年齢差2倍 マレーとの死闘制し8強

ゲッティイメージズ
8強入りしたメンシーク
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのカタール・エクソンモービル・オープン(カタール/ドーハ、 ハード、ATP250)は21日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク116位のJ・メンシーク(チェコ)が同50位のA・マレー(イギリス)を7-6 (8-6),6-7 (3-7),7-6 (7-4)のフルセットで破り、ベスト8進出を果たした。

>>西岡 良仁らミフェル・テニスOP組合せ<<

>>西岡 良仁vsズベレフ 1ポイント速報<<

初対戦となった18歳のメンシークと36歳のマレー。この試合は3セットともタイブレークで決着する激しいものとなる。第1セットでは1度ずつブレークを奪い合い突入したタイブレークをメンシークが勢いを持って制して先行。しかし第2セットではマレーからブレークチャンスを握ることができずに再びタイブレークに入ると、今度は元世界ランク1位にものにされセットカウント1-1に追いつかれる。

ファイナルセットでは一転して2度のブレークに成功したメンシークゲームカウント5-2と大きくリード。しかしここから挽回されるとこの日3度目のタイブレークにもつれ込んだ。追いついたマレーに対し、防戦に回ったメンシークだが、タイブレークではシーソーゲームを制し勝利。3時間23分の激闘の末に8強入りを決めた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはメンシークのコメントが掲載されている。

「今は言葉が出ないよ。何て言ったらいいのか......。多くのファンが、今日はアンディ(マレー)に勝ってほしいと思っていたことは知っているから、明日の僕の試合も見に来てくれることを期待しているよ(笑)」

「とにかくうれしい。今日はタフな試合だった。アンディは信じられないような選手だ。僕が若かった頃、彼がウィンブルドンで優勝するのを見たから。今でも世界のトップ選手と戦えるなんて信じられないよ」

年齢差2倍の対決を制したメンシークは準々決勝で第1シードのA・ルブレフと対戦する。ルブレフは2回戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場した世界ランク126位のR・ガスケ(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのK・ハチャノフや第3シードのU・アンベール(フランス)、第4シードのA・ブブリク(カザフスタン)、世界ランク68位のG・モンフィス(フランス)らは8強へ駒を進めている。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>




■関連ニュース

・大坂、出産時は「人生最悪の痛み」
・処分取り消しも「19カ月は苦痛」
・ジョコが応戦「黙っていろ」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年2月22日9時09分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)