- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 初連覇、喜び爆発の2月

男子テニスで錦織圭(日本)は2014年シーズンをアジア人男子自己最高位の5位で終え、54勝14敗、ツアー4勝、全米オープンでグランドスラム初の準優勝、ツアー・ファイナルズでは準決勝進出と飛躍の年となった。

錦織は2014年2月に行われた大会で、アメリカ国際インドアテニス選手権、デルレイ・ビーチ・オープンの2大会に出場した。

2013年のアメリカ国際インドアテニス選手権で優勝している錦織は、ディフェンディングチャンピオンとして出場し、決勝でI・カルロビッチ(クロアチア)をストレートで下して2連覇達成と4度目のツアー優勝を飾り、初のタイトル防衛を果たした。

試合後に錦織は自身のブログに「なんとなんと優勝しました!!!とても嬉しいです。僕は優勝できて嬉しいです!」と優勝の喜びを綴った。

《優勝の錦織が喜び爆発》

アメリカ国際インドアテニス選手権の翌週に行われたデルレイ・ビーチ・オープンは、錦織が2008年にツアー初優勝を果たした大会で、4年連続の出場となった。

1回戦はG・エリアス(ポルトガル)(ポルトガル)をフルセットの末に下すも、2回戦でT・ガバシュビリ(ロシア)との対戦を第1セットを2−4とリードを許した時点で途中棄権を申し入れたため、ベスト8進出を前に姿を消した。

また、2013年のデルレイ・ビーチ・オープンでも錦織は1回戦で棄権しており、同大会で2年連続の途中棄権となった。

大会後に錦織は自身のブログに「1回戦の試合後から足や他のとこに痛みがきていて、これ以上続けても痛みが悪化するだけと思いリタイアしました。」と、棄権した理由を綴った。

また、当初出場を予定していたアビエルト・メキシコ・テルセルを欠場。そのことについても「怪我の悪化を恐れ来週のアカプルコは断念しました。」と、錦織はブログに綴った。

《錦織がまさかの棄権、2年連続の悪夢》

さらにその後、自身のブログでデルレイ・ビーチ・オープン時にホテルからイベント会場まで車で移動していた際に、事故に遭っていたことを明かしていた。

「信号を待っていると後ろから"どごーん"と追突されました。後ろから突進されたんです。イノシシかと思いました。衝撃はけっこうありましたが痛みとかは出ずただただ驚きを隠せず。」と事故について綴った。

《錦織、追突事故に遭っていた「ただただ驚きを隠せず」》

【錦織圭 2014年2月戦歴】

<アメリカ国際インドアテニス選手権>
・1回戦 bye
・2回戦 勝利 B・ベッカー(ドイツ) 6-4, 6-4
・準々決勝 勝利 A・ボゴモロフJR(ロシア) 3-6, 6-3, 6-2
・準決勝 勝利 M・ラッセル(アメリカ)(アメリカ) 6-3, 6-2
・決勝 勝利 I・カルロビッチ 6-4, 7-6 (7-0)

<デルレイ・ビーチ・オープン>
・1回戦 勝利 G・エリアス 6-1, 5-7, 6-2
・2回戦 敗退 T・ガバシュビリ 2-4, 途中棄権


■関連ニュース■ 

・錦織 チャン迎え新体制の1月
・錦織圭 「食わず嫌い」に出演
・錦織の最新ラケット予約開始


■最新ニュース■ 

・錦織 全米OPから写真贈呈
・錦織 フェデラーらがエントリー
・錦織モデル完売 再販決定


■最新動画■ 

・錦織が直面した王者ジョコビッチの壁
・最終戦史上に残る名勝負 フェデラーvsワウリンカ
(2014年12月24日13時15分)
  • コメント -

    その他のニュース

    11月30日

    YouTube 全日本V中川直樹と対談 (20時04分)

    プレーの「理想」と「現実」 (18時07分)

    最終戦での名ラリーを特集 (16時33分)

    錦織ら30日付の日本勢ランク (15時00分)

    内田海智 CH本戦入りならず (11時27分)

    錦織 世界ランク41位、11/30付 (10時50分)

    11月29日

    ナダルとマレーの死闘を特集 (16時17分)

    ペールが17歳新星に黒星 (15時55分)

    ティーム 幼少期のプレー公開 (14時02分)

    大坂登場 ナイキが新動画発表 (12時15分)

    内田海智 逆転でCH初戦突破 (10時41分)

    ジョコ 娘の名前の由来明かす (8時38分)

    11月28日

    複1位ペアが取組む支援を特集 (15時52分)

    大坂戦 今季ベストマッチ候補に (14時43分)

    プリスコバ 新コーチにバイン氏 (13時29分)

    キリオス 食糧支援は「恩返し」 (11時59分)

    ITF Jr新大会 WC争いが終了 (10時21分)

    日本リーグの中止が決定 (9時01分)

    11月27日

    ティーム 東京五輪出場を明言 (16時38分)

    YONEX 第7回Jrキャンプ開催 (14時54分)

    ペンギン型振動止め 終了間近 (13時58分)

    YouTube 尾崎里紗にインタビュー (11時58分)

    ITF Jr新大会、WCかけ熱戦 (11時42分)

    西岡良仁のイベントが開催 (10時44分)

    マラドーナ氏との思い出綴る (9時18分)

    ハチャノフ、コロナ陽性を報告 (7時33分)

    ←ニューストップへ
    ←前のページに戻る
    ウインザーラケットショップ

    >>動画をもっと見る<<




    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!