国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

チチパス 世界1位かかる決勝へ

ステファノスチチパス
第3シードのチチパス
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は27日、男子シングルス準決勝が行われ、第3シードのS・チチパス(ギリシャ)が第18シードのK・ハチャノフを7-6 (7-2), 6-4, 6-7 (6-8), 6-3で破り、大会初の決勝進出を果たした。試合後には「次はより大きな意味を持つ決勝戦になる」と語った。

>>ジョコビッチvsポール 1ポイント速報<<

>>サバレンカvsルバキナ 全豪OP決勝 1ポイント速報<<

6年連続で6度目の全豪オープン出場となった24歳のチチパスは、これまで2019年、2021年、2022年に記録したベスト4進出が最高成績となっている。

この日の第1セット、チチパスは序盤第4ゲームでブレークを奪ったものの直後の第5ゲームでブレークバックを許す。その後互いに1度ずつブレーク奪い合うとタイブレークに突入。チチパスは3度のミニブレークに成功し、55分で先行する。

第2セットは互いにサービスゲームのキープが続き中盤へ。ゲームカウント4-4で迎えた第9ゲーム、チチパスはロングラリーでポイントをものにブレークチャンスを握ると、最後はハチャノフのフォアハンドがアウトとなりブレークに成功。サービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームをキープしセットカウント2-0と勝利に王手をかける。

第3セットでも主導権を離さなかったチチパスは第3ゲームで先にブレークすると、その後も安定感のあるサービスゲームを披露し挽回のチャンスを与えず終盤へ突入。しかし、ゲームカウント5-4で迎えたサービング・フォー・ザ・マッチでブレークバックを許しタイブレークへ。流れがハチャノフに傾きかけたが、先にミニブレークに成功し、6-4と2度のマッチポイントを握る。しかしこれを凌がれイーブンとなると、強烈なフォアハンドウィナーを決められ2-1と反撃にあう。

それでも第4セット、第2ゲームで先にブレークに成功しリードすると、サービスゲームではファーストサービスが入ったときに89パーセントの高い確率でポイントを獲得。最後までブレークを許すことなく試合を締め、3時間21分で熱戦をものにした。

2021年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)以来となるグランドスラム2度目の決勝進出となったチチパスは、決勝で第4シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と世界ランク35位のT・ポール(アメリカ)の勝者と対戦する。

また、チチパスは決勝戦で勝利すると、翌週更新の世界ランクで自身初の世界ランク1位になることが確定する。

試合後にはそのことに触れ「より大きな意味を持つ決勝戦になる」と語った。

「こういう瞬間のために僕は頑張ってきたんだ。このような決勝戦ができること、それに、単なる決勝戦ではなく、次はより大きな意味を持つ決勝戦になる。グランドスラムの決勝で、世界1位の座を争っているんだ。いつかナンバー1の座を獲得することは、子どもの頃の夢だったんだ。あと少し。このチャンスが、他の場所ではなく、ここオーストラリアで訪れることに意義があるから、うれしく思っているよ」

一方、敗れたハチャノフは四大大会初の決勝進出とはならなかった。

[PR]国枝 慎吾さんの後継者 16歳 小田 凱人初優勝なるか!1/28(土)車いす男子シングルス決勝
全豪オープンテニス 1/16(月)~1/29(日)
WOWOWで連日生放送!WOWOWオンデマンドで全コートライブ配信!

西岡 良仁ら出場「デビスカップ 日本vsポーランド」
2/4(土)2/5(日)WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・全豪オープン女子シングルスの組み合わせ・結果
・全豪オープン男子シングルスの組み合わせ・結果
・錦織 圭「名を刻めて嬉しい」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年1月27日17時21分)

その他のニュース

3月5日

西岡 3時間死闘の末に予選敗退 (12時37分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsシャン (11時55分)

ナダルとラオニッチ 初戦で激突 (11時50分)

ダニエル太郎 初戦は世界84位 (10時53分)

大坂なおみ 初戦は予選勝者に (10時24分)

ルブレフ 賞金&ポイント没収なし (7時36分)

望月慎太郎 シュワルツマン撃破 (6時47分)

綿貫陽介 BNPパリバOP予選欠場 (5時51分)

3月4日

西岡良仁 日本勢トップに返り咲き (18時05分)

カップルで同週V!ATP&WTA500制覇 (17時11分)

同国対決制しツアー初V「本当によくやった」 (15時23分)

2週連続Vでキャリアハイ19位へ (13時50分)

西岡、綿貫、望月がIW予選に出場 (11時51分)

日比野と本玉 揃って予選決勝へ (10時59分)

アルカラスがナダルに逆転勝ち (10時14分)

ジョコ 同胞ヨキッチと旧交温める (8時59分)

優勝後に大移動、恋人の決勝に間に合うか (7時39分)

3月3日

BNPパリバOP 日比野と本玉が予選出場 (17時52分)

地元の期待背負い決勝へ 単複2冠に王手 (16時42分)

デミノーが連覇 通算8勝目 (15時25分)

18歳新星に主催者推薦 BNPパリバOP (14時21分)

ATPが150万円、チチパスは225万円を寄付 (12時10分)

ナダル&アルカラス 復帰はエキシビションから (11時07分)

ルブレフ失格に「マイナーリーグだ」 (10時16分)

好調のアンベールが今季2勝目 (9時11分)

【動画】カップルで同週V!熱い抱擁で喜びを分かち合うデミノーとボールター (0時00分)

3月2日

復帰迫るナダルがディミトロフと練習! (17時14分)

逆転勝利の要因に”まさかの例え” (16時19分)

連覇に王手「彼の1日も早い回復を」 (15時25分)

優勝候補撃破も大ブーイング (13時20分)

メド撃破し決勝進出「完璧な試合」 (12時07分)

相手失格も擁護「彼はそんな男じゃない」 (10時37分)

失格に物議「確認すべき」 (9時30分)

世界5位が線審を怒鳴りつけ失格 (8時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!