国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

キリオス 楽天OP「とても楽しみ」

ニック・キリオス
センターコートで練習を行うキリオス
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスの楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス2022(日本 /東京、ハード、ATP500)に第5シードとして出場する世界ランク20位のN・キリオス(オーストラリア)が3日、記者会見を行い意気込みを語った。

>>シャポバロフ、西岡ら楽天OP組み合わせ<<

>>望月vsナカシマ 1ポイント速報<<

2016年の同大会ではG・モンフィス(フランス)D・ゴファン(ベルギー)を下し優勝を飾ったキリオス。今大会は2018年以来4年ぶり4度目の出場となる。

今年はウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れたものの、四大大会初となる準優勝を果たすと、8月のシティ・オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、ATP500)で今季初のツアー制覇を達成。全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ではD・メドベージェフらを破り8強入りを果たした。

キリオスは東京での大会について「とても楽しみしていた。ここでは楽しい思い出しかない。東京に戻ってくることができてとてもうれしく思っていると同時に、東京も元に戻ろうと強くエネルギーを出しているんだと考えている。コロナによって色んなことが中断したけど、昨日タナシ(コキナキス)と練習したときも観客の人たちが声援を送ってくれた。良いテニスを見たいと思っているのが伝わってきたんだ」とコメント。

また、自身が手にした自信とモチベーションについて、そして四大大会の優勝への思いについても語った。

「(グランドスラムで今後)もちろん勝てると思っている。最初のうちは『勝てるだろう』と思っていても具体的には何をすればいいのか分かっていなかったんだと思う。振り返れば、3回戦で負けることとか多くあったし、そういうときはトレーニングの量やテニスに対する真剣さが足りなかったんだと思うよ。でも、今は全ての側面についてトレーニングしているし、ノヴァーク(ジョコビッチ)に決勝で負けたときもとても近い試合だっと思っている。あと、メンタルの面でも強くなったし、5セットの試合も慣れてきた。全米オープンは少し残念な結果になったけど、メドベージェフを倒したあとは自分が最有力の候補なんじゃないかと思ったくらいだ。現時点では全豪オープンに向けてこの調子を継続していきたいと思っているよ」

「色んな可能性とチャンスがあるけど、それを全て手にするというのは難しいことだと思っている。でも『グランドスラムが全て』といった傾向があるよね。どうしても選手の成功やキャリアを見るときにグランドスラムでの結果で判断されることがあるのは否めない。フェデラーにしても、まずグランドスラムの数が話題になる。全米オープンの敗戦はがっかりしたんだ。それはメドベージェフを倒してチャンスがあったのにそれを生かせなかった自分に対して。ただ、それでいつまでも落ち込んでいるわけではなくて、すぐコートに戻りポジティブな状態に自分を持っていくことができて『またやってやろう』と思えるようになったのがいいことだと思っている」

今大会はシングルス1回戦で世界ランク87位のツェン・チュンシン(台湾)と対戦予定。ダブルスでは今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)を制したT・コキナキス(オーストラリア)とペアを組み1回戦で西岡良仁/ 内田海智組と顔を合わせる。

[PR]10/3(月)~10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・男女の賞金格差 19歳が疑問
・フェデラー「終わりではない」
・錦織 楽天OP欠場「残念」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年10月3日11時44分)

その他のニュース

2月28日

メド初戦突破、元世界6位新コーチ帯同 (7時45分)

【速報中】本玉真唯vsシニアコバ (6時55分)

2月27日

モンフィスにリベンジ成功、次戦マレー (22時56分)

予選勝者コボリがオジェ撃破 (22時04分)

ダニエル太郎「ベストは尽くした」 (19時00分)

通算2度目 トップ10撃破の金星 (18時03分)

西岡良仁「なんとか乗り切った」 (17時06分)

3時間死闘制し6連敗阻止 (16時37分)

30年前の父の記録目指し2回戦へ (15時25分)

西岡良仁 逆転勝ちで初戦突破 (14時36分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsボルジェス (14時05分)

ダニエル太郎 デミノーに完敗で初戦敗退 (13時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsデミノー (12時09分)

エース1本で15万円の寄付を表明 (11時03分)

2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破 (9時56分)

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

2月25日

復帰迫るナダル 練習動画公開 (19時05分)

錦織圭の新コーチ”ヨハンソン”とは (18時21分)

29歳でツアー初V「奇跡だと思う」 (16時07分)

ダニエル太郎 初戦でデミノーと激突 (15時31分)

予選勝者が第2シード撃破し決勝へ (14時57分)

マレー 南米テニスに「MSやるべき」 (14時09分)

西岡良仁 完勝でアカプルコ本戦に王手 (12時54分)

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退 (12時38分)

【1ポイント速報】西岡良仁、望月慎太郎 予選1回戦 (9時51分)

逆転勝ちでキャリア最大タイトル獲得 (9時19分)

激闘の第1セット制しツアー6勝目 (8時34分)

錦織 新コーチは元全豪王者に (7時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!