シナー決勝へ アルカラス撃破

ゲッティイメージズ
ヤニック・シナー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は31日、シングルス準決勝が行われ、第10シードのJ・シナー(イタリア)が第1シードのC・アルカラス(スペイン)を6-7 (4-7), 6-4, 6-2の逆転で破り、2021年以来2年ぶり2度目の決勝進出を果たした。

>>メドベージェフら マイアミOP組合せ<<

>>マイアミOP女子組合せ<<

2021年の同大会では準優勝という成績を残している21歳のシナー。今大会、シードのため初戦となった2回戦で世界ランク58位のL・ジェレ(セルビア)、3回戦で第21シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)、4回戦で第6シードのA・ルブレフ、準々決勝で同54位のE・ルースブオリ(フィンランド)を下し4強入りを決めた。

この日、開始早々から激しいストローク戦となるとシナーが先にブレークに成功。ゲームカウント4-1とリードするも第7・第11ゲームでアルカラスにブレークを許す。それでも終盤の第12ゲームでブレークバックに成功しタイブレークに突入。先にミニブレークに成功したシナーだったが2度のミニブレークを許し、第1セットを先取される。

それでも続く第2セット、シナーは第1ゲームでブレークに成功。第4ゲームでブレークバックを許したものの、第9ゲームで2度目のブレークを奪い、セットカウント1-1に追いつく。

迎えたファイナルセット、シナーが第2セット同様に第1ゲームでブレークに成功。右足を痛めたアルカラスの反撃を凌ぐと第7ゲームで2度目のブレークを奪い、3時間1分の激闘を制した。

勝利したシナーは決勝で第4シードのD・メドベージェフと対戦する。メドベージェフは準決勝で第14シードのK・ハチャノフを7-6 (7-5), 3-6, 6-3のフルセットで下しての勝ち上がり。

一方、敗れたアルカラスはマイアミ・オープン2連覇とはならず、3日付のATP世界ランキングで1位から陥落することが決定。N・ジョコビッチ(セルビア)がNO.1に返り咲くこととなる。




■関連ニュース

・メド、マイアミ初の決勝進出
・アルカラス4強 フリッツに快勝
・連覇狙うアルカラス 8強へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2023年4月1日11時15分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)