- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー ジョコ抜き1位なるか

ノヴァーク・ジョコビッチ/アンディ・マレー
(左から)ジョコビッチとマレー
画像提供: tennis365.net
男子プロテニス協会のATPは22日、ATPワールドツアー・ファイナル(イギリス/ロンドン、ハード)の出場権をかけた「RACE TO LONDON」(最終戦出場ランキング)で1位を走っているN・ジョコビッチ(セルビア)だが、2位のA・マレー(英国)がその座を追い抜く勢いを見せていると掲載した。

シーズン開幕から絶好調だったジョコビッチは、約3カ月前まで独走状態だった。

しかし、7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)の優勝を含め7大会連続で決勝進出を果たしているマレーがジョコビッチに追いつく勢いを見せ、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)の結果次第では、1・2位が入れ替わる可能性も出てきた。

6月5日に行われた全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)決勝戦でジョコビッチがマレーを下して優勝した時点では、マレーから3,225ポイントの差を広げ大きくリードしていた。

しかしマレーは、先週のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)で準優勝を飾ると、ジョコビッチとの差を1,215ポイントまで縮めた。

迎える全米オープンでマレーは、オープン化以降4人目となる同一シーズン全てのグランドスラムでの決勝進出を目指す。これまでそれを成し遂げたのはR・レーバー(オーストラリア)(1969年)、R・フェデラー(スイス)(2006・2007年)、ジョコビッチ(2015年)の3選手のみ。

マレーが全米オープンで優勝し、ジョコビッチが決勝進出を果たせなかった場合、マレーはジョコビッチを抜き1位へ上り詰める。全豪オープン、全仏オープンに次いで両者が決勝で対戦し、マレーが優勝した場合は、ジョコビッチはわずか415ポイントだけマレーを上回る。

同時にマレーは、全米オープンでの優勝で、念願のシーズン最終ランキング1位の座が見えてくる。ジョコビッチはこの3年間その座に君臨しており、昨年は自身4度目の1位でシーズンを終えていた。これまでシーズンを1位で終えたのはわずか16人しかいない。

世界ランク1位の座に辿り着いた選手はこれまで25人で、興味深い統計では、そのうちの24人がキャリア600勝を達成している。それはマレーが先週のW&Sオープンで達成した記録だった。

マレーは600勝を達成しながら世界ランク1位ではない8選手の1人となっている。その他の7人は、G・ビラス(アルゼンチン)(929勝)、D・フェレール(スペイン)(683勝)、A・アッシュ(681勝)、B・ゴットフリード(680勝)、M・チャン(アメリカ)(662勝)、S・スミス(アメリカ)(657勝)、そしてM・オランテス(スペイン)(641勝)。

11月13日から20日にロンドンのO2アリーナで開催されるATPワールドツアー・ファイナルは今季獲得ポイント上位8選手しか出場権が与えられないが、既にジョコビッチとマレーがその出場権を獲得。残る6つの枠へ向けて、熾烈な争いが繰り広げられている。

3位にいるM・ラオニチ(カナダ)(4,375ポイント)と4位の錦織圭(日本)(3,595ポイント)は、最終戦の出場権獲得へ優位にいる。22歳のD・ティエム(オーストリア)はW&Sオープンでのベスト8入りでR・ナダル(スペイン)を抜き5位(3,025ポイント)へ浮上し、最終戦初出場へ前進。ナダルが6位(3,020ポイント)と続いている。

9位のT・ベルディヒ(チェコ共和国)とは500ポイントに満たない差しかないが、ベルディヒは虫垂炎のため全米オープンの欠場。そのため、ティエムとナダルは全米オープンでの上位進出で出場権獲得へチャンスが大きく広がる。

7位のS・ワウリンカ(スイス)(2,820ポイント)はベルディヒと290ポイントの差。8位は、ティエムと同様に最終戦への初出場を目指しているG・モンフィス(フランス)(2,635ポイント)で、ベルディヒとはわずか105ポイント差しかない。

先週のW&Sオープンで自身初となるマスターズ優勝を飾ったM・チリッチ(クロアチア)は、その優勝で一気に10位(2,310ポイント)へ浮上し、8位のモンフィスとは325ポイント差まで迫った。

