- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

第2シードのクエリーがマレー破り優勝◇ファーマーズ・クラシック

男子テニスツアーのファーマーズ・クラシック(アメリカ/ロス・アンゼルス、賞金総額61万9500ドル、ハード)は日曜日に決勝戦を行い、第2シードのS・クエリー(アメリカ)が第1シードのA・マレー(英国)を5-7, 7-6(7-2), 6-3の大逆転で下し、優勝を飾った。クエリーは同時に優勝賞金11万1950ドルを獲得した。クエリーの優勝は今季4度目。

クエリーは昨年の今大会でも優勝しており、見事、2年連続優勝を飾った。クエリーは今週、フルセットの試合を4度戦っており、土壇場での強さをみせつけた。今大会ではA・アガシ(アメリカ)が2001〜2002年にかけて2連覇しており、クエリーはそれに続く記録をマークした。

クエリーは第1セットを5−7で落とし、第2セットの第10ゲームではマレーにマッチポイントを握られる。しかしピンチに強いクエリーは、得意のサービスと一か八かのショットを繰り出し、逆転。第3セットでは第6ゲームでマレーのサービスをブレークして波に乗り、世界ランク4位のマレーに逆転勝ちした。

マレーは第3セットでブレークされた際に、怒りのあまりラケットのストリングを右手でパンチし、その勢いは右拳から血が流れるほどだった。

その後、3−5からの第9ゲームではマレーが1本のブレークポイントを握るが、クエリーがフォアハンドのエースでデュースに持ち込む。デュースではマレーのリターンが長くなり、クエリーのマッチポイントではマレーがバックハンドをミスし、試合に終止符がうたれた。

マレーの今大会出場は初めてのことで、出場予定だったN・ジョコビッチ(セルビア)が休養が必要とのことで、代理で出場していた。クエリーとマレーは過去に4度の対戦があり、いずれもマレーがストレート勝ちしていた。

ダブルス決勝では、世界トップペアのB・ブライアン(アメリカ)M・ブライアン(アメリカ)組がE・バトラック(アメリカ)JJ・ロジェール(アンティル)を6-7(6-8), 6-2 [10-7]の逆転で下し、ATPツアー100度目の決勝進出で62勝目をあげた。ブライアン組はT・ウッドブリッジ(オーストラリア)M・ウッドフォード(オーストラリア)組(ウッディーズ)が持つ61勝を超える偉業を成し遂げた。

マイク・ブライアンは「ウッディーズが目標をつくってくれた。ツアー当初はエベレストの山のような、到達困難な目標だったけどね。今が楽しい。どの優勝も特別なものさ。」と話している。

今回の記録達成にウッドフォードがコメントを寄せている。「(ウッディーズの場合)私が引退することを決めたせいで、記録が途絶えてしまった。でも君たちはこれからの何年も記録を更新続けることだろう。70、80勝は可能だろうね。」と祝福した。

ブライアン組は今大会で6勝目をあげた。今大会会場は2人のふるさとから程近く、家族らが見守る中、地元で偉業を達成したことになった。

ボブ・ブライアンは「ウッディーズを本当に尊敬している。彼らはパワーも強力なサービスも持っていなかったけれど、ポーチとテクニックで勝っていた。」と話した。

32歳の双子の2人は1998年にプロとなり、2001年にツアーで初優勝。これまでグランドスラムでは7勝を誇る。

決勝では第1セットを落としたブライアン組だったが、第2セットを奪い返すと、スーパータイブレークでは5−0と大きくリードする。そこから2度、相手ペアに追いつかれるが、7−7から3ポイントを連取すると、そのまま試合に終止符を打った。

バトラック/ロジェール組は今大会の会場となっているUCLAの大学チームでプレーをしており、今大会が同ペアで初めての決勝戦だったが、惜しくも母校で錦を飾ることはできなかった。

(2010年8月2日12時30分)
その他のニュース

10月31日

ダニエル太郎 9カ月ぶり決勝へ (16時36分)

ジョコ 最終戦へ「最善の準備」 (15時37分)

メドヴェデフ撃破で4強入り (15時00分)

約3時間の死闘制し4強 (14時17分)

元世界17位が引退を発表 (13時19分)

ジョコ撃破の大金星「最高」 (12時01分)

ルブレフ 昨年覇者ティーム撃破 (11時37分)

ジョコビッチ LLに完敗の波乱 (10時37分)

10月30日

全日本選手権 男女4強出揃う (16時18分)

第1シードのペール撃破で8強 (12時19分)

メドヴェデフ8強「うれしい」 (11時51分)

ロックダウンでパリは無観客 (10時54分)

ズベレフが父親に DVは否定 (7時55分)

ディミトロフ、チチパス撃破 (7時06分)

10月29日

杉田祐一 完敗で8強ならず (18時35分)

【1ポイント速報】杉田vsマナリノ (18時31分)

元王者ヒューイットが殿堂入りへ (16時58分)

14本エースでアンダーソン8強 (14時30分)

ベルダスコ 今季終了を発表 (13時40分)

ダニエル太郎 熱戦制し8強入り (12時04分)

チチパス 苦戦も逆転で勝利 (12時04分)

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!