- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

連覇狙うフェデラー、辛勝で2回戦進出◇スイス・インドア

(スイス、バーゼル)

スイス・インドア(賞金総額85万250ユーロ、インドア、カーペット)は大会初日の23日、世界ランク1位で第1シードのR・フェデラー(スイス)が1回戦に登場、M・ベレー(ドイツ)を6-1, 3-6, 6-3で下し、2連覇に向けてまずは初戦突破を決めた。

四大大会12勝を誇るフェデラーは昨年、決勝でF・ゴンサレス(チリ)をストレートで下して、7度目の出場で同大会初優勝を決めた(2000年と2001年には準優勝)。

フェデラーは、先週の日曜日のマドリッド・マスターズ決勝でD・ナルバンディアン(アルゼンチン)に逆転で敗れていたが、この日はフルセットで何とか勝利を勝ち取り、2003年5月以来となる2連敗を免れた。第2セットではベレーに2度のブレークを許す苦戦を強いられたが、第3セットは序盤にブレークを奪って4−2とし、そのリードを保って勝利を手中に収めた。

その他のシード勢では、早々に大会を去る選手が続出している。第7シードのJ・I・チェラ(アルゼンチン)S・クーベック(オーストリア)に3-6, 4-6で敗れ、第3シードのD・フェレール(スペイン)A・カイエリ(アルゼンチン)に4-6, 6-7(3-7)で敗れた。

フェレールは先週のマドリッドでも初戦で敗退しており、カイエリ戦では2連敗となった。フェレールは、マスターズ・カップ出場に向けてポイントレースで6位につけているが、今回の敗退でその出場も危うくなってきた。また、10月初めに東京で自身5度目のツアー優勝を獲得して以来負けが続いており、シングルス200勝目まであと2勝に迫っているものの、足踏みが続いている。

その他のシード勢は順当に2回戦進出を決めた。同大会2005年覇者で第2シードのゴンサレスは予選勝者のJ・エーネル(フランス)を7-6(7-5), 6-4で、第8シードのP・H・マチュー(フランス)F・ダンチェビッチ(カナダ)を6-3, 6-1で下した。その他の勝者は、I・カルロビッチ(クロアチア)J・ニエミネン(フィンランド)R・カラヌシッチ(クロアチア)

今大会の優勝賞金は17万2千ドル。

(2007年10月24日10時42分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!