2014年の全米オープン覇者であるチリッチは、昨年も全米オープンでベスト4進出と、2年続けて好成績を残す相性の良い大会だけに、今年の全米オープンの結果次第では上位8選手の仲間入りするのではと注目されている。

11位のD・ゴファン(ベルギー)(2,130ポイント)は、今季の活動の終了を表明しているR・フェデラーと同一で、モンフィスとは505ポイント差。13位にはN・キリオス(オーストラリア)(1,825ポイント)がいるが、ゴファンもキリオスもW&Sオープンでは早期敗退を喫してしまい、ポイントを大きく加算させることが出来なかった。
  
(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・ジョコビッチ あわや失格処分
・錦織 ジョコビッチに9連敗
・涙ジョコ まさかの五輪初戦敗退
(2016年8月23日17時00分)

その他のニュース

4月24日

大坂なおみ 初戦突破 クレー2年ぶり白星 (21時52分)

【1ポイント速報】大坂なおみ マドリッドOP1回戦 (20時38分)

ダニエル太郎 熱戦制し初戦突破 (20時36分)

【1ポイント速報】ダニエルvsブキッチ (18時40分)

大坂なおみ 初戦の相手ミネンとは? (18時36分)

ディアドラ 80年代/90年代イメージの新作入荷 (15時54分)

引退の元世界1位に多くの惜別の声 (15時35分)

メド、クレーに自信も勝敗は「五分五分」 (14時25分)

シナー「自分に重圧かけたくない」 (11時10分)

アルカラス「ラファと決勝戦えたら最高」 (10時09分)

望月 マドリッドOP本戦入りならず (8時21分)

4月23日

17歳 小池愛菜 逆転勝ちで初戦突破 (21時42分)

高校同期!清水/トゥロター組が勝利 (20時40分)

ジョコ「もう一度ナダルと対戦したい」 (19時09分)

【インタビュー】33歳で初Vシュトルフ (17時53分)

元世界2位バドサ告白「あと数年」 (15時50分)

錦織圭 全仏OP直前ツアー大会出場へ (14時35分)

24選手参戦! 新作テニスゲーム発売へ (12時19分)

マドリッド予選 ティーム、ガスケら初戦突破 (11時42分)

16歳 ツアーキャリア2試合目でナダルと激突 (10時29分)

ジョコ 5度目の受賞に「光栄」 (8時38分)

望月慎太郎 マドリッド本戦に王手 (7時23分)

【動画】大坂なおみ クレーコート2年ぶり勝利の瞬間! (0時00分)

4月22日

年齢差21年117日の対戦 MS歴代最大に (22時48分)

ナダル、レーバー杯出場が決定 (21時54分)

第1シードはシナー マドリッド組合せ決定 (19時35分)

西岡78位 ダニエル85位に (18時31分)

大坂なおみ 5つ下げて197位 (17時31分)

33歳で悲願達成「長い間待ってた」 (16時33分)

無免許ルバキナ、ポルシェの使い道は? (16時09分)

世界1位通算100週 史上9人目快挙  (12時15分)

初優勝から6年、2度目のツアーV (11時06分)

大坂なおみ 初戦は予選勝者 (9時25分)

ルード 悲願V、雪辱果たす (8時04分)

4月21日

33歳シュトルフがツアー初V (22時43分)

69分完勝で今季ツアー3度目V (21時49分)

ナダル「徐々に負荷を」マドリッドへ (19時03分)

今季2人目の単複制覇に王手 (18時06分)

クレー初決勝へ「本当に素晴らしい」 (17時01分)

アルカラス 史上初3連覇なるか (16時07分)

追い上げ許すも逃げ切り決勝へ (15時01分)

経験値UP&豪華景品付?!テニス365大会情報 (13時59分)

「完璧な試合」2連覇中のルーネ撃破 (13時20分)

あと1勝でポルシェ獲得も「免許ない」 (11時27分)

2週連続決勝進出、リベンジへ (10時09分)

最高の選手は3人「おそらく私と…」 (8時42分)

チチパス10連勝 2週連続V王手 (7時35分)

ジョコ 2年連続マドリッド欠場 (6時19分)

元世界1位ムグルサ 現役引退 (5時29分)

大激闘の末に3連覇阻止し決勝へ (0時09分)

【1ポイント速報】シフィオンテクvsルバキナ (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!