。テニス界における男女の賞金差、ジェンダーについて語った。

>>シフィオンテクらBNPパリバOP組合せ<<

>>西岡、アルカラスらBNPパリバOP組合せ<<

「ザ・プレーヤーズ・トリビューン」は2014年に野球の元メジャーリーガーのデレク・ジーター氏が設立したメディアプラットフォームで、これまでも多くの野球選手やバスケットボール選手、テニスのスター選手がファンに声を届けてきた。

2020年には自己最高の世界ランク10位を記録している23歳のシャポバロフは今回公開した記事で、自身のプライベートにおけるワンシーンから男女の賞金差に疑問をもったことを明かした。

「昔は僕自身テニスに対して甘かった。始めたころは、男性プロも女性プロも同じように扱われるものだとなんとなく思っていた。それが理にかなっていると思ったんだ。なにが違うのだろうか?」

「ガールフレンドのミリヤム・ビョークルンドとのことで、僕の目が開かれることになったんだ。彼女はプロテニス選手でそのときは世界150位以内に入っていた。去年のことだ、WTA250の大会に出ることになったんだ。僕はミリヤムに『おお、素晴らしい!メインドローに出るだけで少なくとも7,000ドルもらえるよ』と言ったんだ」

「そのとき、彼女はまるで僕がテニスの初心者であるかのような目で僕を見た。あのときのことは忘れられないよ。彼女は『1,000ドルくらいだと思うわ』と言ったんだ。僕は『何言っているんだ?そんなことあり得るのか?』と聞いた」

「これがテニスにとってどれだけダメージが大きい問題か、みんな気づいていないだろう。もうすぐ国際女性デイだけど、僕はジェンダーギャップについて話したいと思う。とても不公平なことだ。まったく意味がない。テニスの世界では、1年中旅をして、ホテルに泊まり、コーチングスタッフに給料を払うから、その費用は異常なものになる。スターはその心配をする必要はないけど、ツアーに参加している多くの選手は、収支を合わせるだけでも苦労している。そのような選手にとって、賞金はまとまったお金を手に入れることではないんだ。文字通り『生き残るためのもの』になる」

「残念ながら、もしあなたが女性のテニス選手だったらプロとして生き残るチャンスはもっと低くなる。あなたが女性であるためにね。僕はいまだにその思考回路が理解できない。女性はチケットが売れないという人もいるが、僕が試合を見に行くとスタジアムは満員なんだ。昨年8月にワシントンで開催されたWTA250で、ミリヤムがD・サビル(オーストラリア)と対戦したときのスタンドの写真を撮ったんだ。満員だったよ。試合はめちゃくちゃ激しかった。クオリティは信じられないほどだったんだ」

「ファイナルセットでサビルがタイブレークを制した。そしてそこでは男子も500カテゴリーの大会もやっていたんだ。男子は1回戦の勝者に1万4,280ドルが支払われた。サビルは4,100ドルだったんだ」

「3分の1以下だ! それに、ATP250と比較しても、数字が意味をなさない。そのワシントンのWTA250には、J・ペグラ(アメリカ)のような世界トップ10に入る選手がいた。優勝者は3万3,200ドル稼いだ。これは多く聞こえるかもしれないが、そのようなトーナメントで勝つために何年ものハードワークが必要なのか想像してみてほしい。正気の沙汰とは思えない。次に、男子テニスと比較してみよう。僕は昨年9月にソウルで開催されたATP250で決勝に進出した。準優勝で、10万ドルを手にした。つまり、全然違うだろ」

「テニスが女性にとって世界のメジャースポーツの中で圧倒的に優れていることを知っている。B・ジーン・キング(アメリカ)とWTA選手会のおかげで、この30年間で大きく成長した。グランドスラムはうまくいっている。WTAがチャレンジャー大会の賞金を増やしたのも素晴らしいことだ。物事は間違いなく正しい方向に向かっている。しかし、全体的にはまだ大きなギャップがあるんだ」

「性別、肌の色、人種。何であれ、同じ機会が与えられるべきだろう。賞金については、完全な平等以外は不公平であるばかりか、参加を妨げることになる。女性選手が公平に扱われないと、下位レベルの選手の中には、続ける余裕がないと思う人も出てくるかもしれない。潜在的なスター選手は辞めてしまうよ」

「そして、女子テニスは本当の意味で『人気』ではなくなってしまう。テレビで放映されることも少なくなる。そうなれば、ドミノ倒しだろう。そして1番悲しいのは、それが子どもたちにまで伝わってしまうことだ。僕はR・フェデラー(スイス)に刺激を受けたが、もし女子テニスの露出が減れば、テレビの前の小さな女の子は、それが自分にとって現実のものになるとは思わないかもしれない。アイドルを見て『あの子になりたい』と思うことはなくなってしまう」

