- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

田川翔太が3連覇、史上3人目の快挙<全日本学生テニス選手権大会>

岐阜メモリアルセンターにて開催されている全日本学生テニス選手権大会(通称:インカレ)は26日に男子シングルス決勝が行われた。

男子シングルスで決勝に駒を進めてきたのは、第1シードの田川翔太(日本)と第2シードの遠藤豪(日本)。どちらも早稲田の4年生で、普段からよく練習しているためお互いの手の内は知り尽くしている。

その2人の決勝戦、田川翔太が先に遠藤豪のサーブをブレークし2−0とリードするも、すぐに遠藤豪がブレークバックし2−2。それからはお互いのサービスキープが続き4−4となるが、ここで再び田川翔太がブレークに成功し、第1セットは6−4で田川。

そして第2セット、勢いに乗った田川翔太が得意の強烈フォアでプレッシャーをかけ4−0と一方的にリードを広げる。しかし、「守ってばかりだけでは押し込まれるので、こちらからもネットに出るなどしてプレッシャーをかけていこう。」と気持ちを切り替えた遠藤豪。それが田川翔太の焦りを誘い、ここから遠藤豪が5ゲーム連取。5−4アップでセットポイントを握る。

だが「逆転されて弱気になりましたが、どうせなら自分のプレーをしようと開き直りました。」という田川翔太。再び強烈なサーブで相手を崩しオープンコートにフォアを打ち込むという得意パターンが決まり出し、3ゲームを連取して7−5で遠藤豪を振り切り優勝。

「優勝できて感動で泣きそうになりました。」と言う田川翔太。2年生の時から3年連続でのインカレ・シングルス優勝となったが、3連覇は神和住純、現在の早稲田の監督・土橋登志久(4連覇)に続き男子としては3人目の快挙だ。

■関連記事■

《決勝は田川翔太と遠藤豪の早稲田4年対決<全日本学生テニス選手権大会>》

《インカレ本戦が始まる<全日本学生テニス選手権大会>》

《田川翔太「ホッとした気持ち」◇全日本学生テニス選手権大会2012》
(2013年8月26日19時33分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!