世界2位撃破「大変な試合だった」

ゲッティイメージズ
勝利したドレイパー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのシンチ・チャンピオンシップス(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)は20日にシングルス2回戦が行われ、世界ランク31位のJ・ドレイパー(イギリス)が同2位で第1シードのC・アルカラス(スペイン)を7-6 (7-3), 6-3のストレートで破り、3年ぶり2度目のベスト8進出を果たした。試合後ドレイパーは「本当に大変な試合だった」と語った。

>>【動画】世界2位アルカラス撃破!ドレイパー勝利の瞬間!<<

>>アルカラス、ドレイパーらシンチ・チャンピオンシップス組合せ<<

22歳のドレイパーが同大会の本戦に出場するのは2年ぶり3度目。最高成績は2021年の8強入りとなっていた。

ドレイパーは前週のボス・オープン(ドイツ/シュトゥットガルト、芝、ATP250)でツアー初タイトルを獲得し今大会を迎えると、1回戦では世界ランク29位のM・ナヴォーネ(アルゼンチン)を下し2回戦に駒を進めた。

昨年の同大会とウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で優勝を飾っているアルカラスとの顔合わせとなった2回戦、ドレイパーはファーストサービス時に82パーセントの確率でポイントを獲得しアルカラスにブレークを与えず。第1セットはタイブレークの末に獲得すると、第2セットは第6ゲームでリターンエースを決めてブレークに成功し、1時間39分でベスト8進出を決めた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはドレイパーのコメントが掲載されている。

「本当に大変な試合だった。カルロス(アルカラス)がディフェンディングチャンピオンであることは分かっていたし、昨年のウィンブルドン優勝者であることも分かっていた。彼は素晴らしい才能の持ち主で、このスポーツにとって素晴らしい存在だ。だから僕は本当に良いプレーをしなければならなかったし、幸運にも今日はそれができた。ありがとう」

勝利したドレイパーは準々決勝で第5シードのT・ポール(アメリカ)と対戦する。ポールは2回戦で世界ランク24位のA・タビロ(チリ)を下しての勝ち上がり。


【ニューエラ】最新テニスキャップ・Tシャツ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・ナダルとアルカラス 五輪で複出場
・女王 ぶっつけ本番でウィンブルドンへ
・島袋 大会側のミスで出場取消しに

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年6月21日9時03分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


テニスショップ テニスショップ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】diadora キャップ


次へ 次へ

【3】diadora トルネオ2   【4】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【5】diadora ICONシャツ   【6】NEWERA 半袖TEE


次へ 次へ

【7】diadora ロゴTEE   【8】NEWERA 半袖TEE


>>   テニスショップを見る

ディアドラセール

その他のニュース
もっと見る(+5件)