「それはとても残念なことだ。その少女は結局プロになれないかもしれないけど、それは女性が不公平に扱われているからではない。みんなに同じチャンスを与えられるべきなんだ。賞金も同じように出そう。男女の格差を『縮める』という話はやめるべき。テニスを公平にできないのであれば、それは存在しない方がいい」

シャポバロフは8日に開幕するBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)に単複で出場を予定している。




■関連ニュース

・元世界4位が東京マラソン走破
・錦織「足首に痛み」原因も分からず
・ナダル 18年ぶりトップ10陥落へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年3月8日18時23分)

その他のニュース

5月20日

強心臓みせ15年ぶり快挙V (15時36分)

賞金総額2万円!団体戦が開催 (14時22分)

【告知】全仏オープン予選1回戦 (13時47分)

伊ペアが母国でV「夢のよう」 (12時55分)

22勝目ズベレフ 世界4位へ浮上 (11時28分)

大坂なおみ 世界ランク134位に浮上 (10時35分)

初Vならず「もっといいプレーを」 (8時58分)

ズベレフ「いいプレーできれば、誰にでも勝てる」 (7時32分)

ダニエル太郎、初戦は世界54位に (6時26分)

ズベレフ完勝Vでマスターズ6勝目 (5時36分)

5月19日

ティーム&シュワルツマン 全仏OP予選へ (22時48分)

日本勢7名出場!全仏OP予選組合せ決定 (21時45分)

ダニエル太郎 予選勝ち抜き本戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 予選決勝 (19時10分)

17歳の西村佳世が大東建託OP優勝 (18時07分)

2度目Vかマスターズ初制覇か (16時31分)

失セット0で決勝へ 6度目V王手 (15時28分)

初級~女子ダブルス大会開催、焼き芋貰える! (13時59分)

試合が多くできる!混合ダブルス大会  (13時48分)

全仏OP3連覇へ レジェンドお墨付き (11時48分)

綿貫陽介が全仏OP欠場 (10時10分)

まさかのミスに審判も爆笑 (8時42分)

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

5月18日

世界2位シナー 全仏OPへ練習再開 (22時49分)

阿部宏美/永田杏里ペアが優勝 (22時05分)

ナダル&フェデラーを広告に起用 (20時04分)

ダニエル太郎 完勝で予選決勝へ (19時11分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 リヨン予選1回戦 (17時30分)

松井/上杉ペア 2大会連続の準優勝 (17時10分)

ジョコvsマレー 実現の可能性 (16時32分)

ベッカーに並ぶ歴代7番目の記録 (15時32分)

チチパス兄弟、全仏ダブルスに出場 (15時02分)

ティーム&シュワルツマン 全仏会場で練習 (12時06分)

ジョコ 全仏OP前週の大会参戦 (11時05分)

西岡 リヨン初戦はモンフィスに (9時20分)

“ダークホース”ジャリーが決勝へ (8時02分)

逆転勝ちズベレフが決勝へ (6時57分)

錦織圭 全仏OP前週の大会を欠場 (6時05分)

【動画】強い!女王シフィオンテク 3度目の優勝に大はしゃぎ! (0時00分)

5月17日

ナブラチロワとエバートの記録に並ぶ (22時58分)

17歳の西村佳世が4強入り (21時00分)

松井/上杉ペア 2大会連続決勝へ (18時09分)

シュワルツマン不満、活躍に見合わず (16時57分)

収入ランク、テニス選手はトップ50入らず (15時54分)

西岡良仁ら 能登半島地震の支援に参加 (15時25分)

26歳の躍進 カギは「ウナギ」にあり (14時58分)

ワウリンカとマレーは2回戦で敗退 (14時01分)

「WTA1000」 2大会連続同カードの決勝に (12時01分)

ローマ4強 ズベレフがV候補筆頭に (11時12分)

マレー、ラケット変更理由明かす (10時08分)

ガウフに快勝、女王が今季4勝目に王手 (8時40分)

マスターズ1000で2名のチリ人が4強の快挙 (7時32分)

ダニエル太郎 元世界9位に屈し8強逃す (3時14分)

西岡良仁 1回戦で途中棄権 (2時55分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsナカシマ (1時08分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsバウティスタ=アグ (0時40分)

トップ10に連勝!激闘制し4強入り (0時09分)

【動画】まさかのミスに審判も味方も爆笑 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!