- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フランス勢5人がベスト8進出◇リヨン・グランプリ

男子テニスツアーのリヨン・グランプリ(フランス/リヨン、賞金総額65万ユーロ、ハード)は29日、シングルス2回戦6試合が行なわれ、第1シードのJW・ツォンガ(フランス)O・ロクス(ベルギー)を6-3, 6-2のストレートで破ったほか、5人のフランス勢がベスト8進出を果たした。

ツォンガのほかには、第2シードのG・シモン(フランス)M・ジケル(フランス)A・クレマン(フランス)、そしてM・ロドラ(フランス)がこの日の2回戦に勝利、準々決勝進出を決めている。

第4シードのJ・モナコ(アルゼンチン)に6-3, 6-4で勝利したロドラは「ここリヨンでフランス勢が勝ちあがって素晴らしいね。僕らはタイトルからそう遠くはない。地元勢は良いプレーをしているよ。」と自らも含む地元勢の活躍に喜びを見せていた。

第3シードのI・リュビチッチ(クロアチア)N・キーファー(ドイツ)を6-3, 3-6, 6-1のフルセットで下し、ベスト8に進出している。2007年には今大会で優勝しているリュビチッチは、27本ものサービスエースを決めると、地元勢以外で唯一の今大会ベスト8入りを果たしている。

世界ランク8位のツォンガは、この日の試合で13本のサービスエースを決めるなどサーブが好調、ロクスに1度もブレークを許さないと、わずか64分で勝利を収めた。

ツアー最終戦の出場権争いの渦中にいるツォンガは、準々決勝で同胞のクレマンを迎え撃つ。主催者推薦で出場のクレマンは、第7シードのB・ベッカー(ドイツ)を6-4, 6-3のストレートで下し、準々決勝進出を決めている。

この他の2試合は地元勢対決となり、シモンが予選勝者のD・グエス(フランス)を6-1, 6-2とわずか52分で勝利を収めたほか、ジケルは第6シードのP・H・マチュー(フランス)を6-4, 6-0でそれぞれ下し、ベスト8の座を射止めている。

試合後の会見でジケルは「ほとんど完璧な試合だったね。サーブがとても好調だったし、重要なポイントで積極的だった。今シーズンでベストの試合だった。」と好調さをアピールした。現在32歳とベテランの域に達しているジケルは、2006年と2007年の今大会で2年連続の決勝進出を果たしている。

今大会の優勝賞金は10万3400ユーロ。

(2009年10月30日11時23分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!